2009年04月01日

オビディエンスU C

科目9:6個の物品による臭気選別

指導手の自臭がついた木片を本物品とし、同じ形質の類似の木片とともに約10m前方に25センチ間隔で横一直線、または扇状に地面に並べます。木片を並べている間指導手は後ろを向きます。指示により物品を持来するように命じます。
捜索は1分以内。指導手は作業前に物品を犬にかがせたり、臭気をつけることは許されていません。

***

オビUの白眉とも言える課目まできました。

でも最も自信のなかった科目。私の教え方が良くなかったのでそもそもセレナが選別の意味がわかっているのかどうかが問題。練習当初はまあまあ上手く当てていたのですが、途中失敗させてしまってから急速に自信喪失。正解率を上げて自信をつけさせるため、普段は3品ぐらいで家でしか練習してませんでした。屋外6品で選ぶのはぶっつけ本番です。セレナが迷って適当にある木片を咥えて戻らないようにただ祈るのみといった状態でした。

「探せ」というコマンドとともに物品に向けて送り出します。さきほどのコーンと違って走って行き無事木片を見つけました。ほとんど嗅ぎもせずさっさと端から2つ目の木片を咥えようとしたのですが、3つ目の木片を嗅ぎそちらに変更しました。
走って自信満々で戻ってくるセレナ。口には無事ゼッケン番号の書いた木片がありました。正解です。良かった〜わーい(嬉しい顔)

9.5点(一度咥えなおしたので減点、でも最小限です)

***

科目10:遠隔操作

犬を伏せさせたまま指導手は15m離れます。指示により停座、立止、伏せさせます。

***

場内放送と被ったので、少し間合いを測りましたが、無事クリア。

10点

***

扱い方 人/犬

10点(よほど問題がなければ皆この点かも・・・)

***

合計275点で合格です。
審査してくださったのは斎藤一先生。スチュワートは佐藤委子先生でした。どちらもとても親切で上がり気味の私に、課目前にゆっくり噛んで含めるように次にやることを説明してくれました。指示の仕方も丁寧で落ち着くことができました。ありがとうございました。

hyousyoudai0401.jpg

ニックネーム てんてん at 14:29| Comment(12) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU B

科目5:立止を伴う招呼

犬はまず脚側停座させ、指示で伏せさせます。指示により犬から25m離れます。
対面し、指示が出たら犬を呼びます。およそ半分のところに停止線が引いてあるのでその場所に到達したら立止させます。指示により再度犬を呼び脚側につけます。

***

始終コース忘れなどでアジリティーで走っている最中も急停止させられているセレナにとってまず大丈夫な科目。これも練習なしで本番に挑みましたが停止線を2歩ぐらい過ぎてしまったけど綺麗に立止。無事クリア

9.5点

nanohana04.jpg




続きを読む
ニックネーム てんてん at 14:00| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU A

科目1:人と対面して2分間の停座(団体、3〜6頭一斉に行う)

犬を座らせて、スチュワート(審査員でなく、進行役の人)の指示により20m離れて犬と対面します。2分間経過したら犬の元に戻ります。

***

実はとっても不安だった科目。セレナは前回のオビ1でも終了間際に伏せてしまい0点になりました。普段この科目を敢えて練習することはないので今回もぶっつけ本番で挑戦。大丈夫か?心の中で120をゆっくり数えます。どの犬もびくとも動きません。すごく長く感じましたが無事クリア。
 
10点

rengesou.jpg

科目2:人と対面して3分間の伏臥(団体)

犬をスチュワートの合図で伏せを命じます。端から順番に伏せてゆくのでほかの人の合図で動いたらそのままになります。伏せた後、指導手は犬から離れて見えない場所に行きます。今回は競技リンクを離れて、皆が張っているテントの後ろ側でした(犬から見れば大体25〜30mぐらい先)

指導手が隠れて1分後、スチュワートが犬の周囲を歩いて回ります。3分経過後指導手は待機場所から出てきて、20m離れて再度犬と対面します。進行役の合図で犬の元に戻り、合図で順番に伏せを解除して脚側に座らせます。

***

これは唯一自信のあった科目。これまたぶっつけ本番で挑戦ですが、もともと伏せで動かないことは得意なセレナ。離れたり隠れたぐらいでぐらつくことはありません。スフィンクスのように動かず無事クリア。

10点

ここからが個人のみの競技に変わります。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 13:10| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU @

最近新設された科目で、まだ馴染みの薄い方が多いと思うので、科目解説しながら書いてゆきますね。

ume0331.jpg

訓練大会の中でもCDが家庭犬訓練を意識して日本独自にカスタマイズされているのに対して、オビディエンスは世界大会で通用するレベルを目指そうということで規定もそれに添って作成されているようです。

オビディエンスTから始まって、合格すればU、Vとレベルが上がります。
320点満点で、科目によって係数が異なり、配点の高い重視される指定科目とそれほどでもない科目に分かれます。

点数は各科目終了ごとに審査員が点数プレートを掲げ、その場で公表されます。
得点は5〜10まで0.5点刻みの減点方式で、5点未満は0点となります。
ただし一つの科目が0点であっても合計得点が70%以上なら合格となります。

オビディエンスは去年の春の本部展が一番最初の開催で、通常ブロック展以上の大会で開催されています。審査はプロ、アマの区別はありません。

というわけで去年オビ1を合格したせれぽんは、今回はオビ2を受験です。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 12:44| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国ブロック競技会

引き続き春らしい良いお天気に恵まれました。

nanohana2.gif

でも今日に限っては寒いぐらいの方がうれしい。

それはセレナが未だに冬毛の抜けない分厚い衣をしょっているからです。少しでもコンディションを良くしたい。。。

ブロックの出陳はセレナだけ。
未だに安定した走りとは言えないダイちゃんに使うには、ブロックの出陳費用は高すぎる。近いうちにクラブ大阪もあることですから。
でも今回はセレナにしてもドブにお金を捨てる覚悟、いえ回収見込みの薄い勝負です。

出陳科目は「オビディエンス2」

セレナにとっては難関です。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:00| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする