2009年06月29日

十二単の着付けA

今、重ねの名称を見ていて、「山吹重ね」と思ってたけど、薄く黄色を重ねてゆくのは「萌黄の重ね」になるのかな?う〜ん。

重ねは通年通して着れるものと、その時期だけしか着れないかさねがありますが、当時の女性たちもいろいろなあわせを着て楽しんでいたそうですから、今回のもバリエーションの一種なのかも。

唐衣は青(若草色)です。

CIMG0140.JPG

CIMG0135.JPG

そしてスカートに当たる裳をつけます。
もともとはスカート状に全体を覆っていたのですが、前がだんだん短くなって、後ろにひきずる装飾的なものとなりました。さらにひれの名残もついています。

CIMG0136.JPG

CIMG0138.JPG
続きを読む

ニックネーム てんてん at 01:15| Comment(4) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十二単の着付け

十二単は春夏秋冬、季節や行事によって様々な「かさね」がありますが着る人なりによって様々なアレンジがあり当時の女性の大きな楽しみでした。

CIMG0121.JPG

『栄華物語』にはある女房はかさねに凝り、通常よりも多くの衣を重ねたが衣の重さのために歩けなくなったほど。動けなくなったのもどうりで、五衣のかさねでも8キロ。平安時代のころは制限なしでしたから、20キロぐらいになることもあったらしい。武家が身につけている鎧かぶとと変わらないぐらいです。

身動きが重いものだから、物語で頻繁に女性がよよと倒れたり、息も絶え絶えになったりしますが、それも道理ですね。

かさねは袿の上下グラデーションにかさねると「襲(かさね)」といい、表地と裏地で色を違えることは「重ね(かさね)」といいます。有名な「梅重ね」(むめがさね)は淡紅梅(淡蘇芳)下より淡く・同・紅梅(蘇芳)・紅(紅)・濃蘇芳(濃蘇芳)・濃紫。下につけた衣の色がすかして上に映るところに見所があるとされます。

今回は春から初夏にかけての装いですから「山吹の重ね」。源氏物語では「玉鬘」がつけていた若い現代風の女性の装いです。

では、着てゆく順を追って写真を出してゆきますね。

まず単を着ます。山吹のイメージですから今回は若葉をイメージさせる色を一番下へ。

CIMG0102.JPG

CIMG0091.JPG



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:25| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

十二単を学ぶ 奈良検定実施セミナー

十二単(じゅうにひとえ)は、百人一首なんかで女性が着ている衣装。

平安時代の10世紀から始まる女性貴族用の正装です。

CIMG0126.JPG

女性なら一度は着てみたい!と思った人も多いのですは?セミナーのある春日大社では実際、結婚式などで十二単が着れるらしい。もしかしたら着れるかもよ〜グッド(上向き矢印) 好奇心満々で行ってきました。

CIMG0061.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:11| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ドラハの傍らで

GRTのデモとななパパさんに見せてもらった。

暑い中にもかかわらず、ななちゃん頑張ってくれました。
私が見せてもらったのはもう2度目で、それも1時半〜2時半という日射病になっても不思議じゃないぐらいの炎天下の下。肌がジリジリ焦げそう。

最初30Mのレトリーブからはじまって、50Mと距離を延ばしてゆきます。ダイちゃんはななちゃんが運んでくるダミーを真剣に見ています。

ななパパから買ったばかりのダミー、ダイちゃんはちゃんとレトリーブしてくれるかな。30Mあたりに1本投げます。ダイちゃんは先ほどのオビ会場では想像できないほど、元気よく発進。

持ち帰ったとき足元を通して、引っ張りっこしてから、そのまま戦利品として与えました。すぐ取り上げるより、その方が執着心が強まるかなと思って。ダイちゃんは得意げに持ち帰ってダミーをぶんぶん振り回しています。これなら大丈夫かな。

ななパパに50M先で投げてもらうことにしました。私が投げるものは習慣的に追いますが、人に投げてもらったものを回収させるには、そのオモチャに注目させ、強く執着してもらわないとダメだからです。

ダイちゃんはななパパの動きをしっかり見ています。良い集中力わーい(嬉しい顔)

ダイちゃんのレトリーブがこれ
下





続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:51| Comment(6) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀トレーナーズ

久しぶりのドラハでの競技会。

この時期に訓練に出すのは初めてだ。

セレナは到って孝行娘で9月から競技会に出始めて、5月の四国でG.T.CHに上がってしまった。

暑い6月まで頑張ることはなく、夏休みはのんびり水遊びに耽って良かったのだ。

でも不肖娘@のダイナは残念ながら、そういうわけにゆかず6月も修行が続く。いつまでも小さい時のようなわけにはいかない。

puras-006.jpg

さてダイちゃんの結果はいかに。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:10| Comment(2) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

梅雨の合間

梅雨入りしたらしいが、好天気が続く。

まとまった雨が降ったのは何時だったのだろうか?

tanbo0614.JPG

紫陽花も咲きだしたが、まだまだ少ない

IMG_0979.JPG

IMG_0967.JPG

幼いころのダイナの写真がないとのご要望なので貼ってみました。

daina3-006.jpg

<家に来たばかりのだいな>

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ダイナの3歳の誕生日

明日があたしの3歳の誕生日らしい。

千夏ねーちゃんとお揃いのというか、同じケーキを半分こしてお皿に盛ってもらった。

犬用ケーキなのにプリンアラモードっていうねん。

美味しかったけど、1頭につき、1個くれへんなんてケチや。


プリンケーキの写真は下に貼っておきますね下

上のセレナと、セレナむすめのぼたんに挟まれ、中間管理職のような悲哀をしょったダイちゃん。家の中でも苦しい立場です。もちろん、外でも華々しい活躍はなし。

懲りずに応援してやってくださいませ。

DSC03435.JPG

DSC03426.JPG


続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:13| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

ぼたんとアジリティー

前に練習したときから3カ月もたってしまったわ。

いつもダイナねーちゃんやママがしてるのを見学するばかりだったんだけど、ようやく私にもスポットライトが当たる日がハートたち(複数ハート)

「ぼたぼた、ぼ、た、ん、」とババは変な節をつけて歌いながら、面白そうな道具でいっぱいのエリアへ私を連れていきました。

「約束が違う!」とばかりに、だいなねーちゃんが、ワンワン車で吠えてるけど、そんなの知らないも〜ん。私だっていつか主役を張る日が来ても良いはずよね?

このAフレームっていうの?まさに主役の私にふさわしい舞台じゃない?高くて周囲が見下ろせて、偉くなった気分。

だからママの静止も振り切ってどんどん登っていったの。

IMG_0854.JPG

もちろん、ちゃんと手前のタイヤも飛んだし、色の変わった部分も踏んだわよ。

ババが私についてくるのが遅すぎるだけなのに、ババは「速すぎる!ぼたぼたぼたんじゃないとイヤダ!」なんてダダをこねてるの。ババは「ぼた〜ん、と呼びながら前を走る」のが夢だったらしい。勝手な夢を押しつけないで欲しいわ。あたしだってママの子供なんだから、何時までも高い場所を怖がるはずがないでしょ。

ぼたぼたぼたん、の初級アジリティーの練習



カメラと動画はももっちママに撮ってもらいました。ありがとう〜るんるん
続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:42| Comment(6) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

千夏の9歳の誕生日 

HAPPY BIRTHDAY 千夏

とうとう9歳です。

あともう1つ年を重ねたら2桁突入。立派なシニア犬。
人に換算したらどのぐらいなんだろう?

犬にアンチエイジング化粧品も美容法もないものの、ほとんど見た目は1歳と変わりがない。

どんな秘訣があるのだろうか?

IMG_0459.JPG

自分なりのペースで遊ぶのも長生きの秘訣?

IMG_8692.JPG

相変わらず地面に落ちてからしか拾えないんだけど(苦笑)

IMG_8693.JPG

遊ぶのは大好きです。

IMG_8702.JPG




ニックネーム てんてん at 07:11| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

ぼたんと訓練

ほとんど置き忘れたままになり、野生児のまま生きているぼたんだが、時たま訓練教室に参加する。

レベルはダイちゃんと実はあまり変わらない。両方足せば良い犬だが、片方づつだと物足りない。

ダイちゃんは意欲が空回りしている状態で、いつも前へ前へ出ようとするので、なかなか良いポジションを維持できないし、動きは素早いけど待つのは苦手。小心者なので、長く待たせると匍匐して動いてしまったりする。

ぼたんは「待つ」のは母親譲りで得意だ。ただ今ひとつ覇気がないというのか、とぼとぼ歩く感じで脚側行進が良くない。位置はとても綺麗だし、停座するのも速いし、行進中の作業もミスがない。ダイちゃんのようにつられて動くなんて心配はしなくても良い。正確だけど、華がない。

だがそんなボタンも生き生き、目をキラキラさせる練習がある。それは「停座および招呼」の練習だ。

バビュ〜ンと走ってくる瞬間が楽しいらしい。

IMG_0501.JPG

最初体当たりで止まっていたが、「座れ」の指示をかけると多少停座は曲がるけどそこそこ出来るようになった。このキラキラ顔で歩いてくれるようになったら、競技会に出るんだけどなぁ
続きを読む
ニックネーム てんてん at 21:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ボーダー・コリーと遊ぼう くるくる回る  

ボーダーコリーは退屈が嫌いだ。

常に飼い主が何かしてくれないか、何をすれば興味がひけるか常に考えている。

だからジッと見ていることが多い。

IMG_0802.JPG

<今日は何して遊ぶ?>

このスマイルが怖い

何か練習しようか。

ドッグランに来ている他のボーダー・コリーたちは、飼い主さんの指示に合わせて3頭でくるくる回りはじめた。
(ダイちゃんもつられてそこで回っている)

セレナは他の飼い主さんの指示には従わないから1頭つまらなさそう。
せっかくだから、一緒にお回りの練習しようか。
背後で何かわからないまま回っているゴールデンレトリバーの子犬が可愛い。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

尻尾 その後

犬又尻尾という稀な状態を作り出してしまった、至らない飼い主の私もうやだ〜(悲しい顔)

自分で出来ないことは人にお願いするしかない。自分の美容院の予約と一緒にトリミングサロンの予約を入れた。

<行く前の犬又せれな>

IMG_0751.JPG


<トリミングサロンから戻ったセレナ>

IMG_0753.JPG

毛深いのでやっぱりよくわからない顔(汗)

でも尻尾に触ると、又が消えて、ほっそりとボリュームダウンしてました。

下の記事の写真と↓を比べてみてください。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 13:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

化け犬?

犬が化けるという話しは聞かないが、古猫は化けるとよくいわれる。

IMG_8594.JPG

ところによっては三年、または十三年飼うと化けるとか(古猫ほど化ける)一貫(約3.75・)あるいは二貫以を越すと化ける(体重が重い?と化ける)などといわれている。

尻尾の完全な猫は化けるという俗信もあり、猫の化けるのを防ぐ手段として、子猫のうちに尻尾を切って、根元だけをわずかに残しておくという風習もあった。特に尻尾の二本に裂けたいわゆる猫股はよく化けるそうだ。

さてセレナは尻尾が今二本ある。ようは毛玉が出来て落ちかけた毛が、絡みついてしまって一見触ると二本のような感じなのだ。

解消すべく、ブラシをかけているが猫又ならぬ犬又と化したセレナの尻尾はなかなかしぶとくて、依然存在感を主張し続けている。

犬又セレナがさらに知恵を増したのか、もともと知恵があるから犬又となったのか、相当沢山の言葉を解していることが先日分かった。

IMG_9538.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

五大名(?)建築 奈良少年刑務所

和辻哲郎おすすめの般若寺へと続く佐保路に、突如出現する煉瓦造りの洋風建築。
近くにあるドリームランド(遊園地)と間違って入場券を買おうとする人も珍しくない。門も派手なら、建物も派手。

IMG_0678.JPG

IMG_0675.JPG

IMG_0673.JPG

IMG_0672.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 21:04| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする