2010年03月07日

Let's ダンス

先週は二十四節句では「雨水」1日、2日をのぞき雨続きの1週間でした。

先週末には「啓蟄」に変わったにもかかわらず、週末も雨模様となりました。

ボタンのアジ錬は中止しましたが、幸いながらダンスの練習は屋内です。

さて今回はオープンクラスということで、教室の生徒でなくても飛び入り参加が可能。ヨシ、行ってみよう〜!

ということでビギナークラスの練習に初参加してきました。

sere0307.JPG

<練習が終わった後、Tullys で一休み>

さて、最初はポジショニングの練習。

人の左側から始まって、右側、正面、反対側正面(人の膝、腰にお尻か尻尾がついて犬は前を見る)斜め45度、90度、背後と1つのポジションにつき5回づつ、コマンドをかけてゆく。

もちろん手の誘導、オヤツ誘導何でもあり。

ヒールは誘導なしでもセレナは大丈夫だが、右側となると誘導がいる。ポジションも真横でなく、少し行き過ぎたり、回りこんだりなかなか難しい。

同じように正面停座は問題ないものの、セレナはサイドのステップ(犬は足をクロスしながら正面位置を保持する)が上手に踏めないので、横移動するといつの間にか体が斜めになってしまう。

フロント位置できちんと出来なければ、90度や人と反対を向いてきちっとステップできない。

今まで出来なかったことが一瞬にして出来るわけではないが、楽しそうに尻尾を振っているセレナと遊ぶのは楽しい。

基本ポジションを一通りさらえたところで、人と一緒にステップを踏みながら歩いてみることに。

dance03071.JPG

人と犬が横一線上に3mぐらい離れてならび、床に引かれた線の上を真っ直ぐに進む。

説明のあとスピーカーから音楽が流れ出した。1,2,3,4、と先生がカウントを読み上げる。

音楽の出だしをよく聞いてワン、ツーと2ステップ大きく踏んで、小さく2ステップ、今度は逆サイドで同じことを繰り返す。慣れない私はこの時点で足がもつれてよろけている。

最初はヒールポジションで犬と歩き、次のステップで犬をくぐらせ、右サイドにつける。そのまま犬は真っ直ぐ歩くが人が動くことでどんどんポジションを変化させてゆく。

人のを見ていると簡単そうなのだが、自分の動きはおそろしくぎくしゃくしている。

Shall we danceのダンスを始めたばかりの主人公のような心境だ。

面白いのだけど、体がついてゆかない。

というわけで第1回目は終了。セレナはオヤツが大量に出るので終始尻尾をハタハタさせていた。

ご機嫌な様子だが、この調子だと樽のような体型になりそう。

ニックネーム てんてん at 22:14| Comment(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント