2010年10月10日

秋雨 & 病理組織診断書

雨の一日、ダイちゃんとセレナは朝から病院へ。

まずダイちゃんから。

尿検査のあとエコー検査で経過確認。

幸いなことに、ダイちゃんは尿比重もPHも正常、ストラバイト結晶も、蛋白も、血尿も消えクリーンな尿へ。

エコー検査でも結石は確認できず、とりあえず今の療法食を続けていればまぁ大丈夫だろうということに。

問題はセレナである。

豊富な被毛を誇るセレナだが、どんどん毛が抜け、うっすら肌がすけるような有様に。

皮膚も赤みをおびて、ところどころ掻き毟ったところが痛々しい。

一度細菌性皮膚炎という診断が降りているが、抗生物質があまり効かない様子。

そもそも塗抹標本ではほとんど何も検出されていないのだ。
(念のため二度作っている)

マラセチアが1個みつかったので、念のため抗菌薬も服用してみることに。

マラセチアは常在菌なのだけど、健康な皮膚にはあまり居ない。

ただ1個なので、原因である可能性は低いけど、否定も出来ないだろうということで…。これで効かなければ真菌の可能性は除外できる。

ハゲている箇所と皮膚の状態、血液検査の結果からアレルギー性の可能性が高くなったので、少量のステロイドを使ってみることに。

さすが炎症の万能薬だけのことはあり、セレナはボリボリ引っ掻くの止めた。
使っているのは少量で炎症を全て止めるほどの効果はないが、痒さのために掻き毟ってさらに悪化するのは食い止めることができる。

この間に真菌薬が効けば、一気に良くなるはず。効かなければ現状維持ぐらい。このトライアルが1週間続く。

皮膚の状態が変わらないようなら、今後はステロイド1本に切り替え、倍量に増やしてから折を見て減量してゆくということになる。耳血腫も自己免疫疾患という説もあるから、まぁステロイドを使うのは悪くはないだろうということだった。

1カ月たってぼたんの病理結果が出た。

bota3568.jpg

bota7105.jpg

続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:16| Comment(7) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

犬と急性膵炎 入院3日目

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように

思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜

悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに (作詞 永六輔)

===

入院3日目

ぼたんが入院した日もそうだったが、その夜もまんじりとせず目が覚めた。

夫が急遽休暇をとって家に居てくれることになったので、少し安心して会社に行くことが出来た。

家族の姿を朝から見れば、ぼたんも少し元気が出るだろう。

会社の時計がじりじりと時を刻むのを見ながらつらつら考える。
もう会っている頃だろうか?
透析の効果は出ているだろうか?
昨日よりは元気だろうか?
夕方会えるだろうか?

お昼時間になるのを待って、携帯に連絡。

IMG_0338.JPG

IMG_0298.JPG

IZ2F2082.JPG



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:26| Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

犬と急性膵炎 入院2日目

命というものは儚いからこそ尊く厳かで美しい

トーマス・マンの名言です。

短い命だったけど精いっぱい生きたぼたんは尊かったと思います。
だからあんなにいつも光り輝くような笑顔をしていたのかもしれません。

だからぼたんの最期の軌跡をちゃんと残そうと思います。

IMG_9751.JPG

IMG_0619.JPG

入院2日目

昨晩入院させたぼたんが気になりますが、電話がないのは少なくとも急変が無かったということですから、ちょっと良いしるしです。

昨晩から輸液ははじまっているはずですから、脱水症状はとれるでしょう。
少しは楽になると良いのですが。

昼休みに病院に電話を入れて症状を聞きました。
残念ながら朝とったデータは、昨晩よりも悪化しており、腎機能不全により乏尿の症状が出てきたとのこと。朝から20oリットルしか出ていないのです。
昨日見たクレアチニンとBUNの値から考えれば仕方がないでしょう。
それに対しては効き目の高い利尿剤にかえ、点滴を増やして対応するとのこと。

またエコーにより、腎臓、肝臓などの臓器は確認したが、そちらには外部損傷は見られない。ただ胆嚢の印影に欠損が見られるため、穿孔または破裂が考えられるから、取り除くためにERCP(内視鏡手術)を考えておいて欲しいという説明でした。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:07| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

犬と急性膵炎 入院1日目

秋風引

ぼたんが逝って3週間。

まだ私自身の中では受け入れがたい気持ちでいっぱいです。
もっと早く気づいてやれなかったのか、何とか救命できなかったのか。
もっと毎日心を砕いていれば、不調を気づいたのではないのだろうか?
思わない日はありません。

<遊ぶのが大好きなぼたん、どんな暑い日でも走り回ってました>
IMG_9692.JPG

IMG_9707.JPG

ぼたんの病名は急性膵炎です。膵炎の痛みは麻酔を使ってコントロールするほどひどいものだそうですが、ぼたんは私が見ている限り痛そうなそぶりは微塵も見せませんでした。

ぼたんは、火曜日は普通に走りまわって遊んでいたし、オヤツもご飯もいつも通りあっという間に平らげたのです。この時点で何か症状が出ていれば良かったのですが、今思い出しても何も普段と違う動作は思い出せません。

ぼたんの不調に気づいたのは水曜日の朝で、吐瀉物がケージにありました。
極めて胃腸が丈夫な犬なので珍しいなと思いました。でも朝の散歩はいつものように元気にボール投げを催促し、運動は普段通りの姿でしたが最後に戻ってくるとき、スピードが落ちたので、疲れてるのかもと思いました。

念のためその朝の給餌はストップし、ぶどう糖のカケラを2つだけオヤツかわりに置いておきました。上腹部を触ると張っているように思えたので、早めに帰宅して病院に連れていこうと思いながら出かけました。

上腹部のハリが気になったので早目に帰宅したのですが、玄関扉を開けるとワンワン騒ぎ、ブンブンと勢いよく尻尾をふったぼたんが居ました。
もう元気になったのかなあ?でもやはりケージには吐いた痕があり、お腹を触ると腹部の硬ばりは朝より広がっている様子でした。

イレウスだったりすると怖いから、診てもらおう。ぼたんはいつものようにお気に入りの毛布を持ってダイちゃんと勢いよく引っ張りっこしていましたが、すぐ病院へ。

車に乗せるとき、いつもならスマートにシュッと小さいケージに飛び込むのですが、動作が若干もたっとしたので、見た目より悪いかもしれないな。。。という気がしました。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:37| Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

山のあなた空遠く

山の彼方空遠くには、幸福があると言われている

yamanoanata1.jpg

yamanoanata2.jpg

ぼたんは風をわたって空のとおくとおくへ行ってしまいました。

いつかまた違う形で会えるでしょうか。

わが家に残った犬はまだぼたんの不在に慣れない様子で、時折門のところで待っていたり、家に入るときも中で誰かが待っているかのように、バタバタと部屋を覗きこみにゆきます。
以前ぼたんが使っていた車の移動用ケージには今ダイナが使っていますが、まだ慣れないのか以前の座席に走ってゆくことが多い。

それでもダイちゃんは回復基調にあるが、セレナは相変わらず病がちだ。

IMG_0855.JPG

この頃わが家はすっかり病院と縁づいてしまったらしい。





続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:15| Comment(8) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

ストレスと犬2

昨日洗ったばかりだというのに、セレナの尻尾はもう汚れていて、よく見たら傷口からの滲出液だった。

昨日病院に行ったばかりだけど、今日もう一度行ったほうが良いだろう。。。

車に乗せたときは、嬉しそうな顔で辺りを見回していたが、病院への道をとると途端に気乗りしない顔がバックミラーに写った。

道のりを覚えているのだろうか。こういう時記憶力が良いのは考えものかも。


<ひどいめにあったわ・・・>

IMG_0856.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 17:03| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ストレスと犬

セレナが皮膚炎になった。

ダイちゃんに引き続き病院行きだ。

うちの中でセレナが一番泰然自若としているように見えたのだが…悪いときには悪いことが重なるものだ。

頻繁にケージの中でグルグル周り、体位を変えてはボリボリしていたのはそのためだったのか。

とはいえ化膿しているとか、ただれているとか、いうわけではないので薬用シャンプーで週に3回薬浴することになった。

<ねーちゃん、しんどいときは無理して笑う必要ないねんで>

IMG_0816.JPG

<だって私まで凹んでたら家の中が暗くて仕方ないじゃないの>

とでも言ってるのだろうか?

続きを読む
ニックネーム てんてん at 22:19| Comment(9) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

秋夜、ダイちゃん物思いに沈む

懐君属秋夜(きみをおもうは しゅうやにぞくし)
 散歩詠涼天(さんぽして りょうてんに えいず)

秋の夜(暮)を詠んだ詩は遠く離れた家族を想ったり、故人を偲ぶものが多いです。
秋は夕暮れ、これは古来言われ続けたことです。
しみじみとした情景を前に思いに浸りやすいのでしょうか?

さて、すっかり気分も体調も沈みきってしまったダイちゃん。

木曜日の血液検査では何も出なかったのに、一体どうして???
金曜日も引き続き血液生化一般検査、便、尿、レントゲン検査です。

担当医先生も私の念頭にも、健康優良児そのものだったにもかかわらず、あっと
いう間に急逝したぼたんの記憶はまだ新しいものです。
あれからわずか1週間しか経っていないのですから対応がどうしても過敏になります。

レントゲン画像は不鮮明ですが、炎症反応はほとんど出ていませんから、炎症性疾患の可能性は除外。
お腹の中に大量のガスが滞留しておりますが、不審な陰影や欠損等は見つかりません。

ただ消化器官のトラブルにより嘔吐、下痢による脱水症状と、それに伴う形で幾つか異常値が出てきています。

糞便検査では出血、寄生虫等は見られませんでしたが、尿検査ではストラバイトと尿淡白が3(+)、ケトン体、感染症を示す雑菌が見られ、膀胱炎確定です。

IMG_9938.JPG

IMG_9937.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:21| Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

秋空ただよふ

秋空ただよふ雲の一つとなる

ぼたんが居なくなって、1週間が過ぎました。

小生意気なぼたんに、始終ワンワンと異議申し立てていたダイちゃんですが
居なくなると、張り合いがなくなったらしくしょんぼり。

気がつくとぼたんとよく引っ張りっこしていた毛布を持って玄関で座って
いたり、毛布を傍らにおいて高窓の上から外を見降ろしています。
いつか戻ってくると思ってるのでしょうか。

本当はもう戻ってきているんだけどね。
姿かたちが変わっているからわからないみたい。

後ろ姿が寂しそうで、その姿を見てこちらも落ち込んでしまいます。

IMG_0769.jpg

綺麗なお花に心慰めされます。

IMG_0768.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 09:28| Comment(5) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

夢でもしあえたら

夢で見たいと思っていても現れないものですね。

でも会ったら目覚めたときがつらくなってしまうから、飼い主孝行なぼたんは
しばらく現れないかもしれません。

昨日、病院に行って担当医のお話を聞きました。

ぼたんは亡くなったとき、剖検をお願いしていたのでその結果を聞きにいったの
です。

IMG_0311.JPG

たくさんのお花や励ましの電話、メール、コメントをいただきありがとうございます。

IMG_0747.JPG

IMG_0760.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:54| Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

虹の橋

若いぼたんが一昨日虹の橋を渡りました。

あまりに急な出来ごとで茫然とするばかり。

月日の流れるのは平等じゃないと思います。

こんなに早く逝くなんて、思いもしませんでした。

あれもこれも悔いの残ることばかりです。

IMG_0739.JPG

続きを読む
タグ:犬の十戒
ニックネーム てんてん at 00:18| Comment(12) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

夏太り

朝セレナの耳に瘡蓋を発見。それも1か所でなく複数にある。

どうやら掻き毟ったらしい。

耳の病気だろうか?

今まで半立ち耳のセレナは、体質もあるのだろうが全く耳の病気とは縁がなかった。でも年とともに耳にもトラブルがでるのかもしれない。

中耳炎とか、ダニとかだったら嫌だなぁと思い、病院へ連れて行った。

何か所か手前の方に瘡蓋はあるものの全て乾いており、皮膚の色も良好。耳鏡で中をのぞいても綺麗で炎症はないとのことだった。今のところ特に悪いところはないということで一安心。

それより注意されたのはセレナが夏太りしていることだった。

セレナはぼうぼうの毛で覆われているため、体型がわかりにくく太ったように見えても体重を測ると増減なし。。。というのが通常だが、今夏はなんと1.5キロも太っているのだ。

食事は変えていないので、きっと散歩の時間を削ったのが原因だろう。

serepon1.JPG

<毛むくじゃらなので体型がよくわからないセレナ>
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:08| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

お留守番中のダイちゃん

丸亀の会場は山の中腹にあり、狭いためテントは抽選制で、申し込んだ友人のほとんどは外れてしまいました。

おまけに車はほとんど会場に入れることが出来なくて、大半が会場の山の上段か下段の駐車場に停めなくてはいけません。

停めるのはアスファルトで整備された駐車場ですが、会場から離れているのであまり様子を見に行くことは出来ません。

あんな暑い場所に一日待機させるのはあまりに酷というもの。
(去年はセレナとダイナしか連れてでてません)

というわけでダイちゃんは病院でお預かりしてもらうことに。

なかなかお利口さんだったようです。

daidai0514.gif

<なんか他の犬だけ楽しそうでつまんない>

IMG_0472.JPG

タグ:お留守番
ニックネーム てんてん at 07:11| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

ダイナの病状 その後

ダイちゃんは未だに通院中である。

最初は単純な前脚切り傷だけに見えたので、縫合すれば数日で治るだろうと思っていたのだが、怪我してからもうかれこれ2カ月以上が経過しようとしている。

縫合がしても、縫合してもすぐ外れてしまう。はじめのうちはダイナが勝手に抜糸するためかと思っていたのですが・・・

縫合して1週間ぐらいは大抵問題はないのに、定期的に縫合した付近が腫れてきて
傷が開いてしまう。

局所麻酔下で三人がかりで行った3度目の縫合が外れたあと、4度目は全身麻酔下でレントゲン造影をしながら手術することになった。

そのとき見た目ではわからなかった甲の側の小さい骨折があり、前足の腱と周囲の軟部組織(甲の側)が損傷し、炎症がおきていることがわかった。

腱を覆っている滑膜からにじみ出る液体が、縫合した部位に溜まり、腫脹して縫合が定期的に裂けてしまうことが判明。

多分ボール投げをして遊んでいたときボールを追ってダイちゃんは公園の側溝に落ち、そのとき甲をぶっつけ、さらに側溝の縁で足の裏側を切ったのだう・・・という推測だった。

IMG_9759.JPG

<ダイちゃんの奥に写っているのが落ちたと思われる側溝。そんなに深くはない>

続きを読む
タグ:腱炎
ニックネーム てんてん at 23:54| Comment(8) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ダイナ入院中

ダイナが入院して5日目。

術後1日目はものものしく、モニター心電図やら点滴をつけられてぐったりしていたダイちゃん。

時折近所のケージから「リロロロロ〜」と変調を知らせる音が響き、そのたびに看護師さんが駆け付けチェックしています。ダイちゃんは安定しているようだけど、音がどこからか響くたび不安になってその音源を探してしまいます。

ダイちゃんはもうその音にも慣れっこなのか、音源を探すこともしない。

2週間ほどの期間で全身増麻酔をかけたのだ。体力の消耗はいかんともしがたい。

足取りもよろよろして、視点もちょっと合わないような感じ。大丈夫やろうか?

ダイちゃんの胸から下の前足部分は広範囲に毛ぞりされてしまい、両前足ともウィペットのようにツンツルテンだ。

ダイちゃんは胸までふさふさの飾り毛で覆われてるところに、ニョキっと素足が突き出しており、前から見ると自身が羊のような有様である。

daidai0410.JPG

美人のダイちゃんなのになぁ



タグ:入院
ニックネーム てんてん at 01:24| Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ダイナの再入院

火曜日からダイナは再入院している。

またしても傷口が開いてしまったからだ。

ダイナは先週土曜日に抜糸したところだが、今回は縫合口も綺麗で乾いており、カラーも久しぶりに外すことが出来たのに、またしても病院に逆戻りました。

一体何かダイちゃんに起こったのか?

saku0408.JPG

hana3031.jpg

hana0409.jpg
続きを読む
ニックネーム てんてん at 18:36| Comment(8) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

Etupirika

別名「花魁鳥」とも言われるかなり派手な鳥で、日本では北海道の一部に生息している。

何故か葉加瀬太郎が情熱大陸のエンディングテーマをこの名前にしたので今それを聞きながらぼんやりしているところ。

もちろん普段会社に行ってる時間だが、健康管理を怠り風邪を引いてしまったからだ。熱は微熱ぐらいでたいしたことがないのだが。

100331_0824~0001.jpg


現在会社で私の後ろの席には妊婦さんが勤務中。妊娠中はそうそう風邪薬も飲めない。

というわけで大事をとって休みをいただくことにした。疲れてたし、ちょうど良かった。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 10:03| Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

セレナと成人病検診

桜が咲いたにもかかわらず、外にはなごり雪が舞っている。

花冷えと言うものだろうか。

sakura03291.JPG

sakura0329.JPG

と言っても今年は暖かい日の方が僅かで、余寒が長引きすぎている。

さて、ダイちゃんが一段落したところでセレナは春恒例となった健康診断を受けた。

年齢が年齢だから、1年に1回、少しだけ丁寧な健康診断を受けている。この診断で健康と判断されると保険にもまだ加入が出来る(らしい)

と言ってもレントゲンと、血液検査と尿、便の検査ぐらいだが。

気がかりな点として、去年からセレナは脂肪種(であろう)と思われる腫れものがある。

一応細胞診をしているので、多分大丈夫だろうと言われているが去年より大きさが変わっていないか確認。今のところこれ以上検査は不要であろうとのこと。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:27| Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ダイちゃんの退院

ダイちゃんが帰ってきた。

月曜入院で翌日手術、術後5日間で退院の日を迎えることができた。

病院ではカラーも壊さず、もちろん包帯も外さず良い子にしていたらしい。

散歩も病院の周囲をぐるりと回るだけなので、悪くなる要素もない。

病院で多少人間不信に陥ったらしく、ダイちゃんらしくなく、処置してくれる先生や看護師さんに背後を向きながらウ〜ウ〜唸っていた。

前を向いて唸るのはマズイことは承知しているのだろう。

今回は傷口の縫合は綺麗なので、これから約1週間後の抜糸まで経過観察の通院と包帯交換のみとなる。洗浄と薬の塗布は無くなったから家で包帯交換も出来る。

やれやれ、というわけで春光の中、帰省中の千夏と一緒にのんびりお散歩した。

daidai0328.JPG

<右足の包帯が怪我したほう。反対側も採血ラインの確保のため、毛ぞりしてある>

sakura0328.JPG

昨日より咲いている桜も増えた。

sakura03281.JPG



続きを読む
タグ:退院
ニックネーム てんてん at 11:00| Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ダイちゃんの入院

安静加療が必要ということで、長良川から帰ったダイちゃんは、そのまま病院へ収容されることに。

一昨日、今日と会いに行ってきました。

ガラス越しに見るダイちゃん、しょぼぼ〜んと絵に書いたように凹んでました。

皿にはまだ手つかずのドッグフードが山盛り入っています。

先生によると、2日に1回ぐらいの割でお腹がすくと、半分ぐらい食べるらしい。

健康管理表を見ると昨日は80g食べたことになっていました。

普段は200g〜220gなんだけどなぁ。

今日は食べていないとのこと。



続きを読む
タグ:入院生活
ニックネーム てんてん at 23:03| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする