2010年09月30日

山のあなた空遠く

山の彼方空遠くには、幸福があると言われている

yamanoanata1.jpg

yamanoanata2.jpg

ぼたんは風をわたって空のとおくとおくへ行ってしまいました。

いつかまた違う形で会えるでしょうか。

わが家に残った犬はまだぼたんの不在に慣れない様子で、時折門のところで待っていたり、家に入るときも中で誰かが待っているかのように、バタバタと部屋を覗きこみにゆきます。
以前ぼたんが使っていた車の移動用ケージには今ダイナが使っていますが、まだ慣れないのか以前の座席に走ってゆくことが多い。

それでもダイちゃんは回復基調にあるが、セレナは相変わらず病がちだ。

IMG_0855.JPG

この頃わが家はすっかり病院と縁づいてしまったらしい。






上から順に並べると

セレナはついこの間まで、耳かゆくて(ダニーとかではない)掻き毟っていた。耳薬などを指したりしていたが、あれよあれよという間に耳に大きな血腫が出来てしまい真っ赤に膨れ上がってしまった。

特に命に別条はないらしいが、治ることもないらしい。
血腫ができる原因というのも不明で、垂れ耳の犬も多いが、立ち耳の犬にも出来るらしい。
外傷やストレス?によるというものから自己免疫疾患という説もある。

違和感があるためか、掻き毟る犬が多く破れて細菌感染したりすることも多いため、外科手術でとりさるか、内服薬をのむか、ステロイドを注射するとかいう療法もあるそうだ。

どの療法も一長一短らしく、あう犬にはあうが、あわない犬にはあわないらしい。外科手術が根治療法だが、手術した後の管理が大変らしく耳の変形を防ぐため犬は大きなカラーをつけ、不便な生活を余議なくされる。

とりあえず方針が決まらないため、穿刺して血を抜いてもらった。放置しておくと、血の塊ができてしまい耳の形が元に戻らなくなるらしい。

2つ目は、皮膚炎。これも痒いらしく、気がつくと常にボリボリやっている。
セレナのケージの周りは抜けた毛だらけだ。
これも細菌性皮膚炎という、診断が出ているが、内服薬を飲んでも今ひとつ効果があるのかどうかさだかでない。

痛みには強いセレナも痒みにはどうも耐えられないらしい。

3つ目は、尻尾の外傷だ。これも多分上二つからのストレスか、毛が生えかけたかな、と思うとすぐ噛んでしまう。
抗生物質を服用してるから、今のところ腐ってくるということはなさそうだが、自傷癖というのも直しがたいものらしい。
ビターアップルを塗っておくとかいうのもあるらしいが、セレナにはビターアップルもオレンジも全く効き目なしだ。

血腫のためにはカラーをつけておくのが良いが、ストレスで体を噛んだり、尻尾を噛む度合いがひどくなるから、結局つけられない。

結果としてセレナは哀れな有様に。

ぼたんよ、遠くへいっても母を支えてあげてね。

ニックネーム てんてん at 00:15| Comment(8) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆、はやくよくなって!
Posted by ロック父 at 2010年09月30日 06:28
悪いことはいっぺんに来ると言いますが、
これっきりでお終いになりますように。

セレナちゃんのショックは大きかったのでしょうね。本当に可哀相です。

ちなっちさんも大変ですがワンちゃんたちがこうだと頑張らざるを得ないですね。お体を大切にこの時期をやり過ごしてください。
Posted by スズまま at 2010年09月30日 08:12
犬にも厄、厄年ってあるのやろか・・・??

自分の厄年、いろんな災難が一挙に降りかかってきたのを思い出した。
Posted by at 2010年09月30日 08:44
ロック父>

ご心配おかけしてすいません。
本当、帰るたび犬を見るのが辛くなる。
(とはいえ見ないわけにもいかない)
一度歯車が狂うと戻すのが厄介ですね。
Posted by せれまま at 2010年09月30日 23:28
スズまま>

病を得ると健康だったときのありがたみがわかります。本当健康が何よりだわ。
セレナは賢い犬だから、ときには覚えてなくても良いことや、考えなくても良いことまで記憶してそう。
それはそれで辛いことなんでしょうね。
辛いことばかりが続くわけではないでしょうから、塞翁が馬と思いやり過ごすことにします。
Posted by せれまま at 2010年09月30日 23:52
父>

犬にも厄年あるんでしょうかね。
毎年初詣には連れていってるんだどなぁ。

思えば今年の初めから病院と御縁の無かった月はほとんどない。
保険に入っておくべきだったかなぁ。
窓口でレシートをもらうたび、これが3割負担だったら良かったのにとつくづく思います。
Posted by せれまま at 2010年09月30日 23:59
しばらくご無沙汰してて、先程ぼたんちゃんの訃報に接しました。今頃のコメントでごめんね。
それにしてもあまりに急だったんですね。本当にショックです。しかも病名はわかってもその原因がよくわからないとは・・・尚更辛いですね。

ダイちゃんやセレナちゃんまでこんなことになって、すごく心配ですが、くれぐれもせれままさんまで共倒れしないようにね。

ぼたんちゃんが見守ってくれてると私は信じてますよ。
Posted by ななママ at 2010年10月01日 20:58
ななママ>

お悔やみありがとう。
急転直下の展開で、ほとんど誰にも知らせる間がなかったんです。
同じスクールに通っていた人も、日曜日元気に練習してたのに、次の土曜日にお葬式となったものですから咄嗟に声も出ないようでした。
命の儚さを思い知らされた気持ち。
生きてる一瞬一瞬が本当に貴いものなんですね。

ダイちゃんは若いからだんだん元気を取り戻しつつあるみたいですが、セレナは私同様凹みきってます。
ぼたんは家に残ったセレナの娘でしたから早く逝ってしまったのは堪えるのかなぁ。

辛い中ですが、どこかでぼたんが見守ってくれていると信じたいです。

Posted by せれまま at 2010年10月03日 08:16