2007年12月25日

ドッグフェスティバル

朝、4時に起きる。外は当然真っ暗。

でも早くも会場の駐車場入り口には長蛇の列が出来ているらしい。
おそるべし。
アジにしろ、ショーにしろ犬に入れ込むというのは大変なことである。

今日は単犬種スペシャリティーショーだけど、1500頭も出陳がある。ボーダーコリーだけでも73頭も出ているのだ。

その中で果たして泥縄特訓のダイちゃんは頑張れるのか?

syo12202.jpg

ダイちゃん、最初は会場の反響音にびびっていたが散歩してるうちに、耳が持ち上がって尻尾も定位置へ。
そうそう、ここはドラハより広いけどいつもと同じだよん。頑張れ。

オーナーハンドラーではないので、ただ見守るだけである。バイバイと手を振って、カメラを動画モードにセット。

ショーとはどういうことやらまだほとんど理解はしていないと思うけど、元来より食い意地の張ったダイちゃんは、ハンドラーの持つオヤツに集中している様子。

syo12205.jpg

と、思ったらラウンドのとき、カメラを持っている私を見つけて「ピョン!」とこちらに向かって飛び跳ねた!がく〜(落胆した顔)
ハンドラーが一瞬のうちに引き戻したので、審査員に見つからず済んだようだ。

何とかダイちゃんは同じクラスの牝の中で1席通過。
やった〜、これでM.CHカードが出た〜るんるん

ここまで来た甲斐があったよ〜ぴかぴか(新しい)

でも次のウィナーズ戦(クラス1席の犬:ジュニア、ヤングアダルト、アダルト、自家繁殖の各1席の6頭で競う)でハンドラーが連れてきた犬が重なってしまったので、急遽別のハンドラーに預けることに。

私が引くと、きっといつものようにピョンピョン飛び跳ねるだろうから別の人に預けるのは正しいのだろう。

syo12203.jpg

前回よりも集中力に欠ける様子だったけど幸運にも三席のエクセレントに選ばれた。

syo12201.jpg

BOB戦には出れなかったけど、これで十分。
良かったね。お土産つきでお家に帰れるぞ。

syo12204.jpg

終了後、会場の隣の公園へ。海を覗き込むダイちゃん。
ドボンと飛び込んだら置いてかえるぞ。

何はともあれお疲れ様。明日はめちゃくちゃ走って良いからね。

動画は途中でダイちゃんが飛びついてきたので、隠れてたから鮮明ではないのですが用意してま〜す。
乞う、ご期待(しないでね:苦笑)

ニックネーム てんてん at 02:41| Comment(10) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっご〜い!!
おめでとうございます!
ダイちゃん、カッコイイなぁ〜☆
Posted by ハロママ at 2007年12月25日 07:38
私の知らない世界ですが、素晴らしい。
ダイちゃんおめでとうございます。

Posted by スズまま at 2007年12月25日 08:38
ハロママ>

お祝いありがとうございます。
でもダイちゃん、あまりカッコよくなかったんです。。
出る前に私に会ってしまったので、姿を探してキョロキョロしてて、審査員にもハンドラーさんにも申し訳ない有様でした。
にもかかわらずピックアップしてもらって、本当びっくり。
良いクリスマスプレゼントになりました。
Posted by せれまま at 2007年12月25日 10:12
スズまま>

おはよう〜
&お祝いありがとうございます。
私もショーは全く門外漢で、会場で渡される出陳簿に載ってる解説などを見て「へ〜っ、初めて知ったなあ」と思っている人です。
単犬種システムの中の「エクセレント」というのは、かなりその犬種として出来が良かったということらしいです。
もっと喜ばなきゃダメですよ!と誰かにも指摘された気がする。
Posted by せれまま at 2007年12月25日 10:18
おめでとうございますグッド(上向き矢印)
ダイちゃんかっこいい〜揺れるハート
動画もみましたが、立派なショードッグですねexclamation
ダイちゃん、器用だなぁと感心するばかりです。。。
Posted by Yuu at 2007年12月25日 16:10
Yuuさん>

こんばんは〜
おめでとうをありがとうございます。
ショーに出すとね。客観的にその犬の姿形だけでなく、コンンディション(一種のお手入れですね)、気質(シャイな子は向かない)を含めて全体のバランスを判断してもらえるところがあり、その犬の良し悪しを知るのにとても都合が良いのです。
また大きな会場で皆に観察されること、他の人のお世話になることを含めて、若いうちに積んでおいた方が良い経験がいっぱい。若いうちから将来はこれだけ、とは絞らず出来るだけ色んな可能性を試したいなと思ってます。
ま、器用貧乏に終わらないと良いのですが(笑)
Posted by てん at 2007年12月25日 23:23
おめでとうございます。
ダイちゃんのぴょん!が映ってなかったのが残念ですが、
セレママさんの心臓のほうがぴょん!と飛び跳ねたことでしょう?
お疲れ様でした。
Posted by マリン母 at 2007年12月26日 17:18
マリン母>

おはようございます!
ダイちゃんのピョンは目の前でフレームアウトしたので写ってません顔(ペロッ)
一番最初のラウンドで沢山他の犬が走っている最中でしたから、ちょうど審査員は中央で周囲をぐるぐる見渡しているところだったんです。
その後、慌てて人ごみにもぐりこんだことは言うまでもありません。
でもその後余計に落ち着かず探そうと躍起になってたから、ハンドラーの人に申し訳なくて・・・
次回からVTRは別の人に頼むようにしようかな。マリン君も時はどうだったのですか?
Posted by せれまま at 2007年12月27日 09:46
出陳頭数が多いと、そういう時は助かりますね。
スキッパーキはたいてい一頭なので、フォローも何も出来ません。
もっとも、審査員がどれだけ見てるのか、怪しいものです…なにせ珍犬ですから。
マリンはオヤツ命!なので、ショーのときはご機嫌で歩きます。

Posted by マリン母 at 2007年12月27日 23:57
マリン母>

スキッパーキは確かにまだまだ珍しい存在ですよね。どの辺りがスタンダードなのかキチッと知っている人も少なそう。日本人好みのサイズの顔立ちなのに何故なかなか広まらないのかなあ?
アジをするマリン君の姿は見たけど、一度ショーでのハリキリマリン君の姿、一度見てみたいなあ。いつか出陳する予定ないですか?
Posted by せれまま at 2007年12月30日 00:47