2010年06月19日

大塚国際美術館

日本に居ながらにして世界の名画が鑑賞できてしまう贅沢な美術館。

古今東西の西洋絵画を中心に集められた収蔵品は1,000点以上。教科書や主な美術解説書に記載されている画家の代表的な絵なら大抵見ることが出来ます。

来日を心待ちすることもなく、行列することもなく、大混雑のなか満足に見る時間もないまま流れ作業のように追いやられることもない。

なんてありがたいのでしょう〜。

ただしレプリカなんですけどね。。。

とても精巧に焼き上げられた陶板で原寸大で複製され、似合う額に入れられているので、全体の雰囲気はほとんど損なわれていないかも

<スクロヴェーニ礼拝堂>
オリジナルはイタリアのパドヴァです。深いブルーが印象的な装飾はジヨットによるもの。ジヨットは祭壇画などを多く手掛けた中世の画家(日本ではほとんど見れない)

IMG_0203.JPG

とても好きな画家の一人ハートたち(複数ハート)で、この人の描いた「小鳥への説教」を見にアッシジの聖フランチェスコ教会に行こうと思ったほど。この美術館にもありました♪

<大水連>
オリジナルはパリのオランジェリー美術館。屋外の環境展示のため、日光が反射して肝心のモネの絵がよく見えません。。。

moneike.JPG

この壁画のある空間を囲むように池があります。

ootuka1.JPG

☆この美術館は三脚やフラッシュを使わない限り、どこも撮影OKですが、絵画そのものだけを撮るのは禁止。どこかに人や空間を入れる工夫をしなければなりません。


続きを読む

ニックネーム てんてん at 18:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする