2010年04月09日

ダイナの再入院

火曜日からダイナは再入院している。

またしても傷口が開いてしまったからだ。

ダイナは先週土曜日に抜糸したところだが、今回は縫合口も綺麗で乾いており、カラーも久しぶりに外すことが出来たのに、またしても病院に逆戻りました。

一体何かダイちゃんに起こったのか?

saku0408.JPG

hana3031.jpg

hana0409.jpg

病院でレントゲンを先生達が食い入るように見ている。

一つはっきりしたのは、ダイちゃんの傷は表層に留まらず骨まで届いていたこと。

僅かな窪みと剥離した小さな骨片が写っている(0.2ミリだって)

ただこのくらいのサイズなら普通吸収されて問題にならないことが多い。
もしかしたらレントゲンに写っていない損傷があるのではないか?

そしてどうやら手首のあたりに関節炎を起こしてるとのこと。

関節周辺の軟骨組織から滲み出てきた滲出液が傷口に溜まってしまい、その内圧が高くなって縫合が外れてしまったらしい。

とりあえずまずは関節周囲の結合組織の異物の検索、と排膿である。

哀れダイちゃんはまたしても病院の身となってしまった。

これから一体どうなることやら

ニックネーム てんてん at 18:36| Comment(8) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらま大変ですね、
こうなったら、焦らず慌てず、
手を尽くし回復するまで、じっくり治療してね。
埼玉の山奥から祈ってます。
Posted by kindo1959 at 2010年04月09日 22:10
ダイちゃん大変ですね
よくみてもらってしっかりなおしてくださいね
犬にしては長い治療なので心配です
当方ロックをペットホテルに5日間預けたところほぼハンストだったようでがりがりにやせて帰ってきました。予想はしてましたが、今食べさせるのに必死です
Posted by ロック父 at 2010年04月10日 05:53
あらま…
ダイちゃん、がんばれー!!
お大事に(*_*)
Posted by タロママ at 2010年04月10日 07:13
どうすることも出来ないのが歯がゆいけど、とにかくお大事に。

せれままも気苦労が多いだろうけど、どうか無理せず焦らずに。

Posted by アーロン卿 at 2010年04月10日 17:14
kindo1959 >

ご心配ありがとうございます。
今春いっぱいは無理せずゆっくり過ごすしかありませんね。
今まで病気にも怪我にも縁のなかったダイちゃんですから、これでいい厄払いになるかもしれません。
Posted by せれまま at 2010年04月11日 14:28
ロック父>

心配してもらってありがとう。
ダイちゃんも入院中は2日に1回、半分口にするかしないかという状態でした。
前回の入院では1キロ体重を落としてしまって、今回入院するときもまだそれが戻らないままだったから、先生も私も困ってたんですが、今回は以前より食べてるようです。
まあ、今週いっぱいぐらいは出てこれないでしょうね。。。

Posted by せれまま at 2010年04月11日 14:49
タロママ>

励ましありがとうございます。
ダイちゃん病院ではとても良い子なので、看護師さんたちの評判は良いです。
家では悪い子だから、そのまま居ててくれたほうが良い子になるかもな〜と夢想することもありますが。。。
きっと巨大猫をかぶってるからストレスがより溜まるんでしょうね
Posted by せれまま at 2010年04月11日 14:52
アーロン卿>

預けてしまった限りはもうどうすることも出来ませんね。
食欲があまりないから、普段はやらないレトルトのリゾットや、缶フードを差し入れするぐらいかな。
ただ病院にお見舞い行こうと思うと5時半ぴったりで上がらないと、面接時間着けないのでそれが一番困るかな。
1本乗り遅れただけで、アウトだから辛いです。
Posted by せれまま at 2010年04月11日 15:01