2010年06月14日

静岡東トレーナーズクラブアジリティー

今回の会場は富士山麓に広がる朝霧高原。

各地で日曜日は梅雨入り宣言が出たものの、曇り空でしたが、涼しいしのぎやすいお天気でした。

さてぼたんは先日(四国)でのJP、AGのダブル失格という憂き目を晴らすことが出来るでしょうか?

===

JP1

一度らしいコース。ほぼ最後まで走れそうな感じ。

障害と障害の間も広く気持ちよく走ってくれそう。

スラロームのエントリーがロングジャンプの次というのが若干もたつくことが予想される。

経験値の低いぼたんはまだスラロームを狙って入るということは出来ない。

ガイドしたくても直線に配置されたバー、とロングジャンプでハンドラーとの差は開くからサポートは無理。

このあたりがPRできるかどうかの分かれ目だろう。

===

AG1

これも一度らしいコース設計。

きちんとコントロールされた犬ならPRする確率がかなり高そう。

ぼたんにPRを望むのは時期尚早としても、タッチだけはきちんと踏んで最後まで走ってほしいものだ。

さて結果はいかに。

<マリン君とひさびさの邂逅>

marin0613.jpg

<今シーズンは出番のないダイちゃん、競技が終わってから遊んでもらいました>

daidai0613.jpg

===

JP1

元気よくスタートしたぼたんは案の定、ロングジャンプを跳んだ後スラロームのところで振り返ってしまった。

その上、ソフトトンネルに入ったと思っていたのに、傍らを通り過ぎていった。

ソフトトンネルは前回競技会で使ったきりだから、障害という感覚が乏しかったのだろう。

入るまで見定めていればよかった。これはハンドリングミスだ。

それでも何とか完走したからまずはOKとしよう。

===

AG1

これまた張り切ってスタートしたぼたん。

ゆるい左旋回の3本目でバー落下。ここで早々にPRの夢は消えた。

課題のドッグウォークとAフレームはきちんとスピードダウンしてタッチクリア。よしOK。

あとはシーソーだけだ。きちんとシーソーと認識するようぼたんがシーソーに乗った後「シーソー!」と叫んだ。

このコマンドの大きさに驚いたぼたんが「えっ?」とばかりに振り返り、降りてしまった。。。

あ〜あ。やり直しは上手くいったものの、競技会だからと言って余計なことはしないほうが良いという見本でした。

スラロームはゴールを目前にした私がそちらにさっさと走りかけたのでぼたんがついてきてしまい失敗。

まだまだ互いの癖がわからずぎこちない走りとなりました。

それでも完走はしたからヨシとしよう。。。

===

おまけ

AG2(セレナ)

クラブ展らしい二度と三度の人、両方楽しめる2.5度設定のコース。

直線トンネルとDW以外(苦笑)直線に走れる場所はなく、中抜き、360度、背面など盛り沢山。コース全長178mと三度に近い感じ。

出だしのあからさまに正面に見えるトンネルトラップはクリアしたものの、直線トンネルの処理に苦戦。

トンネルの出口、左右にバーが配置されていて左がわを背面から飛ばせるという趣向だ。

これはハンドラー脚力不足のため、トンネル出口につくのが遅れてしまい、そのためセレナは跳ぶバーの反対側に出てしまった。

ここを何とか連れて引き戻したもののラインがスラロームに向いてしまい、正しい障害(レンガ)へ立て直すのに一苦労。

がたがたになった。それでもカンの良いセレナに助けられて無事ゴールイン。

走った!という気分になれたコースでした。

動画はぼたんのAG1からです



動作の1つ1つがまだぎこちないです

ニックネーム てんてん at 22:19| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼたちんカワイイ〜
私もさわり程度ですがアジもやってみると難しいです(^_^;)
それにしても
ママさんの情熱と行動力は凄いっ
動画、何度も拝見させてもらいます!
Posted by nori at 2010年06月16日 13:00
noriさん>

この動画は失敗だらけのものですから、イメージトレーニングとしては余り良くないかも?
とりあえずタッチだけは上手くいったかな〜という感じ。(シーソーは大声にびっくり!?してるから全部ではないのだけどね…ぼたんは普段ディレクションコマンドだけだから)
パンチ君も頑張ってますね。
一緒に参加出来る日を心待ちしていますムード
Posted by せれまま at 2010年06月17日 08:12