2010年10月03日

犬と急性膵炎 入院1日目

秋風引

ぼたんが逝って3週間。

まだ私自身の中では受け入れがたい気持ちでいっぱいです。
もっと早く気づいてやれなかったのか、何とか救命できなかったのか。
もっと毎日心を砕いていれば、不調を気づいたのではないのだろうか?
思わない日はありません。

<遊ぶのが大好きなぼたん、どんな暑い日でも走り回ってました>
IMG_9692.JPG

IMG_9707.JPG

ぼたんの病名は急性膵炎です。膵炎の痛みは麻酔を使ってコントロールするほどひどいものだそうですが、ぼたんは私が見ている限り痛そうなそぶりは微塵も見せませんでした。

ぼたんは、火曜日は普通に走りまわって遊んでいたし、オヤツもご飯もいつも通りあっという間に平らげたのです。この時点で何か症状が出ていれば良かったのですが、今思い出しても何も普段と違う動作は思い出せません。

ぼたんの不調に気づいたのは水曜日の朝で、吐瀉物がケージにありました。
極めて胃腸が丈夫な犬なので珍しいなと思いました。でも朝の散歩はいつものように元気にボール投げを催促し、運動は普段通りの姿でしたが最後に戻ってくるとき、スピードが落ちたので、疲れてるのかもと思いました。

念のためその朝の給餌はストップし、ぶどう糖のカケラを2つだけオヤツかわりに置いておきました。上腹部を触ると張っているように思えたので、早めに帰宅して病院に連れていこうと思いながら出かけました。

上腹部のハリが気になったので早目に帰宅したのですが、玄関扉を開けるとワンワン騒ぎ、ブンブンと勢いよく尻尾をふったぼたんが居ました。
もう元気になったのかなあ?でもやはりケージには吐いた痕があり、お腹を触ると腹部の硬ばりは朝より広がっている様子でした。

イレウスだったりすると怖いから、診てもらおう。ぼたんはいつものようにお気に入りの毛布を持ってダイちゃんと勢いよく引っ張りっこしていましたが、すぐ病院へ。

車に乗せるとき、いつもならスマートにシュッと小さいケージに飛び込むのですが、動作が若干もたっとしたので、見た目より悪いかもしれないな。。。という気がしました。

続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:37| Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする