2010年09月05日

フリースタイルファンマッチ神戸 

昨日はまたしても36度を超えたようで、依然猛暑・酷暑が継続中の神戸。

その中で行われたファンマッチ。

開催場所は専門学校の屋内体育館。9階にあり窓は全開されているものの座っているだけで額に汗が浮かんでくる。

ただ出陳者の控室(犬たちの待機場所)は快適に空調されているので、耐えきれない人はそちらへ移動。でもほとんどの人は団扇や扇子片手に頑張って見てました。

審査員は島田有紀子先生と高山美佐先生。お二人ともWCFOの審査員資格を持っていて審査もその基準で行うそう。

11月のOPDES、WCFOの大会まで残り2カ月ということで、両大会に出たい人にはちょうど都合が良い。

というわけでセレナも今シーズン用のルーチンで挑戦。

なお、撮影は自分のみ撮って良いのですが他の人は認められてません。公共に出して良いかどうか?よくわからないので今回も画像はありません。

<先週の水遊びが恋しいセレナ>

sere1009041.JPG


続きを読む

ニックネーム てんてん at 17:03| Comment(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

IN THE MOOD FOR DANCING

「明日があるさ」ジョージア版は会社員にとっては身近な素材で構成された歌です。

衣装は会社員風のスーツとジャケットが良いのかもしれませんが、前回「第3の男」でジャケット、パンツを着用してますから、同じような服というのもつまりません。

OLが歌うのならブラウスとスカートでも良いか、と派手なピンクのブラウスと今年はやりのレースのスカートに衣装を決めました。
タイトスカートとか、制服風のベストとか着用しても良かったかもしれません。

小道具はなし。

今回は日本語の歌ですから、歌詞をなるべく表現できるような組み立てにしてみました。


続きを読む
タグ:発表会
ニックネーム てんてん at 00:48| Comment(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

明日があるさ

お友達のMamiさんが主宰するSWING TAILの発表会にお邪魔してきました。

うちはいつも申し込んでから、曲も振付も衣装も演出も考えるという泥縄ですが、ダンスはアジリティと違って機会が少ないので、あれば出来るだけ出してやりたいところ。

さて今回はウルフルズの「明日があるさ」を選びました。

ジョージアのCMでお馴染み、テンポが良くて、歯切れがよく、誰もが知っているわかりやすい曲です(ここが肝心)

なんせ時間がないので、鼻歌で歌えるぐらいでないと、練習できません。

お天気が悪い日が多かったので、セレナと練習が難しくなり、頭の中のシュミレーションと、会社のトイレ?や会議室を使ってこっそりステップを踏むパート練習がメインとなります。

animo0425.JPG

sere0425.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:23| Comment(4) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

Let's ダンス

先週は二十四節句では「雨水」1日、2日をのぞき雨続きの1週間でした。

先週末には「啓蟄」に変わったにもかかわらず、週末も雨模様となりました。

ボタンのアジ錬は中止しましたが、幸いながらダンスの練習は屋内です。

さて今回はオープンクラスということで、教室の生徒でなくても飛び入り参加が可能。ヨシ、行ってみよう〜!

ということでビギナークラスの練習に初参加してきました。

sere0307.JPG

<練習が終わった後、Tullys で一休み>

続きを読む
ニックネーム てんてん at 22:14| Comment(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

Shall we dance with dog?

さて初めてのお披露目です。

初めての場所で、セレナは集中できるでしょうか?

近くにあるスピーカーから、それぞれが使う音楽が流れてきます。

思っていたより大きなボリュームで、曲の出だしや盛り上がりの部分は思わずギクッとなります。コマンドがちゃんと聞こえるかなぁ。。。

後ろはアジリティーのリンク、そこに置ききれないのか、ダンスのリンクにも途アジリティ用のトンネルが2つ並べて置いてあり、まるでトラップのようでさらに不安を煽ります。

セレナはスピーカーからの音と、周囲の様子に最初こそ緊張した表情を一瞬浮かべたものの、時間とともいつものようにリラックス。

さすが年の甲。

domu0206.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:33| Comment(6) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

わんにゃん名古屋ドーム

名古屋で開かれた わんにゃん名古屋ドーム2010 に行ってきました。

先月、OPDESのフリースタイルに出場出来なかったので、今回こそデビューを飾ろう〜♪♪♪

普通はもっと出来るようになってから申し込むのでしょうが。。。

どこかの教室に習いに行っているわけでもないし、遠慮することもありません。
ともすれば、いつかやりたいな、という気持ちだけで終わりそうになるので、何とか弾みをつけたい、という一心でぎりぎりまで悩んで、思い切って申し込むことに。



さて、何を踊るか?

普通はゆっくり時間をかけて構想を練り振付から演出や衣装、小物を工夫するのですが、前使おうと思っていた曲は、その後の出来ごとのおかげで、イメージダウンしており、きちんと完成させよう、という意欲がわきません。

全く違う曲目がいいな、、、ということで映画「第3の男」から題材を頂くことにしました。

テーマに使われているアントンカラスの曲は昔から大好きで鼻歌でも歌えます。映画の中からアイデアを頂けば良いので衣装も小物もあっさり決まりました。
問題は振付です。出来れば、追いつ追われつのような動きを再現したいところ。

幾つかルーチンを考えてみたのですが、今の実力では到底実現不可能で、結局無難に旅先での出来事、という曖昧なテーマでゆくことにしました。

sere0206.JPG



続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:21| Comment(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

MK−9フリースタイル

今回はHTM(ヒールワークトゥミュージック)とMF(ミュージカルフリースタイル)の部門に分かれて、一番下のスターターからビギナー、ノービスクラスに分かれてました。あと団体のカドリールという部門があります。

WCFOの方は同じくHTMとMFに分類されてますが、一番最初に来るのがサッシーシニアと呼ばれる部門。

つまり9歳を超えた犬がエントリーできる部門です。
もちろん、9歳を超えていても加齢の進行度合いは犬によって異なりますから、シニアでなく一般に出ても構いません。普通シニア部門に移ると現役からは引退して純粋に楽しみのために出る、という感じなのかな?と思っていたけど、もちろんシニア犬部門にエントリーしても実績をしっかり残してゆけば、CHになることも可能なようです。

今回はエントリーがなかったのですが、ハンディダンディ部門があり、人または犬にハンディキャップを持った場合も、事前にどういう障害が申告しておけば、その人と犬に合わせて審査してくれます。

たとえば足や腰が悪くなってしまった、交通事故にあってしまった、先天的に心臓病などがあって過度の負担をかけられない、視覚や聴覚がほとんどない、人は車いすや高齢の場合、やはり色んなハンディを持った人に対して適用されます。ミシェルさんの話では指先しか動かせない人も挑戦しているということです。

これはとても嬉しい配慮です。加齢は人にも犬にも避けられないこと、ハンディを持った人にも同じように活躍したりタイトルに挑戦する権利が与えられるのですから、励みになりますよね。

セレナは60の手習いならぬ9歳から練習を始めるということになりますが、目録を見ると若い犬たちに混じって9歳〜12歳ぐらいの子も沢山エントリーしていました。この中ではまだまだ現役でいられそうです。

nozoku1213.jpg

8歳の空ちゃんと一緒に9階に敷設されたリンクを10階から見学。

すっかり気があって、熟年夫婦のよう

kusere1213.jpg

ニックネーム てんてん at 07:14| Comment(4) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

OPDES/WCFOフリースタイルコンペティション in神戸2009

ドッグダンスの競技会(コンペティション)というのは日本では(特に関西では)あまり一般的で無かったのですが、今回OPFDESとWCFOがタイアップするという形で、ダブルタイトル開催ということになりました。

WCFOは現在アメリカ、カナダの北米をはじめとして、ヨーロッパや、アフリカなどワールドワイドでドツグダンスの普及推進している団体で、この団体の基準が今は概ねドッグダンスの基準となっています。

今回はWCFO創始者のパティベンターさんと、トップスタイラーのミシェルさんが来日して審査員を務めるということがあらかじめ告知されていました。ジャッジにこれほどの人が来るというのはすごい。

それにWCFOに参加しようと思ったら今までは関東圏に出向かないといけなかったのですが、何と神戸で開いてくれるというのですから、泥縄だろうと何だろうととにかく記念に参加しよう!ということになったのですが。。。。

sieratonmae1213.jpg

会場の神戸動植物専門学校の向かいにあるベイシェラトンの前で




続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:32| Comment(2) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

ダンスの小道具

フリースタイルの場合は、どの位置にも犬を動かすことが出来るので、創造的な効果を高めるためにも、小道具はよく使われます。

ステッキや傘などのように動きを助けたり、複雑にするほか、ケープやボール、バスケット、造花などなど演出効果をよりドラマチックにするためによく使用されます。

クリスマスが近いですから、華やかな造花やリースなんかを持来させてみても良いかも。。。ただ持たせるのは芸がないので、カバンから取り出させることにしてみよう。

セレナは手先は器用な犬なのでカバンを開けるのはお手の物なのです。
(多分スリや泥棒の相棒になれば大いに役立つことでしょう)

普段はこそこそとカバンを開けて会社でもらった飴玉などを盗み食いをするなど、良くないことにばかり使っている技ですが、この際その技を役立ててもらいましょう。

というわけで、小道具を探しにホームセンターへお出かけ

rise1211.jpg
続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:50| Comment(2) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ダンスの衣装

ダンスの採点の中には、衣装が選んだテーマに合っているかどうか?という採点項目がある。

つまりクラシカルなバレエ音楽を選んでいながら、メタルな飾りの沢山ついた穴開きハードな衣装で登場するのはNGということになります。また襟ぐりが大きく開いたものや露出度の高いセクシーな衣装も減点対象です。

選んだ曲はガーリッシュなかなり若づくりの曲。

となると、テーマに合う衣装を調達せねばなりません。

タンスなんか開けても、入っているはずがない。

上下黒のパンツとセーターなどのコスチュームは万能ですが、体型に自身が無くなってきた年齢ではあまり着たくない衣装です。

というわけでティーン向けの服を揃えた店に思い切って行ってきました。



続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:22| Comment(4) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ダンスの申し込み

以前から一度やってみたかったミュージカルフリースタイル。
略してMFと呼ばれています。

野次馬根性で、申し込んだら、大会事務局からさっそく電話がかかってきました。

「ルーティンに使う音楽を教えてください」

その時まだ何を使うのか決めてなかったので、「少し待ってもらえないでしょうか?」と聞くと、著作権法で公に流して良いかどうか確認しないといけないからすぐ決めてくださいとのこと。

なぬ、そうか〜。

2,3曲使いたいな〜と漠然と考えていた中から、とりあえず頭に浮かんだ曲を告げておいた。

「時間は何分にしますか?」とまた事務局の方から質問。

う〜、その曲が何分だったか定かに覚えていない。多分3分は超えていただろう。
がまさか全部使うわけにいかない。適当に「2分」と返事して電話を切った。

さてそこから今までしたことのない苦労がはじまった。

watobi1.jpg

watobi7.jpg

せれぽんの輪とび。ルーティンに入れても面白そうだけど、曲に合わせるのは難しそうだ。



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:47| Comment(6) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする