2009年04月08日

マーリー

「世界一おバカな犬」というキャッチフレーズがついているので期待して本屋を後にしたが、本を読み進むにつれてどう考えてもわが家の犬と然程違いがないことが判明。

ほぼ千夏を除いた犬全てが、著者がおバカ犬クラブと名付けたクラブに十分入会する資格がありそうだった。

でも犬はおバカじゃないもん。

飼い主はそうかもしれないけれど。。。

近所の公園で

koen04071.jpg

kouen0407.jpg

yaezakura.JPG


マーリーというのはボサノバの歌手からとったと書いてあるけど、私はイギリスの有名な魔術師マーリーを想像しちゃった。

笑いあり、涙ありで楽しい読み物です。

でも犬を飼っている人は人前では読まないことをおすすめします。

【日記の最新記事】
ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、今劇場公開してるんだけど、見ようかどうしようか迷っているんですよね〜。

やっぱり最後は涙なのですかねえ。
Posted by アーロン卿 at 2009年04月08日 20:03
アーロン卿>

マーリーの尽きない好奇心や有り余るエネルギーの果てのイタズラや、ひどい行状の数々はわが家の犬たちにも当てはまるものばかりでとても他人事とは思えないのです。

人も犬も生は一度っきり。

やはり涙たらーっ(汗)なしには見れないかなぁ
Posted by せれまま at 2009年04月08日 20:32
桜満開ですねぇ顔(メロメロ)
ウチの辺りはまだまだ蕾どすあせあせ(飛び散る汗)

本を読んだ感じだと「10の約束」よりはずっと面白そうな気がするんだよねぇ(´艸`)ムフッ
映画は見て無いのですか?
Posted by アンジュママ at 2009年04月08日 21:26
アンジェママ>

こちらはちょうど今が見ごろです。
そちらは当地よりは遅い春なのでしょうけど、一斉に草花が咲きそうで春の祭典のようなイメージだわ。

著者がコラムニストという職業柄エピソード挿入の仕方も、話の展開もスピーディで良いテンポだと思います。
映画は残念ながら見てないのですが、時間があれば見てみたいなぁ
Posted by せれまま at 2009年04月09日 00:05