2007年08月25日

ダイナとアジリティー 7

ダイちゃんと初めて早2ヶ月。

未だにどんな初心者犬より、もっとも出来ないダイちゃんと私ペア。

まず「待て」が効かない。
「だるまさんが転んだ」ゲームのように前に移動すると同時にダイちゃんは匍匐前進開始。何度も睨みつけるがなかなか良いポジションに入れない。
ダイちゃんはサークルがセレナより大きく、思い込みが激しい上、コマンドに対する反応は弱い。

S字型の簡単なコースを攻略するのに悪戦苦闘。他の犬はとっくにこのコースは卒業してもっと複雑なコースを走っているのに…たらーっ(汗)

すっかり落ち込み。どよ〜んもうやだ〜(悲しい顔)

最期にドッグウォークとトンネル、Aフレームを組み合わせたミニコースへ。

ダイちゃんがAフレームを降りるときの姿勢は這うように低くて理想的だ。教えたわけでもないのに、天性のものらしい。唯一の取り柄か。

このコースだけはダイちゃんのコンタクトゾーンに対するセンスに助けられて完走。最期にちょっとだけ良い気分で終わったのでした。

ニックネーム てんてん at 16:54| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ダイナとアジリティー6回目

ナイターに変わったので、カンカン照りの中練習しなくてよくなった。
ありがたや〜

今日もバーとトンネルの練習からスタート。
相変わらずトンネル大好きダイちゃん、トンネルに向かって座らせるとまっしぐら。気持ちよいぐらいよく伸びる。

ハンドラーは楽チンだるんるんと喜んでいるとハードルの角度がついて本数が増やされて、犬の視線からトンネルが直接見えない位置へ。かなりきついカーブでしっかり犬を曲げないと犬は別のバーへ行ってしまう。

AG0729.jpg

ダイがコーナーを曲がりきって次の目標を認識し、トンネルまで真っ直ぐのラインを作るまで踏みとどまってこらえないといけないのだが、つい癖で、ある程度曲がったら目標物に向かって走ってゆく私。
ダイちゃんはどこを飛べばよいかわからず手前のバーをすっぽ抜けてトンネルに入ったり、背中側からバーを跳ばれたり、別の入り口へ吸い込まれたり。悪戦苦闘ふらふら

いかに日頃セレナに救われているか改めて感じ入る。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:46| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ダイナとアジリティー 5回目

今日はハードルの練習からスタート

Jの字型にセットされたコース。

0715ag2.jpg

最初犬からトンネルの位置が見えやすい@の場所にダイを座らせた。
でもそれだとコマンドは聞かなくても、ただ前にどんどん走れば良い、と認識するとのこと。

ダイちゃんはトンネルに対する認識力は十分高いので、次は直接トンエルの入り口が見えないA場所にトンネルに背を向ける形で座らせて、コマンド(ディス)で90度回してから進入させてみる。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 12:56| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

仙台アジリティークラブ 2日目

昨日にも増してカンカン照りの日差し晴れ
外に出ていると、日差しが痛いほど。
今日は受付が6時半、出走はなんと7時からという強行スケジュールです。

仙台のクラブ競技会何が感動したって、まず屋台が沢山並ぶこと!
500円のお食事券で、牛丼やカレー、焼肉串やらラーメン、回転焼き、焼きソバ、たこ焼き、カキ氷等々。
なんだか町のお祭りみたいでいろいろ買えて嬉しくなっちゃいます。

次に感心したのが簡易トイレ。
もちろん仮設ではあるのですが、割と大きい目の安定感のあるタイプ。手持ちのカバンを置くところやひっかけるところがあります。特に女の人は嬉しい配慮

そして会場の整備に当たる人。
辺りのゴミを集めるだけでなく、皆のテントを回ってブツ入りのウ○チ袋まで回収していってくれるんですよ。
本当頭が下がりました。

===

さて競技に話を戻すと

マリン君 AG1 PR おめでと〜
アーロン君 AT PR 4席 おめでとう〜

aron0708ee.jpg

肝心のセレナはというと

JP2 

なんと4本で瞬殺、あっけにとられました。。。

sere0708ee.jpg

トンネルに吸い込まれるセレナ。とほほ

AG2 

泣いても笑ってもこれが今シーズン最後。
せめてゴールまでは帰ろうね。
セレナの前がかなり立て続けの失格で思ったよりも順番が早く巡ってきた。
行くぞ〜!
何箇所かかなり危うい場面があったものの、大きな失敗はなくゴール。
PR、8席でした。

二度とはいえ、走っている犬の大半は三度犬、ほとんどが遠征組。
だから珍しいことに一度より、二度の方が出陳数が多いのです。
ラージだけでも90頭、そのうちPRしたのは9頭だけ

せれぽん、頑張りました〜るんるん

sere07081ee.jpg

記念撮影、でも逆光で目をつぶってしまった

ニックネーム てんてん at 10:56| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台アジリティークラブ 1日目

もしかしたら雨が降るかも、という心配は杞憂に終わり抜けるような青空が広がりました。

aozora0707ee.jpg

絶好の運動日和。というかちょっと暑すぎるかも。
8時前に行くと、もう会場の河川敷は人と車でいっぱい。
テントは昨日のうちタロママの機転で張ってあるので、余裕の到着〜
でも、1度のミニで出番の速いマリン君の勇姿は撮影できず。。。

というかよく見るとカメラバッテリー入れ忘れてました(最悪)
ついでにビデオもテープを忘れた(最低)

だから記録はありません〜

マリン君、AG1、JP1スラロームのエントリー以外は綺麗に完走。
グループ戦では大活躍、PRでチームに大いに貢献、翌日に向かって良い終わり方になりました。

セレナ:JP2 

そこそこ走っていたのですが最後の最後、トンネルに入れてゴールバーを飛ばせて終わり、だったのにトラップにかかって別のバーを跳んで失格〜もうやだ〜(悲しい顔)

セレナ:AG2

大好きなAフレームに向けてバーが一直線に3本もセットされてます。
わかっちゃいるけどつい惹かれてしまうAフレーム。
セレナは未練がましそうに脇見しながら、傍らのバーを跳んだせいか、バー落下。
完走したもののPRならず。5点減点です。

ニックネーム てんてん at 10:11| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ダイナとアジリティー 4

今日で4回目のレッスン、相変わらず超ビギナー

dai0701DW.jpg

レッスンはまずドッグウォークからスタート。
ドッグウォークに対して最初真っ直ぐにハードルをおき、それをしだいに角度をつけても進入するように、少しづつ最初左側にずらしてゆきます。
犬がゴーオンの指示で真っ直ぐ跳んだのを確認したら、1番目のバー上空で左(ヒール方向)に曲がるように指示を出します。

ビギナー犬は最初の1本目をポン!と勢いよく跳ぶ癖があるので、指示を送ってもDWに対する認識が遅れて真っ直ぐの進入角度をとれず大回りしたり、進入口を見過ごして障害の向こうに行くことがよくあります。

この練習をすることで、最初の1本目からすっ飛ばすのでなく「すぐ曲がることもあるのだからよくハンドラーの指示や体の方向を見てね」と教えるのです。
何故ドッグウォークと組み合わせるかというとシーソー、スラロームをのぞくと、他のタッチ障害や固定物(トンネルなど)に比べ、進入する幅が狭く、入る姿勢が限定されるので、ハンドラーと犬のコミュニケーションを養うのに便利だから。。。かな?

でもダイちゃんは鼻っから私なんて見ていません。
どこを見てるのかというと。。。



続きを読む
ニックネーム てんてん at 08:18| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

アジリティー ハードルの練習

最初はゴール地点に向かって平行に置かれていたハードル

斜めに角度をつけてもゴールまで真っ直ぐ走ることを教えます。

下がビギナー向けのミニコース

bigina1.jpg

左旋回(Uの字型コース)でゴールにつくようになっています。

でもこの簡単そうに見えるコース。
実はダイちゃんにとっては落とし穴がイ〜ッパイてんこ盛りなのだ。

tobu0620.jpg


続きを読む
ニックネーム てんてん at 11:34| Comment(6) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ダイナとアジリティー 3

今日で3回目手(チョキ)
結構頑張ってるところ。梅雨だから、晴れた日は頑張って練習するぞ。

DW0617.jpg

soft0617.jpg

hadol0617.jpg

hadol06171.jpg

今日からは斜めバーも入れて、短いけど複数の障害の組み合わせに挑戦。

果たしてなるか。。。つづく(すいません、時間切れです)

※写真は全てあずきママの提供です。ありがとう〜!
ニックネーム てんてん at 08:06| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

スラロームに挑戦

アジリティを覚える上では最も時間がかかると言われている障害。

色々教え方はあるのだけど、スクールでは普通のスラロームを使用。

ポールとポールの間は50〜60センチ、全部で12本あり、犬の左肩から進入するのが決まりになっている。

まずクネクネする動きを覚えさせるため、犬の好物を持って棒の間を誘導してゆく。

ダイちゃん、初挑戦!

sura0611.jpg

※写真はあずきママさんから頂きました。ありがとう〜!



続きを読む
ニックネーム てんてん at 13:26| Comment(6) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ダイナとアジリティー 2

レッスンはタッチもの(登りモノ)からスタート。

前回ドッグウォークの楽しさ?に目覚めて、すっかり虜になったダイは最早イケイケ状態。
グイグイとリードを引っ張って上り口へ向かう。

そして合図を出す前に見切り発車、、
ダイナよ、おまえも待てない、やはり待てない犬となるのか?

必ず座られて、動かないことを確認してから合図を送るが、ダイはせっかちで勢い込んでダダダ〜と上がる。

そしてやはり事故は起きた。

dai061100.jpg

※写真は あずき茶屋 より引用させていただきました
あずきママ、ありがとう


続きを読む
ニックネーム てんてん at 08:08| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

FCIインターナショナル AG3 動画

砂と体重?でいかにも重そう〜という跳び方顔(汗)

Aフレームは思いっきり上から跳んじゃってます
(一応前足が地面についてから後ろ足は踏んでるようですが意味なしたらーっ(汗)

色々反省点もあるハンドリングですが、まあお時間のある方は見てやって下さい。





ニックネーム てんてん at 01:11| Comment(4) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

FCIインターナショナル競技大会

毎年東京近郊で行われる本部展、今年は御殿場での開催。

朝から富士山も見えて快晴、絶好のアジリティー日和です。

このたびの審査員はベルギーから招聘されたFCIのアジリティー委員、ヴィルフリート・クリース氏、国際大会と同じレベルで設定されるとの噂。

果たしてどんなコースを作るのだろう?
皆期待と不安の中、出走を待ちます。

下記がコース図メモ(あくまで覚書です)

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:45| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

ダイちゃんとアジリティー 1

ほぼ2ヶ月ぶりのスクール。

IMG_9273ee.jpg

※この写真は前回、遊んでたところをぴゅありんに撮ってもらいました。

長らくお休みしていた間に、前回パピースクールに居てたような子がどんどん学習して成長している。
焦り、焦りあせあせ(飛び散る汗)

午前中はオビ錬からスタート
前回からさして目を見張るほど成長したわけではないが、初級クラスにパピークラスから来た子が沢山きたので、が押し出されるような形で奥のクラスへ移動。少しだけ進んだ内容になった。

犬を座らせて、指導手は90度の角度に立つ。
頭を動かさず、お尻だけグルッと回してヒールポジションにつく。

ダイちゃんは校長先生とは上手くできるんだけど、私がやると上手く行かない。

好調先生曰く「私が動かなさ過ぎる」とのこと。
指導手は犬の倍動かないとダメらしい。

多頭飼いの場合、先輩犬のイメージが強く残るので、すぐ何でも出来るように思ってしまい、後から来た犬が出来ないとすぐ不満に思ってしまうとか。

セレナとダイナは同じ犬種だから似ているところもあるけど、やはり違う犬、あまり何事も性急に求めないようにしないと…

続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:27| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

OPDES in ドギーズパーク

今回はUSDAAアメリカ大会の選考会です。
棚ボタとはいえ、せっかくもらったファイナル権、使わない手はありません。
何といってもタダで走れるのですから手(チョキ)
せっかく年に1度のお祭り。参加しなけりゃそんそんるんるん

ファイナル参加に当たっては、セミファイナル参加が義務づけられています。
だから厳密にはタダでその日の大会を参加するわけではないのですが、セミファイナルを失格したって、ファイナル権があればファイナルを走れるのが嬉しい♪

出走順は原則的にセミファイナルを失格した人、減点の多い人、減点無しの人でかつ一番俊足の犬が最後というようになっているようです。
選考会(ファイナル)はその日最後のイベントなので、随分時間があるのでダイちゃんと一緒に隣のドッグランへ。

ダイちゃんは縦横無尽に駆け回り、せっかく綺麗にセットした毛もプールに飛び込んであっという間にずぶ濡れ。
まあ、これだけ楽しんでくれればドッグラン代を払う価値あるかな。。

dai05201.jpg

dai05202.jpg
続きを読む
ニックネーム てんてん at 02:38| Comment(14) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

アジリティーセミナー

大会に先立って、M・モーエン氏のセミナーがありました。

クラスはスモール、ミディアム、ラージ(初級)(中級)の4つに分けられてましたが、内容はほぼ変わりなかったと思います。

4つのグループがうち1つがリンク内に入り、左右に分かれて決められたシーケンスをマルコの前でやってゆきます。成功したら左右入れ替わりで、終わったら端で待機。課題が出来ないと居残りとなり、ちょっと悲しいことになったりします顔(汗)
セレナはFスイッチが良い場所で良いタイミングで出来ず、かなり居残りました…たらーっ(汗)
1つのグループが終わると次のグループと交代です。

普段と違う雰囲気にとまどう犬、逆にピリッとなる犬。
朝から晩までほとんど驚異的と思える体力で、それぞれの犬に応じて、丁寧にアドバイスをしてくれました。

夕方からコースを走るのですが、走る前に自分がそのコースをどこをどのように走るのか、何故そのラインをとるのか、皆でディスカッションします。
トンネル1つに入れるにも、タイトに真っ直ぐ入れる人、大きくワイドに膨らませる人、中間ぐらいの人、スイッチする、しない、する場所、する方法も人様々で色々な手法や考え方が見れて興味深かったです。

マルコは皆の意見とその根拠、実践方法を聞いてから、自分の場合ならばどうするか、を最後に言いますが、あくまで意見の1つとして述べるだけで、そのペアにあった手法を選択すれば良いようです。

最後にコースを走って、総評をもらいます。
セレナは割合出だしはあらかじめ申告したように走ってたのですが、シーソーでキチッと停めなかったためトンネル逆走、後半焦りすぎとの注意が。でも犬とのコミュニケーションはよくとれている、と褒めてもらいました。ちょっと嬉しかったです。

===

下記の画像は舞洲の大会のものです。皆さんありがとうございます。

JP20415.jpg

JP2です。撮影 ななママ

AG041151.jpg

AG2です。Aフレームからシーソーへの誘導中
マルコの身長は一体どのくらいあるのだろう? 撮影かよりん

AG04152.jpg

AG2ゴールのバーを跳ぶところ、嬉しい瞬間です 撮影 りんママ
ニックネーム てんてん at 01:47| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

大阪南アジリティークラブ競技会

雨が心配されてたけど、午後からは青空が広がりました晴れ
今回の審査員はマルコ・モーエン氏。
クラブ展だけど、一昨年のコース同様かなり難しくなりそうな予感。。。

前回は思惑通りラインにのって走ったにもかかわらずAフレームのタッチゾーンで痛恨のミス。
それさえなければ相当良い出来だっただけに(セレナにすればですが)すごく悔いが残っていました。

今回は何が何でも絶対手を上げさせないっ!
固く固く心に誓いました。

image/tinasere-2007-04-17T12:06:33-1.jpg

恒例のコース図メモ。クリックすると拡大します。
下段の文章と合わせて見てね。
※ただし、あくまで覚書です。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 22:39| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

九州ブロックアジリティー競技会

関門海峡を越えて、九州へ。
会場の芦屋町総合グラウンドへは1時間半で到着。

kanmon0325.jpg

お天気は朝方は小雨混じりの曇り空、午後からは好天気に恵まれました♪
暖かい九州ではもう桜も散り始めです。

sakura0325.jpg

<公園の駐車場の桜>

果たしてはるばる行った成果はあったか?続きを読む
ニックネーム てんてん at 11:14| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ST連合アジリティー競技会レポ

今年に入ってはじめて出るJKCの大会。
はるばる行ってきました南国高知。家から片道350、往復700キロ。
もちろん日帰り、朝3時半に出発。

最初からちょっと心もとないガソリン残量でしたが、途中明石大橋からガソリンが無いことを示すランプはずっと点灯したまま。
淡路も四国もどこのSAもPAも早朝はやっていない。
高知道に乗る前に、1箇所だけあるセルフのスタンドを求めて、街中を青い顔で探し回りました。
皆さん、遠方から四国へ行く前には必ずガソリンは満タンにしましょう

今回からJKCも3度クラスへ挑戦。
経験からゆくと私がコースさえ間違えなければ、減点はあってもセレナが完走する率は低くはない(と思う、俊足爆走タイプの犬ではないので)
無事ゴールできるかどうかは犬より人の脳力が試される?!

lgsere0321.jpg

se5.jpg

写真はぴゅありん、りんままの撮影です。ありがとうございます。続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:38| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ST連合西日本アジリティー競技会

レポはまた後日UPします。
何はともあれ頑張りました

結果 JP3 1席  AG3 失格

sere0321.jpg

hyousyoudai0321.jpg


   
ニックネーム てんてん at 08:13| Comment(8) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ハードルに挑戦

授業が終わった後、5本まっすぐ3〜5m程度の間隔でハードルが並べられました。

ハードル高さは20cmなので、大きな犬にとっては一跨ぎ。
この程度なら負担になる高さではないので、試しでやってみることに。

「せいの」でスタート。

ha03111.jpg

横に並んで、指示しながら飛ばせますが、障害も、指符の意識もないので、全然次の目標を見てくれません・・・。

ba03114.jpg

あれれ、どんどん隣に寄ってきて、おっと抜けた〜っ!

nuke03117.jpg

次第に飛ぶものらしい、とわかってきたらしく、寄ってきてから際際で軌道修正したりしてますが、3回したけど5本全部綺麗には飛べませんでした。

ba03112.jpg

まだ一定の間隔を保ちながら並走が出来ないのです。
簡単そうに見える直線ハードルも、意識付けがないと難しいですね。

これが出来るようになるには、
・ハードルを跳ぶものとまず認識すること。
・指符が次の障害をさすものだと認識すること。
(まだノーコマンドです)
・跳びやすい位置を自分で確保すること。
・リズムをつかむこと。
・人と一定の間隔を保つこと。

結構覚えるべきことが沢山あるのでした…まだまだ道は長い。
○年ぐらい先のデビューを目指してガンバリマッショ。

<結構遠くから跳んでいる>
ba03113.jpg

「楽しかったです〜♪」

ba03116.jpg

<撮影は全てぴゅありんです、綺麗な写真をありがとう!>
ニックネーム てんてん at 08:00| Comment(4) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする