2010年05月19日

四国ブロック訓練競技会1

今日の出番はセレナだけ。

今までずっと敬遠してきたCDXをようやくこの齢にしてとることにしたのである。

もちろん四国ブロックの丸亀の会場は暑いことは事前に十分わかっていた。

以前OB1を四国で受験したときも、日差しと立ち上る熱気でふらふらになったことがあるからだ。
だから3〜5月にかけて試験を受ける会場を探しまわったのだが。。。

3月はダイちゃんの具合が悪くて準備が出来ず、4,5月は偶々私が電話したところ(舞洲のショー会場、京都のトレーナーズクラブ)もCDXの公開試験を受け付けてくれなかった。

6月のドラハの訓練競技会まで待つか・・・と考えたのだけど、3月に公開試験を受験したぼたんと併せて登録を行いたい。

6月だと3ヶ月以内に登録という期限に間に合わない可能性もある。

悩んだ末、やはり四国ブロックで受験することに。

CDXともなれば30分以上はゆうにかかるはずだ。セレナも私も熱射病にならなければ良いのだが顔(汗)

<還暦に近いセレナ、赤いチャンチャンコならぬ赤い首輪を装着(見えないけど)>

IMG_0650.JPG

<まだ2歳過ぎ(今のぼたんと同じぐらい?)のセレナ、会場は江戸川河川敷>

s010l.jpg

<はるかに精神的にしっかりしていたような気がする>

s009l.jpg

<出ていた犬たちも今は皆どうしているのかな?>

s013l.jpg



何故敢えて今頃受験するに到ったかというと、セレナはもう訓練競技会から足を洗っても良いだろうという気がしたからだ。

いつかOB3を受験してみたいと思っていたのだが、何時までたっても開かれる気配はないし(今年の秋ぐらいという話はあるのだけど)、他にトレーニングの必要のある若犬が2頭も居るし、ダンスまで始めたのだから、暇もお金もいくらあっても足りないのだ。

ただ受験を急いだ最大の原因は「老化」である。

どうも耳が遠くなりつつあるらしい、

というのは以前から時折感じることがあった。この頃すぐ後ろに居るにもかかわらず、名前を呼んでも全く反応しないことがある。

まだ10歳にもなっていないのに…

でも人に換算すれば還暦より少し前と言ったところだから、少々体にガタがきてもおかしくはないだろう。同じぐらいの子の中には白内障になりかけてたり、歩行が難しくなってきて手術になった子もいる。

たとえ少しぐらい耳が悪くなったって、他の五感を働かせれば飼い主の意図は察することが出来るので特に日常生活で不便は感じては居ないのだけど、訓練競技会は視符も体符も基本は使えないので、非常に不利になのだ。
(その点ダンスは何でも使い放題だから、ハンデに合わせることが出来る)

受験する気があるなら少しでも早いほうが良かろう、ということでこんな時期で受験となったのでした。

では、いざ出陣!


ニックネーム てんてん at 23:23| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント