2009年04月29日

ぼたんとトレーニング

クリッカーってご存知ですか?

クリッカーは、犬が学習中の動作をした瞬間を音でマークして伝える道具です。

最初、クリッカーの音は何の意味も持ちません。

ところがクリッカーをならす度にご褒美を与えていると、犬は「クリッカーの音=ご褒美」の意味を理解するようになります。

===

最初は出来るだけ沢山クリッカーを鳴らす方が、犬が仕組みを覚えやすいので、少しでも好ましい動作をすれば鳴らし、どんどん餌をやります。犬がこちらを見た、クリック。前で座った。もちろんクリック。並んで歩いた。面白い動作をした。伏せた。なんでもOKです。

もっと省略したければ、何度か鳴らし、そのたびに餌を与えるというイージーな方法でも良いようです。

しばらく続けるとクリッカーの音=餌を意識するようになるので、それから自分の教えたい動作をマークしてゆきます。

===

たとえばぼたんに「お手」を教えるとします。
ぼたんが前に座ったら「クリック」そしてしばらく観察します。ぼたんが焦れて「こちらに両手をかけた」クリック。立ち上がった。これは放置します。座って手を地面から持ち上げかけたら「クリック」。

最初犬はわけがわからないので、すぐセッションは終了します。

翌日も同じように繰り返します。座った。クリック。手が上がった。クリック。何度かやると手をあげると餌が出るのを理解するので、上げるまでの時間が短縮されます。するとすぐクリックするのを止めて、次の動作を待ちます。

すると、犬はどうしたらクリッカーをならすことができるのか(おやつをもらえるか)を自分の頭で考えるようになります。

すぐ上げる以外の動作、こちらによる、腕をつかむ、クリッカーを触ろうとする、長く上げる、別の手を上げる、全てOKです。偶然お手が成功したらジャックポットと言って、パチンコの大放出状態で沢山褒めます。そして欲張らずやはりすぐ切り上げます。

競馬で大当たりしたとき、やめられなくなるのと同様に、犬も大幸運な事態はよく記憶します。次は望む動作に近いことをもう少し短い時間で引き出せるようになります。

成功し続けるようになったらコマンドを添え、完成形に近付けてゆきます。家など狭い場所で楽しみながら、芸を教えるのには便利な道具です。300〜500円ぐらいで売ってます。

というわけで、ぼたんにお手を教えてみることにしたのですが。


<引っ張り娘ぼたん、セレナの血だろうか。。。>

hiparu04281.JPG

<ぼたんといえば、この色。中国の長安ではぼたんの花は金持ちの象徴で、裕福な人が栽培することが多かった。科挙(中国の官吏登用試験)に合格した人は、合格すると長安中の金持ちの御宅を訪ねてぼたん鑑賞ができるという特権があった>

botanbohana04263.gif
続きを読む

ニックネーム てんてん at 01:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

四国ブロックのエントリー

四国ブロックの期限が昨日だった。
特に遠征しない限りは、上半期の決算に当たる。
できれば後悔したくはないものだ。

何に出そうかなぁ。

郵便局で申し込むための現金書留封筒の宛名を記入しながら方杖をつく。まだ決まらない。。。

ダイナは先日の大阪トレーナーズで派手に大失格を2日間続けた。

ラージ二頭の重複出陳はおっちょこちょいで不注意の私には無理なのかもしれない。

大体どれか1つ、ひどいときは2つ検分なしで走る種目がある。ボロボロも当然だ。

<ガソリンスタンドの脇の家で咲いていたぼたん>

botanbohana0426.JPG

botanbohana04261.JPG

<うちのぼたん>

bota04261.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:34| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

造幣局の通り抜け

大阪ではこの時期の名物行事。

でも気がつくと終わっていた(4・15〜4.21)

残念。

yaezakura0424.JPG

yaezakura04241.JPG

ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

大阪東アジリティークラブA 

2日間、マルコのコースに完敗とまではいかないものの、今ひとつ悔いの残る結果が続いています。

もうセレナの年齢ともなれば、よほど変わったコースでなければゴールまで連れ帰ることは出来ます(指導手がコースを忘れなければ、という条件付き)

超速ではなくとも、セレナは指示通り飛んでゆきます。たとえ怪しげなハンドリングでもファジー回路で上手く処理してくれます。何語でコマンドを叫ぼうと、番号を読みあげようとOK。
前走の犬を見せておけば、ある程度コースも覚えてくれます。
(但し、間違って覚えるので失格する犬は見せてはいけない)

人によっては完走するだけなんて面白くない、というかもしれませんが、毎回私もセレナも年齢を経てのんびり速度ながらもコース攻略を楽しんでいますし、予想通り走れればとても嬉しいものです。

AG2

スラロームに入る前に3本のバーの処理が少し悩みどころ。右回りでも左回りでもセレナはどちらでも中を抜ける。この場合はJPと違い、右でも左でも差支えはなさそうだ。左回しのほうが、遠回りになるが確実性は高くなるかなぁ。

トンネルに向かって8番、9番のバーはどこまでガイドするか迷うところ。押しすぎるとDWに行きそうだし、方向の指示だけでは不十分になるかも。

とまぁ、いろいろ計画を練っていたのです。この走る前の段階が一番楽しいかも。。。わーい(嬉しい顔)
(その間、遠く離れたリンクでダイちゃんのAG1の検分が始まっていたのに全然気づきませんでしたふらふら

セレナのAG2度の動画は下です。

sere0421.JPG


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:32| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

大阪東クラブアジリティー

さて今日のコースデザインはアトラクションから一度も二度も全てマルコ・モーエン氏。
昨日よりもさらに参加者が増えています。

マルコのコースはいつも一見攻略出来そうに見えて、以外と沢山の犬がドボンするのです。

これはラインにのると思っているより犬にスピードがついてしまうため、コントロールが難しくなってしまうのです。

俊足の犬ほどこの罠にひかかりやすい。ついつい指導手のほうが犬のスピードに引っ張られて本来のペースを崩すのです。

でもそこは年齢を重ねた分、俊足とはいえないけど、それなりに知恵もついたセレナだから大丈夫のはず、よね?

クラブ展なのに4リンク制という贅沢な作りのため、エントリー数はかなりあるものの、余裕のスケジュール。
標準時間以内なら失格しても走れることになっています。
(ただ標準は結構短いので、もたもたやり直してると結局走りきれない)

競技終了後

syuugou0419.jpg

競技中の写真は全てななママさんより頂きました。

sura04183.jpg

hadol04184.jpg

続きを読む
ニックネーム てんてん at 23:37| Comment(0) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪トレーナーズクラブアジリティー

まるで初夏の陽光を思わせる日差しが燦燦と降り注ぐお天気でした。
今回は土日2日間開催。

今回の審査員、コースデザイン共マルコ・モーエン。
毎年来日するので最早すっかりおなじみの世界大会の審査員です。

マルコのコースはライン設計を基本としているので、いかにラインに上手くのせるかが課題です。
上手くラインにのると犬は一見難しそうなコースをスピードにのって走ります。でも止めるところはしっかりと。タッチゾーンに関しては厳しい。
だからスピードコントロールが課題になります。

一昨年の来日の時は、タッチにこだわり過ぎて0.86(だったかな?)のタイムオーバーで泣き、その前の前の来日では、タッチのワンミスで泣きました。

今年こそは、攻略してみせるぞ!!

と大変鼻息荒く挑戦したのですが、結果はいかに。
尚一日目はJP2のジャッジがモーエン氏、AG2が大庭氏でした。

starto0418.jpg

DW04181.jpg

siso0418.jpg

hadoru04182.jpg

写真はななママさんに頂きました。ありがとう〜
続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:21| Comment(2) | アジリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

朝の光景

朝、寝ぼすけの私を、犬たちが順番に起こしにやってくる。

一番最初にやってくるのはダイナとぼたん。
2頭は朝散歩(パパが連れ出してくれる)から戻ってくるなり、ドタドタと階段を駆け上がり、扉にドスドス体当たりして、威勢よく開け、布団から抜け出すまで周囲を2頭で暴れ続ける。

夜寝る前に読んだ本を蹴散らしたり、出かけに用意した服を踏みつけたり引っ張ったりするので、仕方なしに起きて2頭を追い払って扉を閉める。でも眠いとまた寝てしまったりする。

2頭が去ってまだ下に降りないと、セレナが登場する。
悠々とレバーハンドルを押して開け、起きるまで傍らでのんびり待機している。
目覚ましなどが鳴っていると、ついでに消してくれたりする。
起こしに来てるのか、何をしにきてるのかよくわからない。
服を掴んで起き上がると、お役目を果たしたとばかりに去ってゆく。

服をもたもた着替えていると次にやってくるのが千夏だ。
千夏にいたっては自分で扉を開けないので、扉の前でカサカサとひっかく音がする。眠くてさらに寝ていても千夏は扉の前でひたすら根気強く待っている。
気の毒なので開けてやると、満足げに傍らにきて床で丸まってしまう。千夏が丸くなっている姿を見るとまた眠気に誘われるので寝てしまったりする。

IMG_9563.JPG

また寝てしまうと、次は千夏以外の3頭が再度やってきて、部屋になだれ込んでくる。4頭も部屋に居ると窮屈で騒がしいことこの上ないので、さすがにそのころには目が覚める。春眠をむさぼろうとしても、犬たちが居るとなかなかままならないのが残念だ。

IMG_9851.JPG


続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:23| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

踏青

ぼたんは今若犬盛り。

日に日に背丈は青草が延びるように大きくなる。

bota0412.JPG

なりは大きいものの、まだ若いぼたんは、トレーニングでも長い間集中が続かない。草花の匂いを嗅いだり、蝶を追いかけたり、池や小川でぼんやりし、空を横切る鳥の影を追う。

まだレッスン時間は集中しなければならない、と義務感を持つところまで至っていないのだ。以前よりはマシになっているのだけどね。

いずれは乗り越えないといけない壁だけれど、こう陽気が続くと人もほのぼのしてしまう。

ちょうど暦も清明節を過ぎたころ、昔は「踏青」といって野辺遊びに繰り出したころでもある。

薫風香る中若犬と一緒に萌え出たばかりの青草を踏みながら時にはそぞろ歩きも悪くないと思う。下にゆくにつれ、甘くなってしまうわ。

hanami0411.jpg

sakura04121.JPG

続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:20| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

大阪城公園

ここは西の丸庭園が夜間ライトアップするので、夜桜見物で有名です。

庭園には仕事帰りの会社員が沢山繰り出します。

でも比較的に皆羽目は外さないかも。

20:00閉園ということもあるのですが。庭園の大手門の前は大阪府警と教会があって、警官が沢山配備されスリなどの警戒を促す車も頻繁に走ってます。

夜の公園としては防犯は良いほうではないでしょうか。

パトライトに照らし出され、いささか風情に欠けるところもありますが大阪らしい夜景です。

oosaka04012.jpg

enkai0410.JPG

oosaka04101.jpg

oosaka04104.jpg



続きを読む
ニックネーム てんてん at 00:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

花笑

只今花盛り。

今週末を待たないで見ごろは終わってしまいそう。

koen04073.jpg

sakura0409.jpg

buranko0409.jpg

sakura04092.jpg
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:19| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

マーリー

「世界一おバカな犬」というキャッチフレーズがついているので期待して本屋を後にしたが、本を読み進むにつれてどう考えてもわが家の犬と然程違いがないことが判明。

ほぼ千夏を除いた犬全てが、著者がおバカ犬クラブと名付けたクラブに十分入会する資格がありそうだった。

でも犬はおバカじゃないもん。

飼い主はそうかもしれないけれど。。。

近所の公園で

koen04071.jpg

kouen0407.jpg

yaezakura.JPG
続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

花時分

今年は開花宣言が出てから花冷えが続きなかなか満開にならなかったがようやく見ごろに。

今日頃はどこでも各地でお花見客で大賑わいだろう。

写真は近所のお寺の境内です。

sakura.JPG

sakura0405.jpg

sakura04052.jpg


ニックネーム てんてん at 01:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

オビディエンスU C

科目9:6個の物品による臭気選別

指導手の自臭がついた木片を本物品とし、同じ形質の類似の木片とともに約10m前方に25センチ間隔で横一直線、または扇状に地面に並べます。木片を並べている間指導手は後ろを向きます。指示により物品を持来するように命じます。
捜索は1分以内。指導手は作業前に物品を犬にかがせたり、臭気をつけることは許されていません。

***

オビUの白眉とも言える課目まできました。

でも最も自信のなかった科目。私の教え方が良くなかったのでそもそもセレナが選別の意味がわかっているのかどうかが問題。練習当初はまあまあ上手く当てていたのですが、途中失敗させてしまってから急速に自信喪失。正解率を上げて自信をつけさせるため、普段は3品ぐらいで家でしか練習してませんでした。屋外6品で選ぶのはぶっつけ本番です。セレナが迷って適当にある木片を咥えて戻らないようにただ祈るのみといった状態でした。

「探せ」というコマンドとともに物品に向けて送り出します。さきほどのコーンと違って走って行き無事木片を見つけました。ほとんど嗅ぎもせずさっさと端から2つ目の木片を咥えようとしたのですが、3つ目の木片を嗅ぎそちらに変更しました。
走って自信満々で戻ってくるセレナ。口には無事ゼッケン番号の書いた木片がありました。正解です。良かった〜わーい(嬉しい顔)

9.5点(一度咥えなおしたので減点、でも最小限です)

***

科目10:遠隔操作

犬を伏せさせたまま指導手は15m離れます。指示により停座、立止、伏せさせます。

***

場内放送と被ったので、少し間合いを測りましたが、無事クリア。

10点

***

扱い方 人/犬

10点(よほど問題がなければ皆この点かも・・・)

***

合計275点で合格です。
審査してくださったのは斎藤一先生。スチュワートは佐藤委子先生でした。どちらもとても親切で上がり気味の私に、課目前にゆっくり噛んで含めるように次にやることを説明してくれました。指示の仕方も丁寧で落ち着くことができました。ありがとうございました。

hyousyoudai0401.jpg

ニックネーム てんてん at 14:29| Comment(12) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU B

科目5:立止を伴う招呼

犬はまず脚側停座させ、指示で伏せさせます。指示により犬から25m離れます。
対面し、指示が出たら犬を呼びます。およそ半分のところに停止線が引いてあるのでその場所に到達したら立止させます。指示により再度犬を呼び脚側につけます。

***

始終コース忘れなどでアジリティーで走っている最中も急停止させられているセレナにとってまず大丈夫な科目。これも練習なしで本番に挑みましたが停止線を2歩ぐらい過ぎてしまったけど綺麗に立止。無事クリア

9.5点

nanohana04.jpg




続きを読む
ニックネーム てんてん at 14:00| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU A

科目1:人と対面して2分間の停座(団体、3〜6頭一斉に行う)

犬を座らせて、スチュワート(審査員でなく、進行役の人)の指示により20m離れて犬と対面します。2分間経過したら犬の元に戻ります。

***

実はとっても不安だった科目。セレナは前回のオビ1でも終了間際に伏せてしまい0点になりました。普段この科目を敢えて練習することはないので今回もぶっつけ本番で挑戦。大丈夫か?心の中で120をゆっくり数えます。どの犬もびくとも動きません。すごく長く感じましたが無事クリア。
 
10点

rengesou.jpg

科目2:人と対面して3分間の伏臥(団体)

犬をスチュワートの合図で伏せを命じます。端から順番に伏せてゆくのでほかの人の合図で動いたらそのままになります。伏せた後、指導手は犬から離れて見えない場所に行きます。今回は競技リンクを離れて、皆が張っているテントの後ろ側でした(犬から見れば大体25〜30mぐらい先)

指導手が隠れて1分後、スチュワートが犬の周囲を歩いて回ります。3分経過後指導手は待機場所から出てきて、20m離れて再度犬と対面します。進行役の合図で犬の元に戻り、合図で順番に伏せを解除して脚側に座らせます。

***

これは唯一自信のあった科目。これまたぶっつけ本番で挑戦ですが、もともと伏せで動かないことは得意なセレナ。離れたり隠れたぐらいでぐらつくことはありません。スフィンクスのように動かず無事クリア。

10点

ここからが個人のみの競技に変わります。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 13:10| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オビディエンスU @

最近新設された科目で、まだ馴染みの薄い方が多いと思うので、科目解説しながら書いてゆきますね。

ume0331.jpg

訓練大会の中でもCDが家庭犬訓練を意識して日本独自にカスタマイズされているのに対して、オビディエンスは世界大会で通用するレベルを目指そうということで規定もそれに添って作成されているようです。

オビディエンスTから始まって、合格すればU、Vとレベルが上がります。
320点満点で、科目によって係数が異なり、配点の高い重視される指定科目とそれほどでもない科目に分かれます。

点数は各科目終了ごとに審査員が点数プレートを掲げ、その場で公表されます。
得点は5〜10まで0.5点刻みの減点方式で、5点未満は0点となります。
ただし一つの科目が0点であっても合計得点が70%以上なら合格となります。

オビディエンスは去年の春の本部展が一番最初の開催で、通常ブロック展以上の大会で開催されています。審査はプロ、アマの区別はありません。

というわけで去年オビ1を合格したせれぽんは、今回はオビ2を受験です。


続きを読む
ニックネーム てんてん at 12:44| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国ブロック競技会

引き続き春らしい良いお天気に恵まれました。

nanohana2.gif

でも今日に限っては寒いぐらいの方がうれしい。

それはセレナが未だに冬毛の抜けない分厚い衣をしょっているからです。少しでもコンディションを良くしたい。。。

ブロックの出陳はセレナだけ。
未だに安定した走りとは言えないダイちゃんに使うには、ブロックの出陳費用は高すぎる。近いうちにクラブ大阪もあることですから。
でも今回はセレナにしてもドブにお金を捨てる覚悟、いえ回収見込みの薄い勝負です。

出陳科目は「オビディエンス2」

セレナにとっては難関です。

続きを読む
ニックネーム てんてん at 07:00| Comment(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする