2009年12月14日

OPDES/WCFOフリースタイルコンペティション in神戸2009

ドッグダンスの競技会(コンペティション)というのは日本では(特に関西では)あまり一般的で無かったのですが、今回OPFDESとWCFOがタイアップするという形で、ダブルタイトル開催ということになりました。

WCFOは現在アメリカ、カナダの北米をはじめとして、ヨーロッパや、アフリカなどワールドワイドでドツグダンスの普及推進している団体で、この団体の基準が今は概ねドッグダンスの基準となっています。

今回はWCFO創始者のパティベンターさんと、トップスタイラーのミシェルさんが来日して審査員を務めるということがあらかじめ告知されていました。ジャッジにこれほどの人が来るというのはすごい。

それにWCFOに参加しようと思ったら今までは関東圏に出向かないといけなかったのですが、何と神戸で開いてくれるというのですから、泥縄だろうと何だろうととにかく記念に参加しよう!ということになったのですが。。。。

sieratonmae1213.jpg

会場の神戸動植物専門学校の向かいにあるベイシェラトンの前で






でも実はセレナは出番に間に合わず参加できませんでした顔(泣)

いつものように遅刻だろう・・・とお考えの人も多いと思うのですが、当たらずとも遠からず。とにかく所用で行くのが午後近くになってしまったのです。競技は8時スタートでセレナの出番は前から6番目でしたから、全然間に合いませんでした。

短時間とはいえ意気込んで用意したからすごくがっかりです。でもお友達の素晴らしい演技は間近で見ることができました。やっぱり動画でみるのと、実際目で見るのとでは感動が全然違うぴかぴか(新しい)

すごくショーアップされていて、アジリティーや訓練の競技会とはまた全然違う華やかさと、独自性がかなり強調されていること、また同じムーブやトリックでもそれぞれのペアによってガラリと変わるのが新鮮でした。
アジリティーがスピードスケートだとしたら、ダンスはフィギュアのようなイメージでしょうか。どちらもエキサイティングだし面白いです。

ただ会場内は撮影が禁止でVTRも写真も今回はナシ。
だからお写真もこんなところぐらい。

<出場者控室にて>

hokaesitu.JPG

出場者は控室がそれぞれ確保されています。
(ショーのパドックなどよりも断然広々〜)
皆さん本番までは普通の格好ですが、演技の前には当然ステージ衣装に着替えます。控室は小道具や衣装の保管場所、休憩室、犬の待機場所として使用。申し込んだグループや人によって8階(7階も?)にあるどこかの部屋が割り振られています。

9階が会場で、そこにメインリンクと練習用サブリンクが設けられています。

という感じで参加できなかったので傍観者としてですが、コンペの感想を書いてゆきますね。

ニックネーム てんてん at 00:32| Comment(2) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念でしたね・・・たらーっ(汗)
でもまたチャンスありますよ!
早くセナちゃんのダンス姿
見たいです!ぴかぴか(新しい)
Posted by てん&かいママ at 2009年12月14日 21:29
てん&かいママ>

本当に残念でした。。。もうやだ〜(悲しい顔)
でもまだまだ出るには早いぞ、という戒めかもしれませんね。
そう遠くないうちにまたイベントがありそうなので、次回は俄か作りでなく、準備万端で挑みたいと思います。
Posted by せれまま at 2009年12月17日 13:09