2009年06月01日

五大名(?)建築 奈良少年刑務所

和辻哲郎おすすめの般若寺へと続く佐保路に、突如出現する煉瓦造りの洋風建築。
近くにあるドリームランド(遊園地)と間違って入場券を買おうとする人も珍しくない。門も派手なら、建物も派手。

IMG_0678.JPG

IMG_0675.JPG

IMG_0673.JPG

IMG_0672.JPG

この建物は悔悛へと少年たちを導き、矯正して世の中に送り出す少年刑務所(旧奈良監獄)です。

建物の設計は山下 啓次郎 、辰野金吾(東京駅などの建築で有名)の弟子で、監獄建築で名を馳せた人。山下が中心になって設計した千葉、金沢、奈良、長崎、鹿児島の監獄は五大名監獄といわれてます。

ほとんどの監獄は、新しい建物に取って替えられたけど(一部は移築)、ここは尚現役です。作られた当時(明治35年)と建物内部も造りもほとんど変わりないそうです。

建築探偵 東奔西走でもとり上げられている保存状態の良い近代建築。

山下 啓次郎氏はあのジャズピアニストの山下洋輔氏の祖父でもあります(ちょっと意外?)だから年に2回の家具や一刀彫の販売会で山下洋輔氏のコンサートなどが聞けたりします。

尚、建物は撮影禁止。この写真は門の外から撮った写真で、内部見学はできるけどカメラは預けなければいけません。

IMG_0679.JPG

この門の高さを見るとやはり刑務所だな、という気がする。

ニックネーム てんてん at 21:04| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント