2009年06月07日

ぼたんと訓練

ほとんど置き忘れたままになり、野生児のまま生きているぼたんだが、時たま訓練教室に参加する。

レベルはダイちゃんと実はあまり変わらない。両方足せば良い犬だが、片方づつだと物足りない。

ダイちゃんは意欲が空回りしている状態で、いつも前へ前へ出ようとするので、なかなか良いポジションを維持できないし、動きは素早いけど待つのは苦手。小心者なので、長く待たせると匍匐して動いてしまったりする。

ぼたんは「待つ」のは母親譲りで得意だ。ただ今ひとつ覇気がないというのか、とぼとぼ歩く感じで脚側行進が良くない。位置はとても綺麗だし、停座するのも速いし、行進中の作業もミスがない。ダイちゃんのようにつられて動くなんて心配はしなくても良い。正確だけど、華がない。

だがそんなボタンも生き生き、目をキラキラさせる練習がある。それは「停座および招呼」の練習だ。

バビュ〜ンと走ってくる瞬間が楽しいらしい。

IMG_0501.JPG

最初体当たりで止まっていたが、「座れ」の指示をかけると多少停座は曲がるけどそこそこ出来るようになった。このキラキラ顔で歩いてくれるようになったら、競技会に出るんだけどなぁ
セレナの不肖の娘ぼたん。
母には盗み食いなど色々難はあるが、良い点を見習っていつか大きな母を超えてくれ。

<バックの練習>



【日記の最新記事】
ニックネーム てんてん at 21:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜〜〜
下がって行ってる〜!!
すごい〜〜!!Clap
偉いですよね〜
我が家のかいも頑張れば
できるのでしょうかねぇ〜?顔(ペロッ)
Posted by てん&かいママ at 2009年06月07日 22:47
てん&かいママ>

バックはもっとすすす〜っと真っ直ぐ下がってほしいのですが、ゆっくり歩くだけでも普段使わない筋肉を使うという意味で頭にも体にも良いそうです。
足腰の負担も少ないしね。
ストレッチ体操の一種だと思ってやってます。
かい君ももちろん出来ますよわーい(嬉しい顔)
ご飯を出すときとか自然に間をとろうとして下がるから、それを利用して教えてみるのも良いかも。
うちではご飯の注目度の高い千夏が一番バックが上手です。
Posted by せれまま at 2009年06月07日 23:32
なるほど今度やってみよう。
普段使わない筋肉を使うのは良いことですね。

ボタンちゃんの笑顔とびっきりですね。
これで競技会に出たら100点間違いなし。
Posted by スズまま at 2009年06月08日 08:33
ぼたんちゃんも訓練を頑張っていますね!落着いてまっていられる集中力はママ譲りで凄いですね。こちらは足踏みしております(笑)
Posted by nori at 2009年06月08日 12:11
スズまま>

人と同じで、普段使わないところを使うと活性化するみたいです。

ぼたんは褒めると喜ぶし、間違った動作の修正も簡単だし、ミスを誘うようにしても同じ手にはひかからないし、もの覚えがよく教えやすいところはあるのだけど、あの上目づかいと猫背の行進はいただけません。
一長一短、なかなかうまくゆかないものですね
Posted by せれまま at 2009年06月09日 23:34
noriさん>

ぼたんが動かないのは単にどて〜っとどこでも寛げるからだと思います。
母犬は散歩だろうと、スクールだろうと、ちょっと私が長話しだすと、マグロのようにごろ〜っと無防備そのものの姿勢で転がってましたから。
ぼたんもその血を引いたんでしょうねぇ。
見た目の女の子っぽい顔立ちとウラハラに非常にふてぶてしいところがあります。
Posted by せれまま at 2009年06月10日 00:05