2009年09月30日

GRTAセミナー A

エントリーテストで、まるでボクサーがKOパンチをくらったぐらい、沈み込んでしまった飼い主(私)&ダイちゃん。
もう立ち上がるどころか、その場に穴があれば掘って隠れてしまいたいほど。

とにかくよろよろと車に戻り、暗い目をしたダイちゃんを一旦ケージへ戻した。

模擬競技会セレナで受けようかな〜
セレナならダイちゃんほどスピードはないけど、もちろん確実に回収するだろう。遠隔でもコントロール力もダイナより数段上だ。

<若い犬たちはお遊び気分>

IMG_0062.JPG

<だからこういうことも起きてしまう、義務感に乏しいからか?>

IMG_0063.JPG

<仕事はしっかりするセレナ、他の犬にひきずられることはない>

IMG_0073.JPG

IMG_0065.JPG

続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:09| Comment(6) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

GRTAセミナー

わが家の犬たちは本来はハーディングドッグと言って、羊や家畜を追うために作出された犬たちである。

もちろん本家のイギリスでは何世紀も変わらない方法で、ボーターの羊追いのトライアルがあるが狭い日本では、牧場主でもなければ日常的に本来の用途で使うのは難しい。

そこで日本のBCたちはディスクか、アジリティー、オビディエンスやフライボール、あるいはダンスをして、作業意欲を満たしているわけだが、ディスクもアジリティーも非常に故障が多いスポーツである。速ければ速いほど、競走馬と同じで負担も無理もかかり、怪我や故障はつきもの。生涯現役というのは難しい。

老犬になっても自分のペースで楽しめるスポーツはないだろうか?

そこでななパパから、本来レトリバーのための遊びだけど、ガンドッグレトリーブと言って、ダミーを回収する遊びがあるのを教えてもらった。

アジリティーでは、ぶっとび娘のダイちゃんだが、レトリーブではこの気質が(+)に働きそうなので、朝霧高原の初級セミナーに参加してみようと言うことになった。

<会場の朝霧高原のふもとっぱら>

IMG_0043.JPG

ダミー探索中のダイちゃん

IMG_0048.JPG

回収に成功したダイちゃん

IMG_0049aa.JPG



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:29| Comment(7) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

セレナの子供たち リノちゃん

競技会い行くと、成長したセレナの子供たちに会える。
それも楽しみの1つ。

それにしてもあっという間ですね。

<幼いころ、45日目くらい>

rino0318.jpg

rino0317.gif

rinobota0321.jpg

1年半たった今。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:55| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪北クラブアジリティー A

会場は3リンクで、端の2リンクは2度、3度用。
ラージは一番端、スモール、ミディアムは真ん中を使用する。
(一度だけ、S,M、L全て一緒)

普通JPリンクとAGリンクはスモール、ミディアムクラスと、ラージは交代で使用することが多いけど、今回は午前中はどのリンクもジャンピング。午後からはどのリンクもアジリティーという具合でした。

JP2度

コース的には何の無理も負担もないコース。
私が間違えない限りは完走間違いなし、のはずだが、情けないことに最後の最後で間違えてしまう。

ピーと失格の笛が吹かれたがセレナはきょとんと不思議そうな顔をしてストップ。
そりゃゴールを目前にして、それを飛ばず、脇にそれて帰ったのでは不審にかられるだろう。
せれぽん、ごめん。

AG2度

こちらもトラップらしいトラップはない。がとにかく長い。
人も犬も走ってください!という体力勝負のコース。

丁寧に走ったつもりだけど、セレナはロングジャンプを1個倒してしまった。

ロングジャンプの配置はタッチゾーンのドッグウォークから降りてきて、旋回したあと、少し斜めにひねった位置からジャンプである。
とはいえ、普段に比べ広すぎるということはない。
普通の長さだ。
なのに失敗するのは、セレナの着地地点が手前すぎたのだ。
私のミスではなく珍しくセレナのミスだ。

ななパパさんに頂いた写真にバッチリ写っている。

IMGP2729ee.jpg

今までこのぐらいなら、倒すことなどなかったのに。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:27| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

大阪北トレーナーズクラブ・アジリティー

この時期の関西にしては、爽やかな風の吹き抜ける秋晴れの下の競技会でした。

さてダイちゃんはこの夏頑張った成果が出るのか?
セレナはまだ今シーズン頑張れるのか?

今後を占う大事は一戦。

===

JP1度(ダイナ)

素っ気ないくらいシンプルなコース。
4本真っ直ぐ飛んで、右に一度旋回させてからトンネルへ。
出たらスラロームをしてまた真っ直ぐ2本飛んで、3本左旋回。
そのあと真っ直ぐ3本飛んでゴール。

このわずか16本足らずのコースが難しい(ダイちゃん的に)
3回ぐらい幸運四葉に恵まれないとゴールできそうもない。

@直線4本とはいえ、狭いBOXの中を通過する。少しでもぶれれば左右のどちらかへずれるか、真っ直ぐトンネルへズドンだ。

Aトンネル出口斜めに出るように作られている。
ということは勢いよく飛びこむ犬ほど次のスラロームへの進入角度が難しくなる。
ダイちゃんのスピードなら45度ぐらいからの進入になりそう

B左旋回したあとBOXを再度真っ直ぐ通過させるが、バーが林立していて目を離すとすぐ隣を飛ばれそう。

というわけで対策を練りました。

@…人は2〜3までしか動かず意識を常に後方に残す
A…ミスエントリーを避けるため一度惹きつけて足元を回す
B…旋回は犬のみで行い人はBOXの中でFスイッチで待ち受ける

ではいざ、出陣。

IMG_0057.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 01:21| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

きなこ

元々は地方放送のニュース枠で、放送されたヒトコマ。

緊張感が漂うはずの警察犬認定試験。

そこで、障害飛び越しをする犬が、あろうことか障害板に「お腹」をぶっつけて顔面着地。障害板ごと倒れ、その傍らの訓練士も倒れるて鼻血を出すという一場面が放映された。

会場は大笑いの渦、多分お茶の間もそうだったのだろう。
「あの犬の名前を教えて!」「どこにゆけば会えるの?」「あの犬と訓練士のその後が気になる」という声がテレビ局に殺到。

「きなこが警察犬になるまでレポートして」という要請により讃岐テレビが、きなこと訓練士の日常を追いかけて作ったドキュメンタリーが、地方テレビの人気コーナーから全国ネットでとりあげられ、「警察犬みならい、きなこ」は一躍スターになった。

そのことは記憶に新しい。そんなきなこを紹介したのがこの本





続きを読む
ニックネーム てんてん at 10:53| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

残暑

昼間は日差しが強いものの、朝晩は冷えるようになった。

kouen0915.JPG

気がつくと、公園の片隅には彼岸花が芽を出していた。

higanbana.JPG

開花は今週末ぐらいだろうか?

本当に名前の由来通りの花だ。

暑くても寒くても、長雨でも日本の四季は確実にめぐるのね。

IMG_0027.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ぼたんとアジリティー 7回目

今日から日曜ナイターレッスンが終わって、普通の昼時間へ。

当然ながら暑い。

それぞれの犬たちは自分のレッスン時間がくるまで車で待機だが、ダイちゃんはぼたんのレッスン中避暑?のためか車の窓から外に顔を出していて、注意された。

またケージから抜け出したのだろうふらふら

暑いだろうが我慢してくれ、ダイちゃんを南京錠がかかるぼたん用のケージに収納。これで抜け出せまい。ワンワンと抗議の声がするがムシ。

IMG_0056.JPG

わが家の犬たちは、身が柔らかいのでケージを脱出したあと、ラッゲージルーム用の柵もすり抜け、風を入れるため開いた窓から出てしまうのだ。脱出防止には南京錠しか手段はない。(普通のプラケージや金属ケージはすぐ開けてしまうので)

さて今日のぼたんは

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:51| Comment(4) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

ペットガーデン

猫の額より狭いわが家の庭。
お手入れに然程時間がかかるわけではないのに草茫々。

hapa0912a.jpg

犬が居るから殺虫剤を撒いて、一網打尽にというわけにゆかないのがつらい。

まれにパパが草刈り機で田んぼのあぜ道に生える草のように刈り取っているが、草の勢いが強い春夏は追いつかない。

そんなわが家にはとうとう盗人萩まで生えてしまった。

hapa0912.jpg

多分犬たちのどれかがひっつけて持ち帰ったのであろう。

宝くじが当たったら犬が居てもお手入れの楽な庭を作りたいものだ



うちのお庭もこのぐらいがいいなぁ〜

IMG_0034a.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 10:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モッフル

ワッフルとお餅を足したお菓子。
(というよりお餅をワッフル型で焼いたようなお菓子)

しっとり、もっちりと、パリッとした食感で、ほんのり甘い。

ドッグラン「たんぽぽの庭」で食べられるお菓子。

私が食べたのは、抹茶アイスと小倉あんを添え、黒蜜をかけたものです。

IMG_0039.JPG

お餅だけに結構食べ応えはあるかも

IMG_0045.JPG
ニックネーム てんてん at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

ぼたんとアジリティー ビギナー編

ぼたんとのアジリティー5回目か6回目(だったと思う)

ここ3回ほど続けて通ったせいか、ぼんやりぼたんも少しボーダーコリーらしい動きに。

今日の練習は姉妹の陽ちゃんが一緒だ。

まずはスラローム単品からスタート。ぼたんは手の動き(正確にはオヤツ)を追うので超・初級ながらもクネクネできる。あわてんぼで抜けてばかりいたダイちゃんとこの辺りは違う。

のろのろでもスラロームが出来たので、次はタイヤ、Aフレームと組み合わせる。

IMG_0859.JPG

IMG_0852.JPG

その次はハードルを飛んでトンネルへ。それが出来たらハの字に開いたハードルを旋回してからトンネルへ。ハの字の角度は270度とまではいかないが180度以上開いていて、旋回している間近くに置いているAフレームやシーソーに目がゆきやすく難しい。

何とかできるようになってトンネルからドッグウォークを組み合わせた後、スラローム〜ドッグウォークまで全部組み合わせて走った。

IMG_0857.JPG

バックスイッチをしたとき、推進力に乏しいぼたんは少し動揺したものの何とかタッチものの練習は終了。
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:10| Comment(4) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

牧場のボーダーコリー

先祖は代々牧場で働いてたんやで。

IMG_0172.JPG

今日は牛と対決や!

尻尾をぼんぼんのように膨らませて、意気込んで歩いてゆくダイちゃんたち。

IMG_0173.JPG

ショードッグのダイちゃんにも、のんびりぼたんたちにも父方の母系ラインには現役のワーキングドッグの血が入っているからだろうか?

どの犬も牛を恐れる様子は全くない。

IMG_0177.JPG

私の背後に隠れているのは大きな図体のセレナだけである。
大きいから頭隠して尻隠さず状態だけど。
せれぽんは羊ですらダメな犬だ。
千夏ですら張り切っているのに。。。なさけなやもうやだ〜(悲しい顔)
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする