2009年09月29日

GRTAセミナー

わが家の犬たちは本来はハーディングドッグと言って、羊や家畜を追うために作出された犬たちである。

もちろん本家のイギリスでは何世紀も変わらない方法で、ボーターの羊追いのトライアルがあるが狭い日本では、牧場主でもなければ日常的に本来の用途で使うのは難しい。

そこで日本のBCたちはディスクか、アジリティー、オビディエンスやフライボール、あるいはダンスをして、作業意欲を満たしているわけだが、ディスクもアジリティーも非常に故障が多いスポーツである。速ければ速いほど、競走馬と同じで負担も無理もかかり、怪我や故障はつきもの。生涯現役というのは難しい。

老犬になっても自分のペースで楽しめるスポーツはないだろうか?

そこでななパパから、本来レトリバーのための遊びだけど、ガンドッグレトリーブと言って、ダミーを回収する遊びがあるのを教えてもらった。

アジリティーでは、ぶっとび娘のダイちゃんだが、レトリーブではこの気質が(+)に働きそうなので、朝霧高原の初級セミナーに参加してみようと言うことになった。

<会場の朝霧高原のふもとっぱら>

IMG_0043.JPG

ダミー探索中のダイちゃん

IMG_0048.JPG

回収に成功したダイちゃん

IMG_0049aa.JPG



続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:29| Comment(7) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする