2009年08月19日

カルタとり

正月になると昔は大抵やっていた遊び。
小さい頃は「いろはかるた」だけど、少し大人になると「百人一首」で遊ぶよういなる。

大体晩御飯とか食べて寛いでいるころ、親族のだれかが取り出してきて大人も子供も混じって、散らしカルタ(四方どこからとってもよい)で遊ぶことが多かった。

大体皆好きな札というのが決まっていて、下に散らしている時点から好きな歌はチェックをしている。

「これやこの」ではじまる蝉丸の歌などは多くの人が覚えていて、なかなか逆に反射神経の鈍い私はとれないことが多かった。

京都では正月になると八坂神社で雅に十二単を着て、カルタ始めが行われ、大体テレビのニュースで放送される。

衣装こそ雅なものの、取り札が乱れ飛ぶほど激しく飛ばし合いをする光景を見て、案外激しいもんだなと思った人も少なくないと思う。

正月に皆で遊ぶかるたとりの、のんびりしたイメージとは程遠い激しさとスピードでびっくりしたものだ。

このところ話題の「ちはやふる」という本は、が名人、クイーンを争う競技カルタの世界を描いたもの。

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

カルタとりが優雅な室内遊びだと思っている人は眼からウロコです。

momizi08181.jpg

瞬発力、判断力、記憶力、確率計算&カンが冴えている人が向くスポーツです。
ちなみにパパはぼ〜っとしたように見えて以外に得意だそう(本人申告)

この本を読んで、高校で入部していた超地味なクラブ。百人一首部を思いだした。

続きを読む

ニックネーム てんてん at 00:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする