2010年06月19日

大塚国際美術館

日本に居ながらにして世界の名画が鑑賞できてしまう贅沢な美術館。

古今東西の西洋絵画を中心に集められた収蔵品は1,000点以上。教科書や主な美術解説書に記載されている画家の代表的な絵なら大抵見ることが出来ます。

来日を心待ちすることもなく、行列することもなく、大混雑のなか満足に見る時間もないまま流れ作業のように追いやられることもない。

なんてありがたいのでしょう〜。

ただしレプリカなんですけどね。。。

とても精巧に焼き上げられた陶板で原寸大で複製され、似合う額に入れられているので、全体の雰囲気はほとんど損なわれていないかも

<スクロヴェーニ礼拝堂>
オリジナルはイタリアのパドヴァです。深いブルーが印象的な装飾はジヨットによるもの。ジヨットは祭壇画などを多く手掛けた中世の画家(日本ではほとんど見れない)

IMG_0203.JPG

とても好きな画家の一人ハートたち(複数ハート)で、この人の描いた「小鳥への説教」を見にアッシジの聖フランチェスコ教会に行こうと思ったほど。この美術館にもありました♪

<大水連>
オリジナルはパリのオランジェリー美術館。屋外の環境展示のため、日光が反射して肝心のモネの絵がよく見えません。。。

moneike.JPG

この壁画のある空間を囲むように池があります。

ootuka1.JPG

☆この美術館は三脚やフラッシュを使わない限り、どこも撮影OKですが、絵画そのものだけを撮るのは禁止。どこかに人や空間を入れる工夫をしなければなりません。


続きを読む

ニックネーム てんてん at 18:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

讃岐うどんを作ろう〜

ホテルから金毘羅さんに向かって歩いて5分。

IMG_0133.JPG

門前に中野うどん学校があります。

IMG_0124.JPG

ここに入ることを一応入校と言って、無事うどんを作り終えると卒業証書と麺棒をくれます。

続きを読む
タグ:麺棒
ニックネーム てんてん at 23:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

讃岐へ行く

たまには犬のことを忘れて社員旅行へ。

つい先日四国での競技会があった坂出市に行ってきました。

会場になった丸亀市は坂出市のすぐお隣なんですよね。

坂出市は四国では工業地帯ですが、むしろ金毘羅さん(琴平宮)で有名なところ。

konpira.JPG

あいにくの大雨だったので、自由時間に(夕方2時間と朝ご飯まで)さすがに有名な785段の石段を上って、本殿へ行くことはできませんでした。

IMG_0140.JPG

IMG_0144.JPG

そうそう、こちらはペットもお参りすることが出来ます。

IMG_01660.JPG

続きを読む
タグ:讃岐うどん
ニックネーム てんてん at 07:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

岡崎公園は岡崎城を中心とした、お花見などで有名な公園です。

時代劇が好きな人なら家康の生まれ育ったところ、という方がピンと来るかも。

私は家康と聞くと駿府城を連想するのですが、ここで生まれたんですね。

公園には産湯につかったとされる井戸があったり、家康の業績を紹介する館には水戸黄門などでお馴染みの葵の紋がくっきりと飾られています。

そして岡崎城に入る手前に有名な家康の言葉が石碑に刻まれており

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望み起らば、困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思へ。勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば、害は其の身に至る。己を責め、他人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより勝れり」

その石碑を亀が背負っています。

okazaki01.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 22:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

白樺湖

修学旅行で途中立ち寄って以来だ。

当時は湖畔にただ白樺の木立があるというイメージだったが、今回行ってもあまり変わらなかった。

IMG_0124.JPG

IMG_0136.JPG

続きを読む
タグ:白樺湖
ニックネーム てんてん at 07:14| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

朝の散歩

宿の裏道の林道を通ってゆくと、10分足らずでスキー場へ到着

nomiti1122.JPG

熊でも出るんじゃないか?というくらい誰も歩いた跡がありません。

oka11221.JPG

犬はサクサク登りますが、人は足をとられるので結構キツイ

sanpo1122.JPG

suki1122.JPG

物好きな人も犬もなし。一足早く雪遊びを楽しみました。

yuki1122.JPG

続きを読む
タグ: 蓼科
ニックネーム てんてん at 07:13| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

ログハウス ふくろうの宿

蓼科、ビーナスラインの傍らにある ふくろうの宿

yado1122.JPG

名前の通り、お宿の目印から駐車場玄関、部屋、お風呂に至るまでふくろうで一杯。

yado11221.JPG

こんなところにもふくろうが

IMG_0017.JPG

この辺りまで来るともう、季節は秋から1歩進んで雪がつもり冬となってます。

IMG_0044.JPG




カナダからの輸入材で作られたと言われるログハウスは堅牢な造りで、暖炉があり、重厚な家具が置かれています。

room1121.jpg

お庭には巣箱、窓際にはバードフィーダーがあり、朝食を頂きながら食事に来る鳥たちを眺めることが出来ます。

この日は紅ましこがご来店でした。

tori1122.jpg

yado11223.JPG

もう少し時間が遅くなると、四十雀や啄木鳥も見れるとか。

お部屋の様子です。



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:04| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ホテル レオマの森

当初予約していたクアハウスが、確認の電話をすると犬同伴のお部屋は満室になっていた。そのことに気がついたのが旅行の3日前。

大慌てで同伴できる施設を検索。何とかお泊りすることになったの会場から遥か80キロ隔たったワンワンコテージ、レオマの森。

一人と2匹には空間を持てあますほど広いコテージだ。広さは45平米、バス、洗面、トイレつき。窓を開けると大きなベランダと玄関の前には専用のアプローチと門扉、駐車場がある。

room01.jpg

room03.jpg

IMG_0038.JPG

IMG_0063.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:26| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

西芳寺

西芳寺というと、関西人なら苔寺で有名な京都の西芳寺を思い出すところですが、今回出かけたのは東北にある浄土宗極楽山西芳寺です。

お庭が綺麗なのはどちらも同じかな。

IMG_0076.JPG

saihouzi2.jpg

IMG_0081.JPG

IMG_0099.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:02| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

パートナーズハウスゆあさ

久々に行ってきました。

パートナーズハウスゆあさ

IMG_00441.JPG

ドッグラン、宿泊用ロッジ、カフェ、ショップ等1日遊べる総合施設。

今年はどこにも泳ぎに連れてゆけなかったから、ここのプールで初泳ぎとなりました。

IMG_0121.JPG

IMG_01051.JPG

少しは泳げるけど、まだ足のつかない場所は怖いボタン

IMG_0135.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:22| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

五箇山 菅沼集落

帰り途、北陸道から五箇山集落を見学してゆくことになった。

天気予報を見ていて、そこが唯一台風の影響を受けていなさそうな地域だったからというのもあるが、2009年フランスミシュランの旅行ガイドにて最高峰の3つ星観光地に選ばれたところ。せっかくここまで来たのだから見ておきたい!

というわけでやってきました。国道を下りてすぐのところにあって富山側からのアクセスはとても便利。

妻入りの茅葺き屋根が8戸田園の中にたたずんでいる。本当に小さな集落が世界遺産です。

IMG_0217.JPG

IMG_0001.JPG

ちなみに「妻入り」というのは切妻屋根の家を上空から見て、長方形に見立てたら短い方を間口にするのが妻入り、長い方を入り口にするのを桁入り(平入り)といいます。

家の入り口が妻側(合掌造りの手を合わせた方「妻入り」構造なのは菅沼集落のみで、その他の地域は平側(屋根が見える方が正面)に入り口のある「平入り」構造となっています。

合掌造りは一見すると、有名な白川郷、菅沼、相倉、荻町の同じつくりになっているようですが、その地域ごとの特性を生かした建築になっています。菅沼、相倉地区は切妻造りの茅葺き屋根の勾配は若干急になっています。

これは、同じ豪雪地帯といっても、五箇山地方の雪は湿気を多く含み重いため、少しでも屋根から雪が落ちるよう考慮されています。 また、破風(茅葺き屋根の端の部分)が丸みを帯びていることも特徴のひとつです。
 
なんてウンチクはおいておいて、世界文化遺産を楽しく見学。犬たちも同伴可能です。

IMG_9980.JPG

IMG_9971.JPG

IMG_0216.JPG

IMG_0221.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 12:17| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

雨宿り

ダイナだよ〜

IMG_9775.JPG

急に雨脚が強くなったから、皆で赤倉観光ホテルのテラスで雨宿りすることになってん。

ペットは石の張った部分で鉄製の椅子だけ入場可らしいんやけど、ホテルの人の配慮で庇の下のテーブルと椅子を使わせてもらえた。

IMG_0148.JPG

IMG_0122.JPG

IMG_0126.JPG

ババとお友達は食器(山の稜線と、樅の木が描かれたオリジナルのノリタケ)を見て「可愛い〜ハートたち(複数ハート)」と喜んでたが、あたしはその横に置かれてたアップルパイが落ちてけ〜へんか、ずっと気になったで。

IMG_0135.JPG

IMG_0142.JPG

小一時間ほどで雨が上がったから、あたしらは競って下に駆け降りた。

IMG_9875.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:38| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

親子・兄弟再会

セレナです。

IMG_0145.JPG

妙高高原で私の生んだ子供たちと再会することが出来ました。
どの子も立派になってたわ。

若いころの私そっくり。

・・・でもなかったわね。

パパ犬の影響が大きいのかしらん?

でも大きな体は私譲りよ。まだまだ成長するはずだから、またの再会を楽しみにしています。
ちなみに私は3歳ぐらいまで大きくなりました〜

家族再会の場は標高1300mの妙高赤倉のゲレンデで。
ゴンドラで1300mを一気に上がります。

IMG_0074.JPG

広々、緩やかな傾斜地をゆっくり下に向かって下ってゆきます。

IMG_0103.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妙高高原へ

ぼたんで〜す。

2泊3日で新潟県にある妙高高原に出かけてきました。

今回はね、うちだけでなくお友達のう〜ちゃんの一家と、ホーリーの一家と一緒にお泊りだったんだ。すごいでしょ〜ぴかぴか(新しい)

IMG_9782.JPG

それに現地ではうちから旅立って初めてパンチとご家族にも会ったの。

皆大きくなっててびっくりしたわ目

とにかく沢山の犬に挨拶しないといけないから忙しくって。

ババは例のごとく嬉しがって沢山写真を撮ったから、整理がまだ出来てません。皆さんごめんなさい。ババに代わって謝ります。

貧乏暇なしのババのことだから、とろとろUPになると思うけど気長におつきあいくださいね。

下は一日目にお出かけしたいもり池です。

小雨が降っていたけど、運動したり、お散歩してる人が沢山いました。

IMG_9800.JPG

IMG_9794.JPG

IMG_9784.JPG

運動着を着て合宿しているような感じの学生さんが多かったなぁ。
あと自然観察に来ているような、子供たちと引率の先生のグループも居ました。

昔はいもりが沢山居たそうだけど、パッと見渡したところでは見つからなかったです。それでも沢山の水生動植物が見れるそうよ。

お池にはカルガモが沢山居て、せれな母さんもだいな姉さんも、ずっと池を覗き込んで、隙あらば飛び込もうとしてました。BCの本能で集めたくなるみたい。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:26| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

蔵王

スキー場というイメージでしたが、この季節に来るのは初めて。
頂上には美しいカルデラ湖があるそうです。

IMG_0037.JPG

でも風が非常に強い。四足で立つ犬も吹き飛ばされそう。

IMG_0007.JPG

人は全く真っ直ぐ立つことはできません。カメラを構えるのも大変

IMG_0033.JPG

風雲急を告げるという感じの空

IMG_0034.JPG

肝心の景色はというと

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:11| Comment(6) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

軽井沢点景

雲場池

IMG_9512.JPG

軽井沢ショッピングモールで咲いていた桜、
軽井沢のシンボル的な花らしく、あちこちに桜モチーフが一杯

IMG_0379.JPG

有名な軽井沢彫にもよく使われるが、公園の照明灯にも。

IMG_9675.JPG

三笠ホテル(今は見学だけ)

IMG_9542.JPG

IMG_9654.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:47| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

トリミングサロン ビフォア、アフター

before

IMG_0160.JPG

IMG_0249.JPG

IMG_9655.JPG

after

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:13| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ブラッセリーナカガワ

軽井沢には犬も一緒に入れるレストランが沢山あります。

こちらは室内はダメですがテラスでお食事が出来ます。

最初邸宅を目にした時、看板が外には全く出ていなくて、本当にレストラン?かと不安になりますが、外門を抜けてパティオを抜けたところにしっかりありました。

IMG_0307.JPG

IMG_0310.JPG

IMG_0294.JPG

IMG_0268.JPG

IMG_0264.JPG

IMG_0292.JPG

でもあまりにも何も案内が出ていないので、さまよっている車を何台も見たかも。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:18| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

軽井沢、セレブな犬を目指す

かとなく高級感のある雰囲気が漂うリゾート地、軽井沢。

ワン達も背景にふさわしい犬になってもらいましょう!

朝は別荘が立ち並ぶ木々の間を散策し

IMG_9503.JPG

IMG_9511.JPG

さらにアクティブにドッグランで大騒ぎ

<母しゃん、かっこいい〜>

doglun.JPG

<あたしも一緒に飛んじゃえ> 並んで連とび

IMG_9610.JPG

<独りでだって飛べるもんね〜♪>

bota0429.jpg

<どけどけ〜!、ダイちゃんのお通りだ〜っ!>

IMG_9577.JPG

☆というわけで、ビューティコロシアム行き(トリミングサロン行き)は散々騒いだボタンとダイナに決定〜。



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:26| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

アートホテル フォロン 軽井沢

今回の軽井沢でのお泊り場所。
もちろん犬も一緒にお泊り出来ます。

アートホテルフォロン

IMG_0338.JPG

IMG_0189.JPG

IMG_0193.JPG

立地が旧軽井沢銀座の傍らで、またお泊り料金も非常に良心的。
沢山の犬のケージが持ち込んでも大丈夫というぐらい広さもあります。

食事はつきませんが、ご近所はレストランで一杯だし、キッチンがついているので、近所のスーパーで食材を仕入れればお料理も出来ます(ただし、食器は貸出)

IMG_0337.JPG

ただ戸棚には侘しくカップラーメンしかない

IMG_0194.JPG

ご近所には姉妹店のドッグレッグ

があります。間取りはほとんど変わらないそうですが、こちらはドッグラン付(料金も1000円だけ高い)

朝食は1階にカフェパブロがあり、犬も連れて入れるけど私たちは一度も利用せず、近所の浅野屋(パン屋)に通っていました。

一階中庭に面したパブロ

IMG_0343.JPG

通っていた浅野屋

IMG_0210.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 19:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする