2010年04月24日

ダイちゃんの帰還3

ダイちゃんが構わず玄関をそのまま通過しようとすると、ぼたんはいきなり体当たりをくらわした。。
一瞬唖然としたダイちゃん。咄嗟の事態に対応できない。

ぼたんはそんなダイちゃんを睨みつけながら、少ない毛を膨らませ、尻尾を高々と掲げ、優位を強調している。
ダイちゃん、は討ってでるべきか、ここは引くべきか、一瞬と惑った表情を浮かべている。

退院したばかりの犬にそれはないんじゃないのか。といくらなんでも卑怯な行いだぞ、

と人は考えてしまうのだが(多分)動物の世界はもっとシビアなのだろう。

irasuto04241.jpg

irasto04242.jpg

とはいえぼたんにこの家を采配させる気はない。

睨みをきかせるやさぐれぼたんを横にどかし、とりあえずダイちゃんを連れて入った。

久しぶりの我が家につき、居間を点検した後、緊張しているのか水をがぶ飲みするダイちゃん。
背後にはダイちゃんの動きを監視するかのように、ぼたんがひたひたとつきまとっている。

しばらく緊張状態が続いたものの、ダイちゃんが反撃する素振りを見せないので、ぼたんは居心地の良いクッションに丸くなった。

ダイちゃんは少し離れた絨毯に移動しそこでようやく落ち着いた。



以降、ダイちゃんの地位は下がってしまった。

散歩で歩くときも後ろの方だし、オヤツをもらう場所も後ろの方。私を中心に囲むときは端の方へ。
水のみ場の順番すら、ぼたんの方が先だ。

体力気力が戻ってぼたんと勝負できるのは何時の日だろうか?

irasuto04243.jpg


ニックネーム てんてん at 12:46| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイちゃーん。がんばれ!!!
一旦順番が変わってもすぐにもどるんでしょうか?
怪我はもう大丈夫?
我が家はひっくり返ったままで、ロックが全く反撃しないようなのですが、Fayは苦手な犬との間にはロックを挟むし、Fayが勝手に鳥を追うとロックが体当たりをして引き戻そうとしたりします
本当はどっちが上位なのか?
分かりやすそうで、よくわかりません

いずれにせよ、ダイちゃんの早期復活を期待しています
Posted by ロック父 at 2010年04月25日 03:49
ロック父>

ダイちゃんに応援ありがとう〜
怪我はまぁ、3歩良くなって、2歩下がりぐらいかなぁ。
なかなか、パッと回復とはいかないですね。
まだ傷口には包帯を巻いてます。
カラーもつけてます。

家に戻ると、やはりぼたんに負けたくない!と思うんでしょうね。何かと無理しがちです。
どちらもより高いところに登りたがりますし、玄関先や車の扉ではガウガウと先陣争いを繰り広げてます。
今日はダイちゃんがぼたんを負かしたようで、オヤツをもらうときは前に出てきました。そろそろ復調かな?
Posted by せれまま at 2010年04月27日 22:18