2009年06月07日

ぼたんと訓練

ほとんど置き忘れたままになり、野生児のまま生きているぼたんだが、時たま訓練教室に参加する。

レベルはダイちゃんと実はあまり変わらない。両方足せば良い犬だが、片方づつだと物足りない。

ダイちゃんは意欲が空回りしている状態で、いつも前へ前へ出ようとするので、なかなか良いポジションを維持できないし、動きは素早いけど待つのは苦手。小心者なので、長く待たせると匍匐して動いてしまったりする。

ぼたんは「待つ」のは母親譲りで得意だ。ただ今ひとつ覇気がないというのか、とぼとぼ歩く感じで脚側行進が良くない。位置はとても綺麗だし、停座するのも速いし、行進中の作業もミスがない。ダイちゃんのようにつられて動くなんて心配はしなくても良い。正確だけど、華がない。

だがそんなボタンも生き生き、目をキラキラさせる練習がある。それは「停座および招呼」の練習だ。

バビュ〜ンと走ってくる瞬間が楽しいらしい。

IMG_0501.JPG

最初体当たりで止まっていたが、「座れ」の指示をかけると多少停座は曲がるけどそこそこ出来るようになった。このキラキラ顔で歩いてくれるようになったら、競技会に出るんだけどなぁ
続きを読む

ニックネーム てんてん at 21:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ボーダー・コリーと遊ぼう くるくる回る  

ボーダーコリーは退屈が嫌いだ。

常に飼い主が何かしてくれないか、何をすれば興味がひけるか常に考えている。

だからジッと見ていることが多い。

IMG_0802.JPG

<今日は何して遊ぶ?>

このスマイルが怖い

何か練習しようか。

ドッグランに来ている他のボーダー・コリーたちは、飼い主さんの指示に合わせて3頭でくるくる回りはじめた。
(ダイちゃんもつられてそこで回っている)

セレナは他の飼い主さんの指示には従わないから1頭つまらなさそう。
せっかくだから、一緒にお回りの練習しようか。
背後で何かわからないまま回っているゴールデンレトリバーの子犬が可愛い。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

尻尾 その後

犬又尻尾という稀な状態を作り出してしまった、至らない飼い主の私もうやだ〜(悲しい顔)

自分で出来ないことは人にお願いするしかない。自分の美容院の予約と一緒にトリミングサロンの予約を入れた。

<行く前の犬又せれな>

IMG_0751.JPG


<トリミングサロンから戻ったセレナ>

IMG_0753.JPG

毛深いのでやっぱりよくわからない顔(汗)

でも尻尾に触ると、又が消えて、ほっそりとボリュームダウンしてました。

下の記事の写真と↓を比べてみてください。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 13:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

化け犬?

犬が化けるという話しは聞かないが、古猫は化けるとよくいわれる。

IMG_8594.JPG

ところによっては三年、または十三年飼うと化けるとか(古猫ほど化ける)一貫(約3.75・)あるいは二貫以を越すと化ける(体重が重い?と化ける)などといわれている。

尻尾の完全な猫は化けるという俗信もあり、猫の化けるのを防ぐ手段として、子猫のうちに尻尾を切って、根元だけをわずかに残しておくという風習もあった。特に尻尾の二本に裂けたいわゆる猫股はよく化けるそうだ。

さてセレナは尻尾が今二本ある。ようは毛玉が出来て落ちかけた毛が、絡みついてしまって一見触ると二本のような感じなのだ。

解消すべく、ブラシをかけているが猫又ならぬ犬又と化したセレナの尻尾はなかなかしぶとくて、依然存在感を主張し続けている。

犬又セレナがさらに知恵を増したのか、もともと知恵があるから犬又となったのか、相当沢山の言葉を解していることが先日分かった。

IMG_9538.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

上と下

恩田陸の小説の名前ではありません(ちなみに「上と」(失礼:「上と外」が正解です)は兄妹が飛行機で遭難してジャングルの中をを彷徨う話)

今探しているのは「大聖堂」、ケン・フォレット著の中巻。上巻と下巻だけ持っているのです。

イギリス中世の大聖堂を舞台に再建、建立しようとするビルダー(棟梁、工務店の親方みたいなもの)と修道院長を中心に、様々な角度で沢山の人々の物語が語られます。

20年近く前に出版された「大聖堂」の後篇に当たります。



最近出版された方の大聖堂(果てしなき世界)の方は読み終えたのですが、そうなると昔の「大聖堂」も読み直しておきたい。

つい先日まではどこの書店でも大抵1セットは置いていたのだが、上、中、下巻のうち上巻と下巻だけ持っていて、中巻がなかなか入手できない。

私と同じように、以前の大聖堂も読み直したい人が多いのだろう。

どこの書店を探しても、なぜか中巻だけが抜けている。

大阪でも大型といわれる書店(紀伊国屋梅田店、旭屋書店梅田店、難波店、ジュンク堂書店堂島店、ヒルトンプラザ店)を探しまわったが・・・

どこも品切れだ。

う〜ん、入手できないとなると今まではそれほど気にならなかったのに、すごく欲しくなってしまう。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

OPDES ナショナルチャンピオンシップ

今回の主役はファイナルを走る千夏です。
(とはいえ、ベテランズとしての参加ですが・・・)

アジリティをする犬も高年齢化が進んでいるのかシニアクラスも、年々増加傾向にあります。
ラージクラスを走っている犬は大半セレナと同じぐらいの年。
2000年生まれの犬が多いけど、中には97年生まれのフラットが居ました。

あの年齢で走れるってすごいなぁ。大事にしてもらってるんだろうなぁ。

セレナもダイナもぼたんも今日は応援隊。というよりリンクの隣にあるドッグランで遊んで、時折知り合いや友人が走る犬を応援するという気楽な身分です。

IMG_0502.JPG

私は気楽でいいけど、セレナもダイナも物足りなさそう、というかふてくされ気味で走っている犬たちを見てましたけどね。
自分だけなんでこんなところにいるんだろう?という顔つきで。

お友達と記念撮影

IMG_0508e.jpg

期待の新星はるちゃんと、頑張ったすずちゃん、&うちのいぬたち
続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

競技会の傍らで

ななちゃん一家には、競技が終わったあと、GRTのデモを見せてもらいました!

GRTとはガンドッグレトリーブの略で、本来は回収犬(レトリバー種など)がよく出るスポーツです。出るクラスにもよりますが、1個または複数ダミーを100m以上(ときには何百M)離れた場所、ブッシュ(草むら)や湖、などから回収してくるというゲーム。

今回ダミーは3つありました。ナナちゃんのパパが犬に声をかけてから、3つ別々の方向へ投てきします。
犬は一番最後に投げたものを覚えやすいのですが、最初のは忘れやすい。でもナナちゃんは3つともきちんと覚えていて、言われた通りの順番でダミーを回収に行きます。
最初は右側のダミーに向かわせた後、一度ストップさせて左側を先に!と指示を変更することもあります。おお〜っ!

GRTは牧羊犬のトライアルと同じように、笛を使って犬をコントロールします。間違った方向に行くと犬を一旦停止させ、正しい方向(前後左右)にふります。へぇ〜

ナナちゃんのお父さんからダミーを借りて、さっそく試してみることに。

IMG_9753.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 09:51| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

神戸でレストラン

神戸には星の数ほど美味しいレストランがあるけど、せっかくだから異人館の中でどっぷり雰囲気に浸かって食事をした〜い!

というわけで、今回の神戸観光の目玉企画は100年以上前(正確には明治41年)に建てられた館で営業をしているレストラン、

グランメゾン グラシアニ

IMG_0411.JPG

IMG_0413.JPG

外観は、下見板張で当時の面影をとどめるものの、中は白とピンクを基調としたリージェンシースタイルに改装されてます。

IMG_0418.JPG

さてお料理の方ですが

続きを読む
ニックネーム てんてん at 17:39| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸元町付近

やっぱり南京町には足を運んでおきたい

IMG_0399.JPG

旧居留地が近いこの付近には何の変哲もない古いビルが沢山ある

IMG_0393.JPG

その分テナント料金が安いのか中はちょっとした雑貨屋屋さんや服、アクセサリー、アンティーク、ジュエリーショップなどがある。

IMG_0389.JPG

IMG_0388.JPG

しかしこんなところでもついつい犬用の首輪に手ごろなリボンなど探してしまう。
おっ、可愛いの見つけた!

続きを読む
ニックネーム てんてん at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸 北野界隈

毎年友人たちと春出かける。

犬関連のグッズを扱う店も多いので、犬たちをお伴に連れていっても良いのだけど。。。

少し昔のハイカラな雰囲気を残すこの街並みでは、農村に居るのがお似合いの作業犬系統はなんだか浮いてしまう気がする。

というわけで犬たちは毎度お留守番です。

ちょっと小奇麗にして普段決して入れない店に行くぞ〜!

IMG_2031.JPG

日傘なんかもさしてみる

IMG_2024.JPG

神戸は山が近いので坂が多い。健脚の人向けの街かも。

IMG_2052.JPG

旧居留地の名残の花壇、今はなかなか作らなさそう

IMG_2053.JPG

震災でダメージを受けた神戸大丸。外観は昔のまま。
柱時計の飾りにある帆船がお洒落




続きを読む
ニックネーム てんてん at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

葵祭

明日5月15日は葵祭です。

京都では昔から「まつり」と言えば葵祭を指しました。

IMG_9738.JPG

源氏物語では源氏の正妻「葵の上」の家人と、愛人の「六条御息処」家人が見物場所を巡って車争いする場面で有名だ。

最近では「鴨川ホルモー」の出だしが「葵祭」でバイトに来ている学生をクラブが新人勧誘する場面からはじまる。

春、京都にある大学の学生課の掲示板には、大抵「葵祭の臨時バイト募集」の広告がのる。御所から下鴨神社を抜け、上賀茂神社へ歩いて平安時代装束をきて、行列についてゆくバイトだ。着るものはバイトに出た子によると下着とペラペラの頭からかぶる貫頭着。

3大祭りの中でも比較的時候の良い時期あるので、うすら寒い時代祭や、倒れそうに暑い祇園祭よりはマシということで参加する学生も多い。ちょうど下鴨神社から上賀茂神社へ向かう道は大学の傍らの川べりを歩くので、ちょっと抜け出して知り合いたちを見物に行くこともできる。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

たんぽぽの庭

奈良の郊外にあるドッグランです。

たんぽぽの庭

IMG_0474.JPG

IMG_0437.JPG

行ったときはもう閉園時間(6:00)間近ということもあり他のワンたちは誰も居ませんでした。

IMG_0440.JPG

IMG_0459.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

ぼたんとトレーニング

クリッカーってご存知ですか?

クリッカーは、犬が学習中の動作をした瞬間を音でマークして伝える道具です。

最初、クリッカーの音は何の意味も持ちません。

ところがクリッカーをならす度にご褒美を与えていると、犬は「クリッカーの音=ご褒美」の意味を理解するようになります。

===

最初は出来るだけ沢山クリッカーを鳴らす方が、犬が仕組みを覚えやすいので、少しでも好ましい動作をすれば鳴らし、どんどん餌をやります。犬がこちらを見た、クリック。前で座った。もちろんクリック。並んで歩いた。面白い動作をした。伏せた。なんでもOKです。

もっと省略したければ、何度か鳴らし、そのたびに餌を与えるというイージーな方法でも良いようです。

しばらく続けるとクリッカーの音=餌を意識するようになるので、それから自分の教えたい動作をマークしてゆきます。

===

たとえばぼたんに「お手」を教えるとします。
ぼたんが前に座ったら「クリック」そしてしばらく観察します。ぼたんが焦れて「こちらに両手をかけた」クリック。立ち上がった。これは放置します。座って手を地面から持ち上げかけたら「クリック」。

最初犬はわけがわからないので、すぐセッションは終了します。

翌日も同じように繰り返します。座った。クリック。手が上がった。クリック。何度かやると手をあげると餌が出るのを理解するので、上げるまでの時間が短縮されます。するとすぐクリックするのを止めて、次の動作を待ちます。

すると、犬はどうしたらクリッカーをならすことができるのか(おやつをもらえるか)を自分の頭で考えるようになります。

すぐ上げる以外の動作、こちらによる、腕をつかむ、クリッカーを触ろうとする、長く上げる、別の手を上げる、全てOKです。偶然お手が成功したらジャックポットと言って、パチンコの大放出状態で沢山褒めます。そして欲張らずやはりすぐ切り上げます。

競馬で大当たりしたとき、やめられなくなるのと同様に、犬も大幸運な事態はよく記憶します。次は望む動作に近いことをもう少し短い時間で引き出せるようになります。

成功し続けるようになったらコマンドを添え、完成形に近付けてゆきます。家など狭い場所で楽しみながら、芸を教えるのには便利な道具です。300〜500円ぐらいで売ってます。

というわけで、ぼたんにお手を教えてみることにしたのですが。


<引っ張り娘ぼたん、セレナの血だろうか。。。>

hiparu04281.JPG

<ぼたんといえば、この色。中国の長安ではぼたんの花は金持ちの象徴で、裕福な人が栽培することが多かった。科挙(中国の官吏登用試験)に合格した人は、合格すると長安中の金持ちの御宅を訪ねてぼたん鑑賞ができるという特権があった>

botanbohana04263.gif
続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

四国ブロックのエントリー

四国ブロックの期限が昨日だった。
特に遠征しない限りは、上半期の決算に当たる。
できれば後悔したくはないものだ。

何に出そうかなぁ。

郵便局で申し込むための現金書留封筒の宛名を記入しながら方杖をつく。まだ決まらない。。。

ダイナは先日の大阪トレーナーズで派手に大失格を2日間続けた。

ラージ二頭の重複出陳はおっちょこちょいで不注意の私には無理なのかもしれない。

大体どれか1つ、ひどいときは2つ検分なしで走る種目がある。ボロボロも当然だ。

<ガソリンスタンドの脇の家で咲いていたぼたん>

botanbohana0426.JPG

botanbohana04261.JPG

<うちのぼたん>

bota04261.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:34| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

造幣局の通り抜け

大阪ではこの時期の名物行事。

でも気がつくと終わっていた(4・15〜4.21)

残念。

yaezakura0424.JPG

yaezakura04241.JPG

ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

朝の光景

朝、寝ぼすけの私を、犬たちが順番に起こしにやってくる。

一番最初にやってくるのはダイナとぼたん。
2頭は朝散歩(パパが連れ出してくれる)から戻ってくるなり、ドタドタと階段を駆け上がり、扉にドスドス体当たりして、威勢よく開け、布団から抜け出すまで周囲を2頭で暴れ続ける。

夜寝る前に読んだ本を蹴散らしたり、出かけに用意した服を踏みつけたり引っ張ったりするので、仕方なしに起きて2頭を追い払って扉を閉める。でも眠いとまた寝てしまったりする。

2頭が去ってまだ下に降りないと、セレナが登場する。
悠々とレバーハンドルを押して開け、起きるまで傍らでのんびり待機している。
目覚ましなどが鳴っていると、ついでに消してくれたりする。
起こしに来てるのか、何をしにきてるのかよくわからない。
服を掴んで起き上がると、お役目を果たしたとばかりに去ってゆく。

服をもたもた着替えていると次にやってくるのが千夏だ。
千夏にいたっては自分で扉を開けないので、扉の前でカサカサとひっかく音がする。眠くてさらに寝ていても千夏は扉の前でひたすら根気強く待っている。
気の毒なので開けてやると、満足げに傍らにきて床で丸まってしまう。千夏が丸くなっている姿を見るとまた眠気に誘われるので寝てしまったりする。

IMG_9563.JPG

また寝てしまうと、次は千夏以外の3頭が再度やってきて、部屋になだれ込んでくる。4頭も部屋に居ると窮屈で騒がしいことこの上ないので、さすがにそのころには目が覚める。春眠をむさぼろうとしても、犬たちが居るとなかなかままならないのが残念だ。

IMG_9851.JPG


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:23| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

踏青

ぼたんは今若犬盛り。

日に日に背丈は青草が延びるように大きくなる。

bota0412.JPG

なりは大きいものの、まだ若いぼたんは、トレーニングでも長い間集中が続かない。草花の匂いを嗅いだり、蝶を追いかけたり、池や小川でぼんやりし、空を横切る鳥の影を追う。

まだレッスン時間は集中しなければならない、と義務感を持つところまで至っていないのだ。以前よりはマシになっているのだけどね。

いずれは乗り越えないといけない壁だけれど、こう陽気が続くと人もほのぼのしてしまう。

ちょうど暦も清明節を過ぎたころ、昔は「踏青」といって野辺遊びに繰り出したころでもある。

薫風香る中若犬と一緒に萌え出たばかりの青草を踏みながら時にはそぞろ歩きも悪くないと思う。下にゆくにつれ、甘くなってしまうわ。

hanami0411.jpg

sakura04121.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:20| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

大阪城公園

ここは西の丸庭園が夜間ライトアップするので、夜桜見物で有名です。

庭園には仕事帰りの会社員が沢山繰り出します。

でも比較的に皆羽目は外さないかも。

20:00閉園ということもあるのですが。庭園の大手門の前は大阪府警と教会があって、警官が沢山配備されスリなどの警戒を促す車も頻繁に走ってます。

夜の公園としては防犯は良いほうではないでしょうか。

パトライトに照らし出され、いささか風情に欠けるところもありますが大阪らしい夜景です。

oosaka04012.jpg

enkai0410.JPG

oosaka04101.jpg

oosaka04104.jpg



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

花笑

只今花盛り。

今週末を待たないで見ごろは終わってしまいそう。

koen04073.jpg

sakura0409.jpg

buranko0409.jpg

sakura04092.jpg
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:19| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

マーリー

「世界一おバカな犬」というキャッチフレーズがついているので期待して本屋を後にしたが、本を読み進むにつれてどう考えてもわが家の犬と然程違いがないことが判明。

ほぼ千夏を除いた犬全てが、著者がおバカ犬クラブと名付けたクラブに十分入会する資格がありそうだった。

でも犬はおバカじゃないもん。

飼い主はそうかもしれないけれど。。。

近所の公園で

koen04071.jpg

kouen0407.jpg

yaezakura.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする