2007年07月15日

小岩井牧場 2

小岩井牧場(農場)は岩手山南麓に約3,000ヘクタール(900万坪)の広大な敷地面積を誇る日本最大の民間農場です。

hituzi0710ee.jpg

創設は1890年にまで遡り、宮沢賢治も農場とその周辺の景観を愛して、しばしば散策したとか。

koiwai07102ee.jpg

koya0710ee.jpg

koya07101ee.jpg

uemaru0710ee.jpg

koiwai0710ee.jpg

有名な小岩井1本桜、でもあいにくこの時期の麦の穂は茶色、岩手山は霧の中。残念

1sakuraee.jpg

ニックネーム てんてん at 14:22| Comment(11) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小岩井牧場 1

セレナです。
広々した気持ちの良い牧場です。特定のエリア以外は犬も一緒に行けるよ。

大きな体の割りに以外にデリケートな私(馬も牛も羊も苦手)
でも何代も遡ったご先祖は羊追いを生業にしていたそうよ。

koiwai0710ee.jpg

今日はショーとはいえまだ職業犬として活躍している尊敬すべき先輩を見に来ました。
とはいえ小岩井牧場のシープドッグショーのエリアは犬連れ禁止

だから、私だけ遠く離れたところに柵に繋がれてカメラとか土産物を横に積まれて「荷物番してなさいね」と言われて置いてゆかれたの。本末転倒だわ。

アジリティーのコースさえ時々忘れちゃうママを補佐してるのは誰だと思ってるの!ちゃんとゴールまでたどり着けるのは私の記憶力のおかげじゃない!と抗議したかったけど丘の上から大人しく眺めてました。
家庭犬とはいえ、荷物番の任務を与えられたのだからちゃんと遂行しないとね。
自分でいうのもなんだけれど私は以外と律儀な性格なのよ。
4ヶ月ぐらいの頃からママの周辺や荷物はきっちり守ってるわ。
ちょっとでも触ったら絶対許さないから。

それに本当のところ、やっぱり私は大きい生き物って苦手なのよね。。
誰にも得手不得手ってあるから仕方ないじゃない。

===

というわけでシープドッグショーの一こまをご覧下さいませ。
この場面では端にあるブリッジを3頭の羊を通すことになってます。

犬もハンドラーも、デビューしたてという若いペアで実は相当悪戦苦闘の連続でした。

※失礼、犬はリーフちゃんと言って8歳のベテランでした。
ハンドラーではなく羊飼いさんですね。




まだ若い羊飼い役のお兄さんと犬の息はまだ合っていない様子で、犬だけが最初無闇やたらとぐるぐる走り回っていました。

どんなに熟練した犬も指示を送る人がしっかりしていないと作業は上手くゆかないんですね。解説役のお兄さんの方がベテランでどうにもコントロールできなくなったとき、笛を吹いて犬を止めていました。

ショーでは橋を渡した後、2つの柵の間を八の字周りに羊を行進させるのですが(もちろん犬が追い立てる)それはあまり上手くゆかなかったです。
ゲートへの追い込みは上手くゆきました(というより疲れた羊が勝手に入っていったような。。。?)

リーフちゃんも羊も人にはごく友好的なようで、ショーが終わった後は触れ合い時間が設けられており、尻尾ふりふりでスタンドの間を往来してとても楽しそうに役をこなしていました。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:59| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

銀河鉄道の舞台へ

「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治の童話集の中でも特に印象深い物語。

賢治が着想のモチーフにしたと言われる通称「めがね橋」。
JR宮守駅のそばにあり、国道283号と宮守川をまたいでいる「宮守川橋梁」のことで、1943年の建造、建築土木学会推奨の遺産に指定されています。

meganebasiee.jpg

megane0710ee.jpg

延長105m、5連アーチで夜はライトアップされてより幻想をかきたてると言いますが、セレナにとってはここも単なる水遊び場。
道の駅のすぐ傍らにあるのですが、有名な施設の割りに誰も草が生い茂る川べりまで降りようとする人はなく、のびのび遊ばせることが出来ました。

megane07101ee.jpg

ふとどこからともなく電車の響きがしてきた。
空耳かな〜と思っていたら、セレナが水遊びをやめて耳をすませた。

megane07102ee.jpg

視線の方向を追うと、なんと本当に列車が走ってきた!

densya0710ee.jpg

セレナも銀河鉄道に乗っていつか旅したいのかな〜

kiku0710ee.jpg

もう暫くは(できるだけ長く)私達の傍らに居てね

ニックネーム てんてん at 21:34| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠野物語の世界を訪ねて

東北と言えば日本昔話で最もよく登場する場所というイメージがある。それは民俗学者の柳田國男氏が書いた「遠野物語」に起因することが大きいだろう。

きちっと読んでいないのだけど、「遠野の川には、河童が棲めり...。」
というぐらい沢山さまざまな河童が登場するという程度は知っている。

また60を越えた老人達が村を追い遣られて独自のコミュニティーを作るデンデラ野があったこと。最初は捨てられるのかと思っていたが、老人達は自給自足の毎日を送り、ここで最期を終えるのが慣わしだったということらしい。里との交流が途絶えたわけではなく、農繁期は家に戻って手伝いもしてたそうだ。

日本の古里、と呼ばれる遠野。どんな光景が待っているのだろうか?

tono07101ee.jpg

tono07102ee.jpg

tono07103ee.jpg

tono0710ee.jpg

でも事前の勉強不足もあり遠野市を見渡してもこれと言った特徴は正直あまりよくわからなかった(お恥ずかしい限りですが)
風車がやたらいっぱい回ってたけど、これは奈良でも珍しくないし
日本各地に存在する共通の原風景を見たというのが感想です。

yama0710ee.jpg

遠く里を仰ぎ見たのかなあ〜と連想しながら撮ってみた。

通りに佇む仏様や鳥居、祠、いわくありげなものとかはちょっとカメラを向けて良いのかどうか躊躇われた為、余計にどこにでもある風景に。。
奈良の寺社仏閣や石仏は平気なのだが、遠野物語は明治時代ぐらいの話だからまだ生々しい感じがしてどうもね…顔(汗)

最期にあまりにも有名な河童淵

kapa07101.jpg

河童淵ではないけど河童と間違えられそうな場所で泳ぐセレナ

kapa0710ee.jpg
ニックネーム てんてん at 12:09| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雫石の宿

ヴィラ館々倶楽部

仙台市から約200キロ、雫石スキー場、小岩井農場のすぐ傍らにあるお宿です。

コテージ貸切。テラスやポーチもついて、もちろんバス、トイレ、冷蔵庫、TV、有線放送つき、BOSEのスピーカーで好きな音楽が聞けます♪

vila0709ee.jpg
(一番手前が借りていたところ)

vila07091ee.jpg

お部屋も綺麗だよん

vila07093ee.jpg

ベッドには凝ったカバーがかかっている

vila07092ee.jpg

傍らの散歩道を行けばホタルの遊ぶ川べり。
コテージ裏には岩手山がそびえ、絵葉書のような光景が広がります。

iwate0709ee.jpg

ニックネーム てんてん at 01:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

仙台で遊ぶ 〜犬の目線〜

ヨメでち(ちょっとまねてみました)

yome07051ee.jpg

ヨメちゃんのフィールドを案内してもらいました。
セレナはもちろん大喜びでした。

ヨメ:ここで普段川遊びするですよ〜、

mizu07051ee.jpg

せれ:暑くてたまらなかったの。気が利くねえ

mizu0705ee.jpg

ヨメ:ここは家族もみんなお気に入り♪

yome0705ee.jpg

「セレナ、絶対海に入っちゃダメだよっ!」パンチby飼い主

せれ:つまんない!つまんない!なら砂堀りしちゃうよ!

suna07053ee.jpg

せれ:ご機嫌だわ♪

suna07051ee.jpg

「それで家に入るつもりかい!」飼い主
本当に手間かけてすいませんでした。
ニックネーム てんてん at 08:35| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

杜の都 仙台観光〜人の目線〜

杜の都と呼ばれる仙台。
市街も緑が多い。

hapa07032.jpg

azisai07051ee.jpg

仙台といえばNHK大河ドラマでお馴染み伊達家、
伊達家三代の御霊を祀る瑞宝殿へ

さすが東北の東照宮と呼ばれるほど鮮やかな権現作り
新緑と相俟って眩いばかり

zuiouden0705ee.jpg

そして仙台とくれば「青葉城恋歌」市街の真ん中を流れるのが広瀬川かな?

senda10705ee.jpg

観光客らしく政宗騎馬像でパチリ
普通の人と違うのは並ぶのが「犬」だということですねわーい(嬉しい顔)

date0705ee.jpg

ニックネーム てんてん at 23:30| Comment(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お船に揺られて仙台へ

セレナです。ご無沙汰です。
ママの道楽につきあわされて、遠く仙台まで出かけてきました。

umi07041ee.jpg

fune0704ee.jpg

sora0704ee.jpg

船で遥遥21時間。20時に出航して、仙台には翌日17時着。
ママが車中保管は心配だと言うので、ドッグルームに預けられました。

人の入るお部屋にはペットは入れないのです。
犬は飼い主が希望すればドッグルームという甲板にある別室で預かってもらえるけれど、猫やフェレットなどは車両保管なんだって。
ここに居れば、パパやママと夜間以外は自由に会えるそうよ。

でも一人また一人家族が去ってゆくと、とても悲しくって、1頭が鳴くと皆揃えて鳴いちゃいました。
翌朝ママが来た時は声が枯れて、もう喉がカラカラだったよ。。。

仙台港ではタロママさんとヨメちゃんが迎えてくれました。
ヨメちゃんは、家で留守番してるダイみたい。
始終パタパタと忙しい元気な女の子です。

しばらくお世話になります。よろしくね
(という割りにセレナはヨメちゃんに体も態度もデカさをアピールしていた)

yome0704ee.jpg

isyo0704ee.jpg

ニックネーム てんてん at 17:04| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

犬と旅行4 牧歌の里・川島ハイウェイオアシス

11時チェックアウトぎりぎりまでホテルでのんびりしてから出発。

mizuee0430.jpg

mizuee20430.jpg

目指したのは四季折々の花々が咲き乱れるというひるがの高原「牧歌の里」

hirugaee0430.jpg

好天気に誘われて来場者が多いのか、駐車場は大混雑。公園の入口には今日の開花状況という看板が置いてあり、見ると現在咲いている植物は「ムスカリ」のみ。

肝心のチューリップの開花は5月3日ごろとなっていて、それでも半信半疑な人のためにか?丁寧にチューリップ畑の実況写真がパネル掲示されてました。見事に青い茎ばかりで全く咲いてません。。でも人々はぞくぞくと入場ゲートへ。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 12:26| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

犬と旅行 安曇野編3

預かってもらっていた犬をひきとった。
案の定、千夏は平然、セレナはしょぼくれており、ダイちゃんは何事かわからず無闇とはしゃいでいた。
手隙の時間に散歩に出してもらったいたからご機嫌なのらしい。

朝はあんなに寒かったのに、外の気温は20度を超えて、ちょっと暑いぐらいの日和。
敷地の川で今年初の水遊びわーい(嬉しい顔)

mizuasobi04294.jpg

mizuasobi04292.jpg

mizuasobi04293.jpg

犬たちは大はしゃぎですが雪解け水で痺れるほど冷たいのです。
だから長時間水に浸かってるのはセレナだけで、千夏もダイちゃんもすぐ陸へ避難。

午後からは安曇野の大王わさび園へ。

わさび園というとわさびだけが整然と植わっているイメージでしたが、桜をはじめ水仙も芝桜も満開。神社や幸運を授かるという洞穴?もありなかなか面白い大きな公園です。

wasabien10429.jpg

オンラインアルバムを作成しましたので、お時間があれば覗いてってね

http://www.imagegateway.net/a?i=37KibKHnTo


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:07| Comment(8) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

犬と旅行 上高地、安曇野編2

朝は早起きして、犬を預けてから上高地へ行くバスターミナルへ向かう。
待合室では赤々とストーブが炊かれており、皆くっつきあって暖をとっていた。
くっきり晴れ上がったからいずれ暖かくなってくるとは思うのだけど。

バスで15分足らずで大正池到着。
まだ表面は氷がはっている。散策路は雪が積もっていて冬景色のまま。
それにしても寒い、寒いけど美しい。水面に対象に映る穂高連峰の美しさは絵葉書そのもの。

taisyouike0429.jpg

taisyouike04292.jpg

オンラインアルバムを CANON iMAGE GATEWAY にて作成しました。
下記のURLからご覧ください。
http://www.imagegateway.net/a?i=JCshbKHnTo


続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:10| Comment(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と旅行 上高地、安曇野編1

宿泊先

上高地に程近い、高山ワンワンパラダイスを選びました。
とにかくむちゃくちゃ寒い。
あたりはまだ春浅く敷地のあちこちに雪が残り、緑は地面から顔を覗かせるふきのとうのみ。
到着した夕方の外気温は4℃、夜間は0度を下回るそうだ。吐く息も白い。

hotel04282.jpg

fikinotou0429.jpg

眼前には夜間でもOKのドッグランが広がっており、夜ついても安心。
玄関に暖かい綿を入れたチャンチャンコや、白いダウンのコートが玄関に沢山置いてあり、防寒着を忘れた不注意な客にはありがたい配慮です。

daining0428.jpg

daining04282.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:55| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

山口の宿

九州ブロックの開かれる会場から100kほど手前で、宿泊場所をとりました。

目の前が秋芳洞と秋芳台。30kと少し走れば萩市内。
絶好のロケーションのはずなのに…

akiyosi0325.jpg

無情にも着いたばかりはドジャブリ
止んだと思ったら周囲を霧がたちこめて何もみえない。
パパは観光を楽しみしていて、ガイドまで買ってたのだけど。
仕方なく雨の中レインコートを着せて散歩に行きました。

akiyosi03253.jpg

ちょうど山焼きを終えたばかりで地面の芝生も真っ黒、荒涼とした大地

それでも3頭とも楽しそう?

yado20325.jpg

以下は、宿泊先です。続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:44| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

吉備SA

image/tinasere-2007-03-24T12:52:28-1.jpg

image/tinasere-2007-03-24T12:52:29-2.jpg

明日は九州ブロックに出すため車移動中。
レスが遅くなりゴメンナサイです。

ニックネーム てんてん at 12:52| Comment(8) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

徳島の宿

「野上屋」

別棟にある広〜い、広い和室。8畳2間続き。
バスルーム、トイレ、洗面、クロゼットがついてます。

nogamiheya2.jpg

広すぎてダイちゃんが粗相しないか、見張るのが大変がく〜(落胆した顔)
(ぴゅありん、おしっこシーツありがとうね、お役立ちでした)

nogamidai1.jpg

興味深深であちこち匍匐するダイ

nogamitansaku2.jpg

夕食は1階にある宴会場で。犬も連れて入れま〜す。
別にケージに入れなくても良いのですが、うちには手癖の悪いのと、騒がしいのが居るもので…顔(え〜ん)

nogamiryouri.jpg

お料理の盛り付けもなかなか手(チョキ)

sasimimorituke.jpg

そして、なんと阿波踊りのサービス付。

awaodori.jpg

賑やかな音楽と囃子に、犬達も目をまん丸にして見物。

kenbutuinu.jpg
ニックネーム てんてん at 21:34| Comment(10) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

まだ力不足

セレナねーちゃんは、普段は他の犬に興味ないくせに、ダイが遊んでるとたまに邪魔して意地悪するの。

せっかく追いかけっこしてくれる相手を見つけたのに。

1028oikakeko.jpg

急に間に割り込まれちゃってさあ。

1028warikomi.jpg

カンガルーみたいに立ち上がって、相手の子と力比べになったの。

1028tatiagaru.jpg

そんなことしなくても、十分セレナねーちゃんの方が大きいって。

1028warikomi2.jpg

もっと遊んで欲しかったから、割り込もうとしたけど。

image/tinasere-2006-10-31T15:42:16-1.jpg

「邪魔っ!」とばかりに大きなお尻で、ボンと突き倒された〜。

こんな扱いってひどいと思う。

image/tinasere-2006-10-31T15:42:16-2.jpg

<ふてくされるダイナ>

haro.jpg

<沢山遊んでくれてありがとう>

ニックネーム てんてん at 15:42| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

白川郷

良い天気だし、せっかくのお休みだから、どこかに出かけよう!

最初は愛知の競技会に出ようと思ってたのですが、9月に申し込んだのに、もう満員御礼で。
先週返金されてきたのです。

今更、ダメと言われても。有休届けも出してしまったのに、勿体無い…
というわけでやってきました。飛騨白川郷。

sirakawa.jpg

世界文化遺産だ〜!
になったからかわからないけれどとにかく大・大・混雑。

当初2時前に着く予定が着いたらもう4時過ぎ、日の暮れ。

山に囲まれた白川郷では写真を撮るには遅すぎる。
それでも人の行列は絶えることなく、フラッシュがあちこちでたかれてました。

白川郷は何度か来てるけどこんなに人を見たのは初めて。
バスガイドも、店屋も駐車場の管理人も道行く人たちも一体どうなってるんだ?と首を傾げている様子でした。

どうも間が悪かったらしい

1029omiyage.jpg

1029hidadai.jpg

白川郷手前にある荘川、お蕎麦の水車小屋です。ここも大混雑

soukawa.jpg

soukawa2.jpg

渋滞中に車から撮った御母衣湖

1029damu.jpg
ニックネーム てんてん at 08:11| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

奥飛騨平湯大滝公園

週末穂高、乗鞍岳に雪が降った。

1009norikura.jpg

そのため山に至る多くのルートが通行止めになってしまった。
聞けば大変な事故があったとか…。

山は美しいけど、やはり恐いところだ。

乗鞍高原などにも行けないので、ホテルの人推薦の大滝公園に出かけることに。紅葉がそろそろ色づいて美しい。

1009momizi.jpg

<3頭で記念撮影、だいぶ皆慣れてきたかな?>

1009syugou.jpg

降雪の影響を受けて、滝も普段より水量が多いらしい。
公園も途中までしか上に行けず、通行止め。

1009taki3.jpg

犬たちは喉が渇いたのか、大滝から流れる川で水分補給

1009mizunomi.jpg

1009tinamizu.jpg

平湯大滝公園についてもう少し見たい方♪続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:24| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

高山ワンワンパラダイス 〜ドッグラン〜

朝の散歩は、騒ぎたくてウズウズしているダイナを連れて併設されたドッグランへ。

ダイナは解き放たれると同時に縦横無尽に走り回ります。

千夏とセレナはちょっとつきあったものの、途中から他の犬たちにお相手を任せて高見の見物。

若い犬たちと走り回れて、ダイナは大満足な様子。
ドッグランって他の犬たちに警戒心の少ない若い犬たちが、一番楽しめるんだろうなあ。

1009dograndai.jpg

1009dogdai2.jpg

1009dogdai4.jpg

1009dogdai3.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 14:49| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高山わんわんパラダイス 〜レストラン〜

犬を部屋に残さないで欲しい、ということなので3頭の犬たちを連れてレストランへ。

1008resutoran.jpg

1008restoran2.jpg

量が少ないかも…と聞いていたけれど、少しの量を色々沢山食べたい私たちには嬉しかった。

一部メニュー紹介

1008hasun.jpg

<八寸>

1008sasimi.jpg

<刺身>

1008wan.jpg

<蒸し物>

1008niku.jpg

<飛騨牛のしゃぶしゃぶ>

パパは牡蠣の揚げ物が気に入ったようです。古代米を使ったおこわも美味しかった。
ニックネーム てんてん at 14:05| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする