2009年05月19日

四国ブロックアジリティー競技会

今回の会場は徳島。
財布を忘れたり、携帯を落としたり、道に迷うこともなく、無事会場に到着。

IMG_0485.JPG

7時前の到着だったのですが、もう車を停める場所がない!もうやだ〜(悲しい顔)

誘導係には会場から遠く隔たったところ、車の進入口あたりを指さされた(会場へは数百メートル以上、歩いて10分以上ある!、冗談じゃないよ〜)
まぁもう少し早く来れば良いんですけどね。

参加人数は増加の一途だから、駐車場の確保は年々大変になるなぁ。
このごろは前日の会場整備終了と同時に、テント場所と駐車場を仲間分まとめてさっさと地面にロープを巡らせて区割りしてとってしまう方法が関西では一般的。
地元の人とか前日入りの人には到底太刀打ちできない。

車はすご〜く奥の草むらに停めて、会場近くにテントを張られていた方の軒先をお借りすることに。でも今回は遠路(飛行機など)で来る人用にあらかじめ会場に、誰が居ても良いテントを立ててくださっていたようです。
(友人から教えられて初めて気づいた)

リンクも一度とアトラクションはスモール、ミディアム用と、ラージ用の2つが作られています。バーを上げ下げしたり、機材を足したりすることがないので、進行がすごく早い(実際一度クラスが一番最初に終わった)

いつもながら四国ブロックの運営は丁寧だなぁ。

会場は雨天予想に反してカンカン照り晴れ。レインコートや長靴やタオルなど大荷物で来たのに肩すかしをくらったよう。でも途中で降り出して、そのあとは降ったり止んだり、風が強かったり弱まったり、定まらないお天気でした。

今回はセレナとダイナの重複出陳ということもあり、リンクが隣同士になるようセレナを2度クラスに出すことにした。
リンクの間にはテントがずらりと2連になって張られているから、他のリンクの様子はあまり見えないのである。2度と1度なら、隣同士だからまだマシだろう。今回こそは検分なしで走るということは避けたいものだ。

===

セレナ JP2度

直線が多く、旋回の少ないコース。セレナもハンドラーも不得意なパターンだ。案の定、出だしから5番目ぐらいまで真っ直ぐなので、私が間違っていると思うようで猜疑心に満ちた眼差しで頻繁に振り返る。そのあとも45度一度左折するだけで、また真っ直ぐ。

奥の8番トンネルに入れるまでほとんど会場を端から端まで行って45度左折するだけ。奥のトンネルも走路通り、真正面入り口に入れる。

セレナは指示がほとんど信じられなくなったようで、どんどんスピードが落ちてきて、リアスイッチする間隔もとれないほどに。8番トンネルに入れてる間にポジションを移動しようとすると「やっぱり違うじゃないの!」とばかり飛び出してきて、反対の入り口へふらふら
もっと素直に考えて良いのよ〜

結果:失格

===

ダイナ JP1度

これも3番まででトラップにかからなければ、比較的すっと回れそうなコース。スラロームのエントリーだけが難しいが、どうせいつも失敗するから焦ることはない。今度こそとにかく完走してくれ〜。

トラップは全くひかからなかったものの、予想外の出来事が。ダイちゃんの場合は2〜3番の障害の間に人が陣取った後、ずっと7番まで遠隔で回し続ける。レンガで拒絶をとられるのが嫌だったので、トンネルに入れた後ポジションを移動する予定で、そういうラインを作ったのだが、普通に入ってくれればよいのに、全く走路外にあるトンネルへ。反対側トンネルの入り口は動線の外にあるので、そこで失敗した犬はダイちゃんぐらい。とほほ。

失格しても最後まで走って良かったので、後はスムーズに走ってゴールイン。セレナと違って真っ直ぐが変!なんて考えないダイちゃんなので、直線がならぶ後半はスピードUP。あのトンネルさえきちんと行ってくれれば。。。とつい詮無いことを考えてしまう。

結果 失格

===

AG2 セレナ

正直あまり綺麗に走ってくれなかった。
私のミスでほとんど拒絶?と思われそうなシーンが2か所、Aフレームからトンネルへの誘導も真っ直ぐ連れてゆくだけなので、疑いまくっていたので入り口ぎりぎりまで誘導。
(セレナが猜疑心だらけになったのは3度ではタッチものの後、真っ直ぐ進むというパターンはほとんど無いから)
疑うセレナのスピードは普段より鈍り、時間がかなりとられてしまった。2度クラスの出陳というのも考えものだなぁ。

結果:44秒 PR

===

ダイナ AG1度

セレナの出陳番号が前から6番目、ダイナが10番目ぐらい。検分は1度から先に始まり、2度は4つのグループに分けられたので、セレナの検分をしている間にダイナの順番がきてしまう。だから審査員に順番を一番後に回してもらった。

案の定、検分を終えて出てくるとダイナの後の番号の人がもう走りだしていた。後回しにしてもらって良かった〜と思ったのだが、2度クラスの進捗具合が予想より遅い。

ラージクラスがまだ始らず、セレナがテントの前で並んでいるときに、隣の一度クラスが終わってしまいスチュアートの人が呼びに来た。そんな〜!終わったらすぐ行きますと返事したが、ラージクラスに入っても、飛行機の時間都合で、4時半の飛行機に乗る予定の人が先行して走ることになり、セレナはさらに後回しに。

スチュアートの人が発情犬(一番最後に走る)も全て終わったので、終わり次第来てください、と念を押される。そんなわけで走り終わったあと、セレナを大急ぎで出口で人に預け、ダイちゃんを車から出してすぐ一度リンクへ。

車から出されたばかりでハイテンションになっているダイちゃんを集中させる間もなく、始めてしまい本当にアッ!という間(3番目)で失格。ダイちゃん1頭のためだけにずっとスタッフを待たせていたのになんてこと。
申し訳なさのあまり、全部走って良かったのに、そうそうにこそこそ引き上げたのでした。。。

結果:失格

===

同じくPRしたななちゃんと

IMG_0493.JPG


ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セレナちゃんスズとおんなじです。
真っ直ぐは疑って曲がりたがる。(笑)

ずいぶん練習してやっと振り返らずに跳べるようになりました。

四国は渡ったこと無いです。
一度行ってみたいなあ。
Posted by スズまま at 2009年05月19日 08:04
スズまま>

セレナはクネクネ旋回したり、中抜きしたり、背面に回る一筋縄で行かない、全く見通せないコースの方が性能が生きるみたいです。

2度のころ(いや3度になってからも)失格するのは決まってほとんどハンドラーのコース忘れだったり、間違った指示だったので、あまり私への信頼がないのでしょうねぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)

私も走る前にまとめて10番ぐらいまで、セレナにコース順路をあらかじめ話して置き、かなり手を抜いてるからかも。
四国のびのびして良いところですよ。空路を使えば関東からもそれほど不便ではないです。何時かぜひおいでくださいませ〜
Posted by せれまま at 2009年05月20日 10:12