2009年11月03日

オビディエンス ビギナー

「アトラクションだからお気軽に」という誘い文句が効いたのかどうかわからないけどビギナーは結構沢山の出陳があり、ダイちゃんは3組目になりました。

1、他の犬の周囲を歩く

ダイちゃんの組は6頭。
端から順番に停座した他の犬の周囲を紐付で歩くだけです。
審査員は紐を引っ張っていないか、他の犬との対面を怖がっていないか、周囲も1mと決められているので、必要以上に開いたり、縮めていないか、結構細かく見ています。
ハンドラーが紐を引いた犬や、距離をとった犬はこの段階からドシドシ減点されます。もしこの段階で他の犬や人に攻撃的な態度をとれば一発退場だそう。

2、立止での触診

ショーのように傍らについているのでなく、ハンドラーは犬の1歩前に立ちます。犬は背後で立止。紐は緩めておかなければなりません。
ショーでの立止みたいなものだと思っていたら、背後で犬を立止させるなんて初めてで大丈夫?と思ったけど、ステイは一応健在で、ダイちゃんはビクとも動かず。

3、歯を見せる

こちらは停座で歯を見せます。こちらもショーで慣れたことなので、無事クリア。

4、伏臥

伏臥させて、紐いっぱい離れます。躾教室の一番最初に教えられるマテですね。
ダイちゃんはこちらをジッと見ています。良い集中力であるということで、UD(作業犬)DOGだ、と英語交じりで褒められました。

団体審査ではダイちゃんは全て10点満点です。

続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:18| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする