2009年11月08日

徳島北アジリテイークラブ

昨日より少し日が陰って程よいアジリティー日和だ。

せれぽん今日こそPRを頼む。

それよりまずダイちゃんの一度JPからスタートだ。

コース図についてはななちゃんのパパが書いてくれたコース図があるので、興味のある人はそちらへどうぞ

ななとお出かけ

結構難しいコースでゴールまで3回くらいどこかへ行きそうだ。

ダイナの順番を待っているとセレナの検分時間が迫ってきた。
重複出陳はこういうとき、ややこしい。

どちらを優先するべきか。

その前に可愛いセレナ娘、リノたんの一度デビューだ。

CIMG0365.JPG

CIMG0371.JPG


不肖娘ぼたんと違って意欲満々だ。

これこそ若いころのセレナの姿顔(泣)

JP1は残念だったけど、AG1は完走でした。デビューで完走なんて立派だよ〜ババは嬉し泣き状態です。

CIMG0377.JPG

さて、リノたんから20番離れてダイちゃんの出番です。

まず3番のトンネルに入れるために、スタートから3番に向かって体を向けます。少しでもぶれると近接した逆トンネルに行くか、ダイちゃんの好きなスラロームに入ります。

3番のトンネルに入れた後普通ならトンネル入り口でバックかフロントスイッチして、スラロームをエントリーしやすくするのですが、ダイちゃんの倍は下手に動くと余計なところに流れるので2番のバーからトンネルに送った後、出口から出てきたのを確認しそのままスラロームへエントリー指示。

しゅぽんと上手く入ったので、追尾します。スラロームのスピードがどんどん上がる。まずい。と思った瞬間にダイちゃんは最後の1本を抜けて目の前のタイヤへ。何とか呼び戻してもう一度スラロームへ。

2回目は上手くいったのでスラロームの位置からタイヤ、バー2本を左旋回させ、ほぼ直線のトンネルへ入れます。ここで大急ぎでアウトラインを走ってトンネル出口へ。入り口正面のバーでなく270度後ろにあるバーへ誘導。

「コイ、コイ」を連発しまくって何とか後ろへ顔を向けさせました。あとはロングジャンプからソフト、バーを送って再度同じトンネルへ入れます。真ん中のトンネルは3回使用。

出てきたら今度は正面のバーを飛ばせた後、スタートのバーが前に見えますがそこをぐっと押えて、180度右旋回させます。旋回したらあとはゴールバーへ向かって2本走ればゴール〜
やった、やった。JP1で完走は久しぶりです!ぴかぴか(新しい)

ゴール出口で喜び浮かれる間もなく、ダイちゃんをななパパに預かってもらい急いでセレナのリンクのコース検分へ。時計を見ると残り時間4分。7分の検分のうち半分近く皆より出遅れてしまった。

コースは結構ややこしい。2周ほど回ったところで検分終了。元々7分記憶力の乏しい私。とても全部覚え切れてないのだけどなぁ。

2頭出しは本当バタバタする。

JP2度

くるくる回るセレナ向けのコースだが、ハンドラーの頭がそれ以上にくるくるだ。ダイちゃんなら10回は失格するだろうが、それでもセレナのカンの良さに助けられ無事ゴール。セレナ、さまさまだ。

AG1度

本来は進行上AG2度の方が先になる予定だったのだが、真ん中あたりで機材が壊れてしまい競技進行ストップ。

壊れたのがスラロームだったので「だれか練習用機材を提供してください〜」とアナウンスが流れる。
でも100頭以上もの大型犬が通行するのである。消耗を考えると喜んで貸しましょうなんて奇特な人がいるわけない。

結局壊れた機材の変わりをとりにスクールへ帰ることになったらしく2度リンクはそれまでお開きに。

その間にAG1を出すことにした。これがまた行って戻るM字タイプのコース。仙台の悪夢がよみがえる。

この手のコースは犬に見通せてしまうので、勝手にどんどん犬が進んで、抑制が効かなくなるのである。犬は真っ直ぐ目に見えるモノへ突っ込めば良いのでボーナスコースと呼ばれることが多いが、昔からこの手のコースでセレナから始まりダイナも良い目をしたことがない。

案の上、ダイナは全く聞く耳を持たず好きなようにコースを突っ走り、タッチゾーンを全て飛んだ挙句、さらにスタートとゴールバーを1本ずつ落とした。合計25点の減点だ〜もうやだ〜(悲しい顔)

AG2度

だんだん強まる雨足の中、ぬかるみ始めたコートで再度開始。審査員は柳生先生でセレナとは相性の良いコースが多い。今度こそ頑張ってくれ。

出だしの処理もBOXもセレナにとって何も危なげなし。スピードものっている。時間は全く問題ないだろう。あとはドッグウォークのタッチだけだ。ここは大事にしたいところ。審査員も私も息をつめてタッチゾーンを見つめる。

セレナはもちろんバッチリ踏んだ。ヨシ!と思い次のロングジャンプへ指示を送ろうとしたが、ワンテンポ遅かった。セレナはもうロングジャンプへ向かっていたのである。あ、勝手に行った。

あっ!と声を上げた途端、セレナは間違った?!とばかりにロングジャンプーのポールだけ飛んで戻ってきた。

ああ〜っ!それであっていたのに。審査員が拒絶のコブシを上げるのが見た。セレナが砂にうずくまってごめんなさい!と上目づかいで小さくなっている。

この〜!なんでこのコースでPRがとれないんだ!!
大好きなタイプのコースじゃないか。落胆のあまり、そのまま退場してゆきかけたが、途中退場はやはり失礼である。一応最後まで走ってゴール。時間は46秒。

砂の上に沈んでいた時間と、出口に出てゆきかけて戻った時間を引いて考えるとセレナは相当頑張って走ったらしい。

けなげなセレナにもかかわらず「反省!」と言いつけてすっと伏せさせたまま、飼い主は売店に行ってヤケになり犬オヤツを買い物したんでした。

走るセレナ

上のリノたんと比べてみてね

CIMG0174.JPG

ニックネーム てんてん at 00:36| Comment(4) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レオマの森で泊られたんですね!
なんか懐かしい・・・るんるん
9月に行ったばかりなので・・・
リノちゃんはやはりせなちゃんに
似てる・・・?わーい(嬉しい顔)
アジリティ姿とてもかっこいいです!ぴかぴか(新しい)
Posted by てん&かいママ at 2009年11月09日 00:02
ババちゃん、
リノの走り見てくれてありがとう。
JPは残念だったけど(おかんの指示悪いのよぉ。おまけに、トンネル出たと思ったら足で私を押し込むし)、AGはいっぱい失敗しちゃったけどなんとか完走できた所を見てもらえてよかった♪
スタート前は、ボーっとしててどうなるかとおかんは心配してたらしいんだけどね(笑)

セレナママ、惜しかったなぁ。今度頑張ってね。
やっぱりママと似てるかな^^
Posted by リノ at 2009年11月09日 00:30
てん&かいママ>

レオマの森ついこの間宿泊されてたんですね。
私ももう少し早くつけば色々あちこち見てあるけたのですが、到着が夜で、出発が朝日と共にだったから、あまり良い写真が撮れませんでした。
あれだけの施設なのに残念です。
レストランの食事はついついとりすぎちゃいますよね。私もお腹いっぱい食べてきましたわーい(嬉しい顔)

リノたんはセレナと顔立ちがとても似ているのです。人によってはあまり区別がつかないくらい。
でもセレナの方が若いスリムはリノたんよりずっと太って幅がありますけどね。
Posted by せれまま at 2009年11月11日 22:26
リノたん>

お母さんと一緒に最後まで完走できて良かったね。
あたしも早くママやダイナ姉さんと一緒にあちこち旅行したいけど、まだまだ先の話だとババは鼻で笑うの。
リノたんの走る1度に出るにはもっと一杯覚えないといけないことがあるんだって。
あたしは真面目に練習してるんだけどなぁ。
ババが年のせいか、私たち3頭のハンドリングの切り替えがうまく出来ないせいらしい。
もしかしたらそれ以上にお財布の中身が苦しいことの言い訳かもしれないけどね。
いつか一緒に出陳簿に名前が載る日が来ると良いなぁ

Posted by ぼたん at 2009年11月11日 22:41