2009年07月19日

きつね

朝、散歩で本土キツネを見た。

パパから「時折出るよ〜」とは聞いてはいたけど、こんな住宅街で?ま確かにはずれではあるのだけど。。。
(かつての山裾を削った造成地)

朝散歩の担当は大抵パパなのだが、出張ということで私が連れ歩いていると、ワンワン!と威勢よくセレナとボタンが吠えだした。

犬たちの視線の先には、キツネがチョコンと擁壁(3、4mぐらいの高さ)の上に座っていた。

CIMG0275.jpg

困ったような顔をしているがすぐ逃げだす様子もなく、随分人慣れしている。

付近住民の誰かが、きっと好奇心旺盛な子狐時代に餌などやって、今でもたまに与えているのかもしれない。

犬たちは大騒ぎで、ぼたんは特にすざまじかった。
綱を引きちぎると、3m以上ある擁壁をサルのごとく駆け上っていった。さすがにその頃にはキツネを身の危険を感じたらしく背後の山に姿を消したが。。。

「ぼた〜ん!」と呼ぶと案の定さっさとキツネにまかれたらしく、またするするとリスのように下を向いて降りてきた。

やはりクライマーセレナの血を色濃く引いているらしい。セレナも随分木登り、岩登りをしたものだが、さすがに寄る年波には勝てないらしく近頃では擁壁も登らなくなってしまった。

写真ではコメ粒みたいにしか撮れなかったので、イラストで我慢してください。こんどは望遠レンズをつけた良いカメラで撮ってみよう。

続きを読む

ニックネーム てんてん at 12:19| Comment(10) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする