2010年08月03日

分け入っても分け入っても

冒頭は種田山頭火の有名な作品から。
結びはあらためて添えるまでもなく「青い山」です。

最初この句を見たときは、林間学校で遊びに行ったときのような初夏の清清しい朝の空気の中、どこまでも続く山並みを歩いてゆく、という、生き生きした清涼感のあるイメージを連想したものです。

IMG_9955.JPG

IMG_0198.JPG

続きを読む

【日記の最新記事】
ニックネーム てんてん at 00:36| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

骨休め

一身上の都合により、しばらくの間お休みします。

IMG_9992.JPG
ニックネーム てんてん at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

大塚国際美術館

日本に居ながらにして世界の名画が鑑賞できてしまう贅沢な美術館。

古今東西の西洋絵画を中心に集められた収蔵品は1,000点以上。教科書や主な美術解説書に記載されている画家の代表的な絵なら大抵見ることが出来ます。

来日を心待ちすることもなく、行列することもなく、大混雑のなか満足に見る時間もないまま流れ作業のように追いやられることもない。

なんてありがたいのでしょう〜。

ただしレプリカなんですけどね。。。

とても精巧に焼き上げられた陶板で原寸大で複製され、似合う額に入れられているので、全体の雰囲気はほとんど損なわれていないかも

<スクロヴェーニ礼拝堂>
オリジナルはイタリアのパドヴァです。深いブルーが印象的な装飾はジヨットによるもの。ジヨットは祭壇画などを多く手掛けた中世の画家(日本ではほとんど見れない)

IMG_0203.JPG

とても好きな画家の一人ハートたち(複数ハート)で、この人の描いた「小鳥への説教」を見にアッシジの聖フランチェスコ教会に行こうと思ったほど。この美術館にもありました♪

<大水連>
オリジナルはパリのオランジェリー美術館。屋外の環境展示のため、日光が反射して肝心のモネの絵がよく見えません。。。

moneike.JPG

この壁画のある空間を囲むように池があります。

ootuka1.JPG

☆この美術館は三脚やフラッシュを使わない限り、どこも撮影OKですが、絵画そのものだけを撮るのは禁止。どこかに人や空間を入れる工夫をしなければなりません。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 18:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

讃岐うどんを作ろう〜

ホテルから金毘羅さんに向かって歩いて5分。

IMG_0133.JPG

門前に中野うどん学校があります。

IMG_0124.JPG

ここに入ることを一応入校と言って、無事うどんを作り終えると卒業証書と麺棒をくれます。

続きを読む
タグ:麺棒
ニックネーム てんてん at 23:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

讃岐へ行く

たまには犬のことを忘れて社員旅行へ。

つい先日四国での競技会があった坂出市に行ってきました。

会場になった丸亀市は坂出市のすぐお隣なんですよね。

坂出市は四国では工業地帯ですが、むしろ金毘羅さん(琴平宮)で有名なところ。

konpira.JPG

あいにくの大雨だったので、自由時間に(夕方2時間と朝ご飯まで)さすがに有名な785段の石段を上って、本殿へ行くことはできませんでした。

IMG_0140.JPG

IMG_0144.JPG

そうそう、こちらはペットもお参りすることが出来ます。

IMG_01660.JPG

続きを読む
タグ:讃岐うどん
ニックネーム てんてん at 07:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

静岡東トレーナーズクラブアジリティー

今回の会場は富士山麓に広がる朝霧高原。

各地で日曜日は梅雨入り宣言が出たものの、曇り空でしたが、涼しいしのぎやすいお天気でした。

さてぼたんは先日(四国)でのJP、AGのダブル失格という憂き目を晴らすことが出来るでしょうか?

===

JP1

一度らしいコース。ほぼ最後まで走れそうな感じ。

障害と障害の間も広く気持ちよく走ってくれそう。

スラロームのエントリーがロングジャンプの次というのが若干もたつくことが予想される。

経験値の低いぼたんはまだスラロームを狙って入るということは出来ない。

ガイドしたくても直線に配置されたバー、とロングジャンプでハンドラーとの差は開くからサポートは無理。

このあたりがPRできるかどうかの分かれ目だろう。

===

AG1

これも一度らしいコース設計。

きちんとコントロールされた犬ならPRする確率がかなり高そう。

ぼたんにPRを望むのは時期尚早としても、タッチだけはきちんと踏んで最後まで走ってほしいものだ。

さて結果はいかに。

<マリン君とひさびさの邂逅>

marin0613.jpg

<今シーズンは出番のないダイちゃん、競技が終わってから遊んでもらいました>

daidai0613.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 22:19| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

シニア犬と旅行

シニアと呼ばれる犬がうちには2頭、千夏とセレナが居るが今まで特に他の犬と分け隔てはしていない。

同じ散歩時間に同じ距離、遊び時間に到ってはセレナが一番長かったりする。

セレナの集中力が一番長くトレーニングが少々伸びてもへっちゃらだからだ。

そんなセレナだけど、やはり若いダイちゃんやぼたんに比べると寝ている時間が長くなった。特に暑い日の運動は、疲れやすくなった(もっとも若いときも苦手だった気もするが、拍車がかかった)


IMG_0703.JPG

<走るときもボーダーコリーらしからぬ動きだ。。。あせあせ(飛び散る汗)

もっともセレナの体格はGRと変わらない。良い感じ?で並んでいる隣のGRの牡と体高は一緒だ。ぼたん共々GRのファミリーに混じっていても遜色がない。

IMG_0729.JPG

IMG_0722.JPG

中型犬というよりは、やはり大型犬と考えるべきだろう。

大型犬と考えればセレナの年齢は還暦を遥かに上回って、古稀に近くなってしまう。

昨今では古稀など珍しい年でもないが、相応の年齢であることに違いない。今までセレナはどこに行くにも私と一緒だったわけだがそのままで良いのだろうか?
続きを読む
タグ:シニア犬
ニックネーム てんてん at 23:12| Comment(0) | シニアライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

千夏とダイナと誕生日祝い

少し早いのだが、千夏とダイナの誕生祝いをすることになった。

犬は人より何倍も早い時間を生きている。

1年無事年齢を重ねたことを祝うのも悪くないだろう。

近所のペットショップにケーキを買いに行く。
昔は数種類のケーキ(それも夕方など行くと売り切れていた)しかなかったものだが、近頃は色んなメーカーのものが沢山陳列されていてとても楽しい。

今日はダイナ用には肉まん、千夏用にはカツオまんじゅうを選んでみた。
犬の顔が肉まんじゅう、猫の顔が鰹まんじゅうだ。

tanzyoubi0605.JPG

冷凍パックに入っているので食べる直前にレンジで1分半ほど加熱する。

tanzyoubi06051.JPG

待てをさせられているので仏頂面の2頭。

ダイちゃんもようやく普段通りの動きになりました〜

dai0605.JPG

御心配をおかけしました。

dai06051.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ペットにかける費用

この時期は欠かせない「のみダニ予防薬」

一か月に1回とはいえ、頭数が多いうちには結構な痛手だ。

ついでにセレナとダイナとぼたんはワクチンも接種した。

先月まではセレナとダイナはずっと抗生物質を服用していたので、2週間ほど空薬期間を置いてからのほうが良いということでこの時期になってしまった。

ぼたんはもう少し前でも良かったけど、忘れそうなので3頭まとめてすることに。

まだ狂犬病の予防接種があるのがツライ。。。

これらをすべて済ませておかないとドッグランで遊ばせたり、洗いに出したり、ホテルで泊まれなかったり、預かってもらえないことが多い。たまにはドッグカフェですら、提示を求めるところがあったりする。

ペットを飼う上ではこれも必要経費である。

ペットというのは昔は貴族やお金持ちしか飼えなかったそうだが、今でもやはり贅沢な代物かもしれない。

bota06021.JPG

毛がふさふさになるとともに、毛玉が出来やすくなったぼたん。

oyako0602.JPG

後ろら見るとセレナ母さんとそっくり。




続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:20| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

レオマの森

会場から7分という立地の良さと、広々した部屋に惹かれてリピート宿泊。

reoma05162.JPG

akatobira0516.JPG

もちろん同じように考える関係者が多数宿泊。

あちらにもこちらにもジャージ姿で競技会用の犬を連れた人でいっぱい。

ドッグランの前は行列が出来ています。

先日は奥のアナナスというコテージに泊まったんですが、今回は到着が遅れたせいもありアパート風のピレウスという3階建の建物の方へ。

今回泊まったピレウス

pireus0516.JPG

部屋の前のバルコニーから見た風景

hasi0516.JPG

お部屋の中

room05151.JPG

ドッグラン

dogrun05161.JPG

今回は和風会席をセット。珍しい趣向がありました。



続きを読む
タグ:レオマの森
ニックネーム てんてん at 12:13| Comment(2) | ドッグカフェ、ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする