2009年04月20日

大阪東クラブアジリティー

さて今日のコースデザインはアトラクションから一度も二度も全てマルコ・モーエン氏。
昨日よりもさらに参加者が増えています。

マルコのコースはいつも一見攻略出来そうに見えて、以外と沢山の犬がドボンするのです。

これはラインにのると思っているより犬にスピードがついてしまうため、コントロールが難しくなってしまうのです。

俊足の犬ほどこの罠にひかかりやすい。ついつい指導手のほうが犬のスピードに引っ張られて本来のペースを崩すのです。

でもそこは年齢を重ねた分、俊足とはいえないけど、それなりに知恵もついたセレナだから大丈夫のはず、よね?

クラブ展なのに4リンク制という贅沢な作りのため、エントリー数はかなりあるものの、余裕のスケジュール。
標準時間以内なら失格しても走れることになっています。
(ただ標準は結構短いので、もたもたやり直してると結局走りきれない)

競技終了後

syuugou0419.jpg

競技中の写真は全てななママさんより頂きました。

sura04183.jpg

hadol04184.jpg


JP2

昔からよく練習で登場するボックスが使われたコース。一見簡単そうに見えるのだが、次々目の前で失格してゆく。

ほとんどの人が左&左へ二度中抜きをしてトンネルにつれてゆくのだが、左へ回すとトンネルに入れるため一度犬の走路を曲げないといけない。結構距離があるから十分だろう、、、と考えていたのだが、よ〜く目をこらして見るとボックスの向きが間違いのトンネルの入り口に向けて作られており、ラージで速い犬は一歩で飛び込んでしまうのだ。

これはマズイ。検分では左&左、の予定を急遽右&右で中抜きして正しい方のトンネルにラインを作った。右回りにすると犬は360度を2回ぐるっと回さなければいけないので、負担がかかるし、時間もかかるのだが、こんな出だしで失格になってはたまらない。

いざスタート。右&右に回したセレナは予定通りトンネルに真っ直ぐ飛び込んだが、ソフトトンネルの処理で私がサポートしようとして走りこみすぎたため、結果的に大回りさせ背面に回りこまれる結果に。

しまった〜、何とか立て直したものの、リズムの悪さは拭えず、緊張感なくバーを落としゴール。とほほ。




ニックネーム てんてん at 23:37| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント