2009年05月14日

葵祭

明日5月15日は葵祭です。

京都では昔から「まつり」と言えば葵祭を指しました。

IMG_9738.JPG

源氏物語では源氏の正妻「葵の上」の家人と、愛人の「六条御息処」家人が見物場所を巡って車争いする場面で有名だ。

最近では「鴨川ホルモー」の出だしが「葵祭」でバイトに来ている学生をクラブが新人勧誘する場面からはじまる。

春、京都にある大学の学生課の掲示板には、大抵「葵祭の臨時バイト募集」の広告がのる。御所から下鴨神社を抜け、上賀茂神社へ歩いて平安時代装束をきて、行列についてゆくバイトだ。着るものはバイトに出た子によると下着とペラペラの頭からかぶる貫頭着。

3大祭りの中でも比較的時候の良い時期あるので、うすら寒い時代祭や、倒れそうに暑い祇園祭よりはマシということで参加する学生も多い。ちょうど下鴨神社から上賀茂神社へ向かう道は大学の傍らの川べりを歩くので、ちょっと抜け出して知り合いたちを見物に行くこともできる。


もっとも御所から遥々旅路を経て上賀茂神社に近い大学の傍らを通るころには、髪にさした葵はよれよれか、とれていて、輿の飾りにつけられた藤もほとんど花が落ちていたが。

学生のころはごく身近にあったお祭りだけど、社会人になってからは一度も見たことが無い。最初からも見たことがない。一度出だしからもきちっと見てみたいものだ、と思って有休願いを出してみようかと思ったが会議と重なってしまった。

残念。いつか余裕が出来たら見に行ってみたいなぁ




【日記の最新記事】
ニックネーム てんてん at 07:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京のどっちかと言えば野蛮な御神輿のお祭りに比べなんと雅なお祭りでしょう。
一度は見たいと思いながらこの歳になってしまいました。(笑)
Posted by スズまま at 2009年05月14日 08:29
スズまま>

東京のお祭りはやはり江戸っ子らしく、気風が良く威勢の良くて盛り上がるお祭りなんでしょうね。
京都のお祭りは、やはり静々粛々と進められるのが多いですね。祇園さんだけ音楽が入るけど「コンチキチ〜」と妙に単調な哀愁を帯びた音色です。
Posted by せれまま at 2009年05月16日 09:49