2008年03月09日

夜来香

「夜来香」というのは,暗闇にほのかに香る梅の香りです。姿は見えなくても夜の散歩ではどことなく香りが漂ってくるようになりました。

古代は「この花」といえば梅を指すぐらい日本人に愛された花です。万葉集では梅を詠んだ句の方が桜より多い。花見といえば、我が家の邸宅に梅を見にきてね、と招待するのが、古代貴族の雅な宴でした。我が家の花ですよ、と言って娘のお披露目の場にも利用されたみたいハートたち(複数ハート)

bairin03062e.jpg

ume0308e.jpg

良ければポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 地域生活ブログ 奈良情報へ


でも新古今和歌集になると桜に逆転されちゃいます。平安遷都の際、御所に植えられたのは最初梅だったのですが、何度も焼失を繰り返すうちいつしか桜に変わり、左近といえば桜を指すようになりました。その頃になると花の人気も桜に移ってゆきます。

古い都の跡の奈良には、桜を詠んだ句も多いけど梅が良く似合うと思います。

そうそう簪といえば、昔女の人は髪に、男の人は冠に梅の枝を指す習慣を髪挿といい、それが簪に変化したそうです。とういえば梅の花や、蕾のような簪も多いですよね。

bairin03083e.jpg

bairin030e8.jpg

ニックネーム てんてん at 11:18| Comment(10) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅の香りが漂ってくるような素敵な写真ですね。

植物の香りって夜のほうが強いですね。
Posted by スズまま at 2008年03月09日 12:44
梅の花は小さくて可愛くて、私も大好きです〜♪
奈良に梅の花は良く似合いますね!
神戸はどちらかというと異国情緒という感じですが、神戸でも西の方や明石あたりまで行くと、源氏物語の舞台や史跡があって、また違った雰囲気があります(^v^)
歴史の舞台となった街は、どこもステキですよね〜!
Posted by ハロママ at 2008年03月09日 15:27
今、残雪の山道を散策してきたところでPCみたら・・・・・
うわっ!すっごーい!お見事です!
香り〜が伝わってくるようです
思わず目が釘付けになりました
奈良は素晴らしい所ですね
解説もまた大人な奈良博士で素晴しい
Posted by nori at 2008年03月09日 16:26
すばらしい写真ですね。
富雄の追分梅林より素敵な梅の花が沢山あるようですけど、どこの梅庭園なのでしょうか?
ところで、昨年「せれまま」が撮影された写真を
うちのブログに使わせてもらいましたが、撮影(著作)者の表現をしていません。よろしければ
一度見ていただいてコメント頂けたら幸いと思います。

Posted by ナナの家族(パパ) at 2008年03月09日 22:03
スズまま>

嬉しい言葉をありがとう。
夜、というか深夜の方が、余計なもの(走り回る車とか、食事支度中の匂いとか)に阻まれないので、香りが際立つ感じがしますね。先週はまだ五分咲きぐらいだったから、今週ぐらいが盛りになるような気がします。
Posted by せれまま at 2008年03月10日 17:26
ハロママ>

梅の花、古風で典雅な感じが良いですよね。
そのあたりが、人気の少ない早春の奈良の風景によく溶け込むのかなあ。
神戸は、港町だし異人館とよく調和するのはバラとかかなあ。
明石はまた雰囲気が違いますよね。何が似合うのかしら?明石の上のイメージでいうと松?とかでしょうか?渋すぎ?
Posted by せれまま at 2008年03月10日 17:38
nori さん>

奈良は京都ほど観光地として垢抜けてなくて、JRの三都物語からも外されてるし、今ひとつスキッとしないイメージですが、昔からのものが手つかずでそのままあったりするので、その辺りの丘に立つだけで古代からの息吹をそのまま感じることが出来ま〜す。梅も上の種類は昔からこの辺りに生えている在来種。派手な姿じゃないけど、上品な香りです。いつか機会があれば是非お出でくださいませ。
Posted by せれまま at 2008年03月10日 17:46
ななの家族さん>

ここは大和文華館で、帝塚山学園のすぐ南にあり、東洋美術のコレクションで有名です。お庭が綺麗に手入れされてて、特に梅園は有名ですよ。
ブログ拝見させていただきました。去年渡したCDからですよね。素敵に使ってくれてありがとう。
えっと、私は他の方の写真をもらったときは出来るだけ、どなたが撮った写真かわかるように脇に添えることにしています(実名じゃないですよ)
たまに忘れてしまうことあるし、出さないほうが良いのかな?と判断に迷うことはよくありますけどね。
Posted by せれまま at 2008年03月10日 17:57
コメントありがとうございます。
大和文華館は何度か行ったことありますが、梅の季節はまだです。是非行きます。
撮影者「せれまま」入れたほうが良かったですね。でもブログなれていないので、脇に添える方法がわかりません。他にも解らないことが、ありますので、また詳しく教えてください。
春になったら、ダイナちゃんに会えるんですよね。楽しみにします。
Posted by ナナ at 2008年03月10日 23:22
ナナさん>

今頃はちょうど見ごろですよ。手ごろなサイズなので30分もあれば十分回れます。駐車場も余裕がありますし、ベンチも整備されてますから、ゆったり鑑賞出来ます♪追分梅林は毎年行くのですが年々人が増えて賑わってますね。この季節は色々売店が出るのも楽しいです。
Posted by せれまま at 2008年03月11日 09:43