2009年03月01日

ボタンのアジリティデビュー

のんびりもので、マイペースが信条?と思われるぼたん

ベタベタと甘えんぼで「わたくしはBCの姿だけど、愛玩犬なのよ〜ハートたち(複数ハート)皆に撫でられてゴロゴロしてるのが一番幸せなの〜黒ハート」と全身でいつも表現してるぼたん。

bota02281.JPG

それでいて門扉を楽々と飛び越す身体能力、金属製のケージを簡単に解体する悪知恵と根気強さ。ようやくそれらの能力を生かす時期が来た。

bota0228.JPG

さぁ、アジリティーデビューだ。




無駄に高い身体能力を持つ割りに臆病者のぼたん。
セレナはそのぐらいの年頃では擁壁を登ったり、木登りするほどチャレンジャーで、一度や二度落ちてもヘッチャラだったが、ぼたんは公園の滑り台すら登れない。

デビューはまずタッチものと呼ばれるドッグウォークからスタート。まず登り口から上に登れない。リードをつけた状態で誘導し、スタッフが食べ物を一歩ごとに並べてゆく。

食べ物につられておそるおそる上へ這い上るぼたん。こういう時は食い意地の張った犬は幸いだ。次々置かれる餌を食べ続け、山ほど褒めてもらった。登ると沢山食べ物が出ることは理解したようだ。

食い意地の張ったぼたんは、心の秤が怖さより食べ物へ傾いたらしい。じょじょになれてきて、仕上げはリードなしでも指の動きを追って上がり降りできるようになり終了。

同じ要領でAフレームもマスター。最初からドタドタと勝手に駆け抜け、リードがひかかり何度も宙つりになったセレナより楽だ。

スラロームも餌をひたすら追い続けるので、最初からゆっくりながらクネクネするようになった。おお〜っ。

以外に手間取ったのはトンネルである。BCなんてトンネルが皆大好きなものだと思ってたが、使用するのがいきなりブラックトンネルなのだ。怖がってなかなか入らない。

仕方なくトンネルを真っ直ぐにして入り口でスタッフに押えてもらい出口で呼ぶことからスタート。ためらいながらも走ってきた。慣れてくると、少しづつ角度をつけてゆく。最後は左右どちらからでも、どんな角度でも合図で入るようになったところでバーを追加する。

トンネルから出て視界がパ〜ッと広がるので最初なかなかうまく飛べない。バーを飛ぶとき、人は一緒に走るのでなく、コマンドでバーを背後から指して飛ばすのだ。
ぼたんの好きなオモチャを持ってこなかった私は仕方なくオヤツを投げていたが、投げるタイミングが悪くて、結構バーの直際で投げたりしてしまう。でも何とかかんとか出来るようになり初アジは終了。

ぼたんより少しだけ先に始めた陽ちゃんはずっと上手になっていて、ピョンピョン飛んでいて、リノたんはぼたんよりずっと意欲満々で取り組んでいた。

まあ、ぼたんはぼたんなりにのんびりでゆくか〜

bota0227.JPG

ニックネーム てんてん at 23:48| Comment(6) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりタッチ障害とはすごいですね。
これで3頭のアジ犬を持つことになり、ちなっちさん痩せそうですね。手(チョキ)
Posted by スズまま at 2009年03月02日 08:35
おぉ♪アジデビューしたんですね〜♪
ホーリーもドッグランで遊びでバーを跳んだりはしているんですが、本格的に始めるとなると・・もうちょっと他のワンちゃんに慣れないと教室に通うのは難しいかなぁ〜?という感じです。
いつか大会でママや兄弟ちゃん達に会えるといいな〜〜っ♪♪
Posted by ハロママ at 2009年03月02日 08:51
アジリティデビューおめでとうございます・・・Clap
ぼたんちゃんちと怖がりなのかな・・・?
我が家のかいは男の子というのに
ものすごく臆病者ですよ・・・顔(なに〜)あせあせ(飛び散る汗)
アジリティは体験はしたことあるのですが
むいているのかどうなのか・・・?
良くわからないです・・・。がく〜(落胆した顔)
ぼたんちゃんせなママ目指して
頑張ってね〜!!Good
Posted by てん&かいママ at 2009年03月02日 23:08
スズまま>

スクールに行き、3頭連続で授業を受けると私が倒れそうになります。最後は大抵セレナのクラスなのですが、もうへろへろで、コース説明をされてもほとんど頭に入らず、ぼけ〜っとしてることが多いかも・・・たらーっ(汗)
3頭とは言っても現役はセレナだけ。ダイちゃんはまだ修行不足だから一丁前のアジ犬とは数えられません。
Posted by せれまま at 2009年03月02日 23:26
ハロママ>

そうなの。姉妹で通ってるので、皆なんとなく1頭がはじめると、ついでにやっちゃえという感じ。超ビギナーが1頭だとさびしいけど、姉妹も一緒だと心強いかな。
ホーリーはきっと作業意欲が強いと思うので、何かしら仕事を作ってやったほうがエネルギーが発散できて落ち着くかも。。。
でも無理せずにね。5歳ぐらいで落ち着いてくる子も沢山いるので気長に見守ってやってください。
まだたかだか1歳の子犬たち、未来は無限大ですからぴかぴか(新しい)
Posted by せれまま at 2009年03月02日 23:46
てん&かいママ>

BCはデリケートな犬が多いですから、一見臆病に見えるほど用心深い子が沢山いますよ〜。
カイ君やぼたんのように、自分の身長より何倍も高いドッグウォークやAフレームは尻込みするのが当たり前なんです。
セレナみたいに高いところを見れば登りたがるBCももちろん居るのですけどね。
BCは昔群れの中で役割分担して生活してたから、高い場所から全体を見るのが好きなセレナは高台で群れ全体を目配りする役の遺伝子が強く引き継がれてるのかもね〜
カイ君やぼたんは羊の前で伏せて怖がらせない程度に距離をとって見張りするタイプかも。。。
Posted by せれまま at 2009年03月03日 00:01